なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「プロミス」(試写会:よみうりホール)
凄い映像
 凄いストーリー
  豪華な配役
   巨匠の作り出した大作

    あぁ、エライもん観ちゃったな

原題:「無極」
英題:「The Promise」
製作国:中国/日本/韓国
監督:チェン・カイコー
脚本:チャーリー・カウフマン
出演:真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン
本編:124 分

ストーリー
 戦乱の世、親を失った少女(後の傾城(セシリア・チャン))は生きるすべもなく、死者の懐に残っていた食料を盗んで食べようとしていた。その様子を見ていた、少年に盗っ人と呼ばれ、つるしあげられる。その後運命を司る“満神”(チェン・ホン)と、「全てを手に入れる代わりに、真実の愛を永遠に手放す」約束をしてしまった。その数年後、奴隷として生きてきた男が伝説の甲冑(かっちゅう)を身にまとう男と出会う。

感想は↓

大作ですよね。いわゆる歴史スペクタクル物です。いや、史実に基づいたようなものではないんですけど。相当に荒唐無稽だし。武侠ファンタジーって感じ。時代は全く特定されてはいない。映像的には色々と頑張ってるのも解ります。一部の合成はあまりほめられたものではないけど。どうにも描きたい映像、シーンありきで作られた作品に思えてならない。

真田広之の北京語の台詞は吹き替えをせず、自身のもの。多分上手いんだと思う。日本人が観てわかる不自然さはない。貴重なキャリアにはなるのだろう。でも、かっこいいとはいえないヒゲとキャラクタ、なんだかなぁな印象。奴隷の出となるチャン・ドンゴンも素敵とは思いがたい印象。イメージの面でプラスなのはニコラス・ツェーぐらいじゃないかと。怪しく妖艶な魅力は彼のファンを満足させてくれるんじゃないかな。

全体にストーリーで観る映画じゃないと思います。それにしても「愛する王妃の宿命を変える為に、運命に闘いを挑む三人の男」という割りに、この三人はその運命を知っててそれに抗おうとするわけではない。結果としてそうなっているだけのことだと思う。なんだか人物描写が薄いんですよね。

観終わって、この何も残らなさ、すごい。
そういえば、原題が・・・

む・・・、無の極み!?

あぁ、饅頭怖い・・・。


※映画部門とグルメ部門にエントリー。
是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
スポンサーサイト
- | 20:53 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/936
真田広之、チャン・ドンゴン出演ということで話題になっていますが、私が一番楽しみにしていたのは、ニコラス・ツェー様〜〜!武侠作品でありながらファンタジー!結構好きです、この手の作品♪ すべてを手に入れる代わりに真実の愛を得られないという運命を背負った
☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/03/19 10:00 PM
2月21日(火)新宿ミラノ座にて時代も国も特定されていません。それがこの映画のすべてを象徴しています。すなわち、武侠アクションでもなければ、恋愛映画でもなく、時代絵巻でもないといった、なんとも中途半端な作品なのです。主要な人物は4人。真実の愛を代償に
不良中年・天国と地獄 | 2006/03/19 10:01 PM
「PROMISE」プロミス/原題「無極」試写会。 あまり期待していなかったのですが、チェン・カイコー監督で、真田広之出演という事だけでも、見ておかないといけない気になります。 ワイヤーアクションやCGを多用したアクション大作という事で、「グリーン・デスティニー」
試写会帰りに | 2006/03/19 11:01 PM
さあ、ついに観ましたよ!チェン・カイコー監督話題の最新作!! なんと主演が韓国のチャン・ドンゴンとわれらが真田広之、ヒロインにセシリア・チャンという、なんともインターナショナルな、まさに大人の寓話です。
よろ川長TOMのオススメ座CINEMA | 2006/03/19 11:18 PM
 闘牛士ごっこ、勘違い愛、鼻血対決、うそつき合戦、告白大会、殺し合い・・・最後まで嘘をつかなかったは誰だ? 
ネタバレ映画館 | 2006/03/19 11:49 PM
「この映画は<約束>を描いてはいても、 この映画には<約束>はない」 ----なに言っているの?まるで禅問答みたいだ。 「つまり、あきれるしかないほどに 常識を超越した世界が展開するということ」 ----そうか、これはファンタジーなんだ。いつの時代のお話なの? 「
ラムの大通り | 2006/03/19 11:50 PM
予告で観ていて映像の美しさには目を奪われるものがあった『PROMISE/無極』を 一足お先に鑑賞できちゃいました。 映像もそうだけど、物語的にも惹かれるものがあったのよね(笑) 運命の女神とかわした約束=運命  一人の女は真実の愛よりも、豊かさの
黒猫のうたた寝 | 2006/03/20 6:47 AM
日韓香港を代表するキャストの共演!チェンカイコー監督作品 セシリアチャンの新作として、出演が決まった時点から ずーっと楽しみにしていた作品{/hearts_pink/} 豪華絢爛、煌びやかなアクションファンタジーの誕生{/kirakira/} いきなり王妃を愛してしまう大将軍、
我想一個人映画美的女人blog | 2006/03/20 12:18 PM
 よくもまあ、これだけ徹底的に様式美にこだわったものと感心することしきり。  初めに撮りたいテーマや素材があって、それに則って画を創っていく
シネクリシェ | 2006/03/20 9:44 PM
映画紹介文を読んで 「結構面白そうだな~。見たいな~。」と思っていたのですが、 中々時間が合わず今日まで来ていましたがついに見ました~&#63913; これは結構オススメです&#63913; &#63904;とにかく映像が綺麗&#63903; 物語は綺麗な桜の映像から
この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! | 2006/06/27 2:50 PM
今日はFLET’S光で当選した『PROMISE』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★☆☆
しましまシネマライフ! | 2006/06/29 10:49 PM
無極 The Promise 2005年   チェン・カイコー 監督・脚本真田広之 、チャン・ドンゴン 、セシリア・チャン 、ニコラス・ツェー 、リィウ・イエ かなり微妙、、、てか、冒頭の戦闘シーン、ギャグでしょ??その後もほとんどギャグのようなVFX、、、 いや
猫姫じゃ | 2006/10/04 1:37 PM
 望む者は何でも手に入るが本当の愛は得られないという運命を背負った絶世の美女である王妃の傾国と彼女を巡って運命に翻弄された男たちを描いた「PROMISE 無極」。2005年の香港・中 ...
本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] | 2011/04/16 9:20 PM