なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
食べてませんけど カリーサリサリ@六角橋 白楽
JUGEMテーマ:カレー日記



タイトル通り、食べてません。
食べてないんだけど、ネタにしちゃいます。
いや、ご存じの方はどれだけネタの宝庫かは分かり切っているかと思いますが、

サリサリ_外観


そんな、カリーサリサリというお店。

美味しいカレー屋さんです。
というだけで済まされない、妙なお店。
いや、むしろ美味しさなんてこのお店に取ってみればメインの要素ではないのではないかと。

そもそも、店のおじちゃんがアカンのです。
昼時ド真ん中に散歩にでかけて、お店が空っぽだったりしちゃうんですよ。
そんなお店なんだもん。

いやいや、そんなこと言っちゃイカンよね、仮にも飲食店なんですから。

続きを読む >>
一部の人に理解される カリーサリサリ@六角橋 白楽
JUGEMテーマ:カレー日記



随分と久しぶりです。

近所のかなりの迷店でありつつ、その実結構名店だとも言われているこちらのお店。

サリサリ_紙

気付けば、テーブルに置かれた紙ナプキンもこんなことに…。
相変わらず飛ばすなぁ〜(笑)。

続きを読む >>
カリーサリサリ@六角橋
JUGEMテーマ:カレー日記


最近、すっかり飯ネタのアップが遅れております。どれぐらい遅れてるかってーと、2年遅れのお店もたんまりと。あ、既にお蔵入りですね。そう考えるとこの記事なんて半年しか熟成してません。などと軽く言い訳しつつスタート。

そんなわけで、果ての果てまでやってきた!

サリサリ_看板

「1000年の
カリー」

「うまいか、まずいか
わからない」

「でも   
初めての味」


と書いた個性的な看板を掲げる、どうにも個性的な何屋かさえも分からないこのお店。
サリサリ_外観

店主は北海道から旅をしつつ南下してきて、六角橋に辿り着いたらしい。でもって、お店を開いちゃったらしい。北海道でやっていたカレー屋はなかなかの人気だったらしい。でもって、六角橋に開いたお店もジワジワとマニア人気が出てきているらしい。ただ、入りにくい。一見さんをひらりと交わす看板。入り口から中を覗く人は多い。中に入る人は…、まだまだ多いとは言えない。が、皆気にしている。皆気になっている。そんなカレー屋さんです。

以前に、この外観があまりにインパクトがあったので、それだけの記事を書いています。

果ての果てのうまいかまずいかわからない味@六角橋

ちなみに、看板とお店の外観の写真は全体の使い回しではなく、新作撮りおろしですよ!って無駄なこだわりを見せつつ、それでは突入〜。

続きを読む >>