なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦
そうかー、そう来たかー!

ミドル級でのマウリシオ・ショーグンの優勝、これは予想通り。とはいえ、シウバとの同門対決を望んでいたのですけどね。それは、やはりサクの敵をシウバに取ってもらいたかったのもあります。ただ、シウバの試合っぷりを観ると風邪でも引いているんじゃないかというぐらいの足腰の不安定さ。もちろんアローナの実力はそれはそれで認めるものではありますが。
アリスター・オーフレイムも良いですね。ミドル級は今後も楽しみだ。

ヘビー級では結果的にミルコに良い所を出させずにヒョードルの判定勝利。これまた一応予想通り。というか、希望通りか。
ミルコには打つ手がないという印象。ヒョードル政権は磐石か。ノゲイラ戦では腕を取られたり三角の危険性を考えパウンドを封じて、徹底してスタンドでの攻防に持ち込んでいたが、ミルコに対してはパウンドの有効活用。相手に対して適切な戦略。KOアリの判定狙いという感じ。危険は冒さずとも、いつでもKOは狙える強さが凄い。あれだけの強打のパンチでそのままキャッチまで持っていける巧さは彼だけのモノ。たるんだようにも見える太い身体は無尽蔵のスタミナを蓄え、更に太い肩から首が自らのKOを防ぐ。ミルコの左ハイをあの首が完封してみせてくれるんじゃないか、そこにミルコの絶望の表情が現れるのではないかと期待もしてみた。「当たれば倒せる」のはミルコだと思うが、「当たらなければ掴んで倒せる」ヒョードルがやはり上だった。

ノゲイラファンとしては、やはり倒しうるのはノゲイラなのではないかと期待。ヒョードル程のスケールはないものの、モチベーションさえ上がればKOが難しいタイプのマーク・ハントなんかも見てみたい気はしますが。
スポンサーサイト
- | 01:05 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/629