なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「ダニー・ザ・ドッグ」(試写会:日本教育会館一ツ橋ホール)
「日常」を知らない主人公
 手に入れた安息の日々
  踏みにじられる幸せ
   守るべき人々
     ザ・ベッソン節 炸裂

原題:「UNLEASHED / Danny The Dog」
監督:ルイ・レテリエ
脚本:リュック・ベッソン
出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン
音楽:マッシブ・アタック
本編:103分

Story
悪徳高利貸しのバート(ボブ・ホスキンス)に金儲けの道具として育てられたダニー(ジェット・リー)。普段は首輪を付けられ、借金の取立て時の脅迫に利用される。首輪を外されることをスイッチにときに債務者に対して暴力で以って取り立てる道具として生きていた。人間扱いを受けず、また、そこに大きな疑問を感じることも許されない日々の中、彼は一冊の絵本を観ることだけを喜びとしていた。そのアルファベットと言葉を学ぶ絵本の中の「K(iss)」、「L(ove)」、「P(iano)」のページを繰り返し見続けていた。

首輪を付けられた道具として生きる前の記憶の片隅に残るピアノとその音を、いつものように借金の取り立てに向かった先で、目にし、耳にする。盲目のピアノ調律師サム(モーガン・フリーマン)との出会いだった。ダニーを人間として扱うサムを前に戸惑うダニー、サムはそんな彼に優しく接し、鍵盤の叩き方を教え、調律の手伝いをさせる。ピアノに触れ、音楽に触れ、ダニーは笑顔を見せる。

バートは仕事上で恨みを買うことも多く、命を狙われていた。いつものように仕事を終え、バートやダニーを乗せて走る車を襲う大型トラック。降り注ぐ銃弾。ダニーは辛うじて大破した車から抜け出し、街をさ迷い歩き、サムと出会った場所に辿り付く。

サムはダニーを家に迎え入れ、開放をする。そこでダニーは人間らしい生活を送り、サムと彼の養女ヴィクトリア(ケリー・コンドン)と触れ合うにつれ、少しずつ感情を取り戻していくのだが・・・。

詳しい感想は↓

ベッソン臭がとても強い。言ってしまえば、「ベッソン映画の人気の高い部分の寄せ集め」かも知れない。「レオン」と「ニキータ」の名前を前面に押し出す宣伝は間違いではない(と思う)。が、その二本を観ている人が観て、それを超えるものが得られるかというと少々疑問。その二本の評判を聞いていて、興味を持っていたのならお勧め、かな。

展開としては、
1.主人公の紹介を兼ねての戦闘シーンを中心とした感情のない主人公の人となり、生活感のない暮らしを見せる
2.主人公を変える出会い、初めて味わう「普通」の暮らし。しばしの休息、笑いのある日常。
3.手に入れた安息の日々をぶち壊す敵の接近、逃れられない運命。
4.愛する人々と、手にした幸せを守るための戦い。

分かりやすい起承転結の一例とも言えましょうか。「レオン」「ニキータ」(他の作品でもほぼそうですが)で使われたパターンとほぼ同一。目新しさはございません。敢えて書けば、「哀しい主人公の過去」という要素か。ただ、これも恐らくは調べ始めたらあっという間に分かってしまうはずの事実だろうなと。それを知る過程は引っ張り過ぎの感、あり。

全体的には103分と短い。テンポは良いけど、これなら120分程度にして、その分もっと深く描くことに注力した方がプラスだと思う。首輪の持つ拘束力の理由とか全く不明。全編を通して、「こういうエピソードを入れておけば観客は喜ぶだろう、泣くだろう」という安っぽいマーケティングを感じる。ハリウッドの悪い部分に影響を受け過ぎたか。Europe Corp.はハリウッドに負けない映画を作ることが売りなのかも知れないが、ちとベクトルを誤ってはいませんか?の疑問。

もちろん、リー・リン・チェイのアクションは本物。こればかりはさすがに凄い。トイレ格闘は必見か。流行の目が疲れるばかりのカット割の激しいアクションとは違う。が、ここでの問題は主人公に見合ったライバルの不在。アクションは強い敵役の存在によって活かされる。強い敵は出てくる。が、これが前振りがきちんとされず、その強さ怖さを事前に観客に知らせておかないのは大きなマイナス。ストーリー上の敵役としてはバートの存在があるのだけど、彼の役柄がいまいちはっきりしない。主人公に対するスタンスをもっとエピソードを設けて描いても良かったはず。主人公のいないところでのバートの彼に対する気持ちをそれとなく知らせるようなシーンが欲しかった。リーは演技も頑張ってるとは思います。「あんた一体いくつだ!?」という役柄ではあります。どうやら42歳なんですけどね。役の上では半分ぐらいの年という感じで、精神的には少年そのものです。

ヒロインも残念ながら作品を引っ張るような魅力は感じられない。矯正のブリッジ取ったら美人って、そんなメガネッ子みたいな効果は出てません。敵役とヒロイン、この二つに強烈な力が感じられないところにこの作品の弱さを感じる。モーガン・フリーマンはもちろん達者。物語にその声とともに、重みと落ち着きを与えてくれる。最近、日本での上映作品が続いているために、出まくりの印象が強いですが、それぞれの作品で全て作品に大きな影響を与えてくれているんだから凄い俳優さんですね。


タイトルの話
当初、「Danny The Dog」というタイトルでの公開予定が、「Unleashed」と名を変えて全米公開された。

leash : Vt. 〈…を〉革ひもでつなぐ.

[un + leash + ed]というわけで、「首輪から解き放たれた者」といった意味ですかね。

※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
スポンサーサイト
- | 01:10 | - | -
コメント
from: kaori   2005/07/20 10:45 AM
見たいな〜と思いつつDVD待ちをしている作品です。
設定(首輪のあたり)が面白いなと思ってワクワクしてます。
レオンやニキータは好きなので、
過剰期待はせずに(^-^;)
のほほんとDVD待とうかな。
103分は気軽に見れそうな時間ですね〜v
ちょっと嬉しいカモ。
from: なつき   2005/07/20 11:29 AM
kaoriさん、まいど〜。
どうやら、今週一杯ぐらいで上映終了みたいですね。
で、半年経つかどうかぐらいでDVDが出るのでしょう。
あっという間って感じです。

設定(首輪)が活かし切れてない気がしちゃうんですよね。
短い映画が大好きな僕としては103分は嬉しいのですが、
凝縮された103分間というよりは、描き切れない103分間に思えるところが・・・。
間違いなく、「レオン」「ニキータ」の系譜ではあります。
ベッソンが監督をすれば良かったのかどうかは分かりませんが、
う〜ん、惜しい!な個人的評価。

とはいえ、正統派ベッソン流として評価している人も多くいるんじゃ
ないかと思います。DVD化の際には是非また感想をお聞かせ下さい。
from: akemi   2005/07/27 7:32 AM
こんにちは。
はじめまして。
トラバ返し、させていただきました〜!
本当に、最近ではめずらしく短い上映時間でしたね。
もっと長くして、心理描写とか深く突っ込んでも
よかったですよね。
from: なつき   2005/07/27 11:12 AM
akemiさん、コメント&TBありがとうございます。
アニメ以外でこの尺てのはかなり短いですよね。
詰めに詰めての短さなら素晴らしいのですが・・・。

今回は多少なりとも期待していたので、残念です。
from: Black Pepper   2005/07/27 3:05 PM
TBありがとうございます。こちらもいただいていきますね。

最近ベッソンの関わってる作品って「ベッソン臭」(いい表現ですね)
すら感じられなくて「なにが言いたいのかよくわからない」ものが
増えていたような印象なので、この作品でやや持ち直したかなという印象です。

それでもご指摘のような「泣かそうというマーケティング」が空回りしているような印象はありますね。それはバートの描き方(ダニーが彼に逆らえない、もっと説得力のある理由づけ)もそうだし、あの強い敵役の唐突な登場などという点、同感です。

ジェット・リーのアクションという点では僕的には満足な映画でした。
from: なつき   2005/07/27 3:41 PM
Black Pepperさん、コメント&TBありがとうございます。
確かに最近の「ベッソン臭」が抜けた作品が物足りないと感じれば、
そこにこの作品の価値が出て来ますよね。
Black Pepperさんの仰るように、「持ち直した」のであれば、
この作品をリハビリにして、より濃い「ベッソン臭」を放つ作品に期待できるかな。
from: もじもじ猫   2005/07/27 9:34 PM
TBありがとうございます。
突っ込みどころ満載、という意味ではリュック・ベンソンらしかったのでは(笑)
私の周りでは評判良いですよ。
ジェット・リーの子犬のような表情とか。
from: エビマヨ丼   2005/07/28 12:40 AM
こんばんわ 
TB有難うございました。TB返しさせて頂きます☆
from: なつき   2005/07/28 11:07 AM
もじもじ猫さん、コメント&TBありがとうございます。

>突っ込みどころ満載、という意味ではリュック・ベンソンらしかったのでは(笑)
それはそれで、確かに真実(笑)。
言ってしまえば、「できのいい映画」を作れる人ではもとよりない。

ジェット・リーの子犬さ加減はそれはそれで凄いですよね。
少なくとも実年齢を感じさせるものではない。
from: なつき   2005/07/28 11:19 AM
エビマヨ丼さん、コメント&TBありがとうございます。
おっさんのはずなのに可愛いジェット・リー。
「お前まだ生きとったんか?」というバート。そうですよね〜。
from: mimi(xihuan)   2005/07/29 2:39 AM
こんばんは、そして初めまして、この度は、トラックバックありがとうございます。

ダニーの上映は、終了しましたね。日本向けのDVDの発売、レンタルを待ちましょう♪

さて、話は変わりますが、パ・リーグファンですか?
それも、ロッテ?実は私もなんです。
で、野球のスレッドにトラックバックさせていただきますね。(唯一の野球ネタ)
from: なつき   2005/07/29 10:46 AM
mimiさん、コメント&TBありがとうございます。
短かったですね、ダニ犬。
残念ながらいまいち売れなかったのか。

パ党ですよ〜。
mimiさん、西宮なんですよね。阪急応援しましょう、阪急(笑)。
父親が兵庫育ちで阪急ファンだったせいで、テレビでもパの放送を選んで観たりして
育てられました。ま、セパ問わず、全部好きで観てますが。
横浜が長いのもあり、一番好きなのは横浜です。
加えてパではロッテですね。第一期バレンタイン時代ぐらいからとくに好きです。
今年から数年は楽天も応援予定♪

ロッテファンサイトでは、
「やまだ書点の万葉Blog」によくお邪魔してます。
http://blog.livedoor.jp/marine_yamada/
ロッテファンが集まって凄く盛り上がってますよ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/526
 『バットマン ビギンズ』では健康体、『ミリオンダラー・ベイビー』で片目を失明し、今作品では両目とも失明・・・  荒唐無稽な漫画のような設定だ。5歳の時、バート(ボブ・ホスキンス)に拾われて、それ以来闘犬のように育てられてきたダニー。首輪を付けられて
ネタバレ映画館 | 2005/07/20 2:13 AM
邦題:ダニー・ザ・ドッグ 『5歳の時にバートという男の奴隷として拾われ、犬のような扱いを受けて育てられたダニー。成長した彼は首輪を外せばバートの犬としてケンカで働いていた。 』 director ...Louis Leterrier(The Transporter) Danny ...Jet Li(Cradle 2
なおのオススメ文芸。 | 2005/07/20 3:31 AM
感情を失い殺人マシーンとして生きてきた男が、人を愛することを知り、愛する者の為に闘う姿を描いたヒューマン・アクション。 ジェット・リー演じるダニーの流れるような美しいアクションシーンの素晴らしさもさることながら、ダニーが人間らしさを取り戻していくドラ
シアフレ.blog | 2005/07/20 9:13 AM
今日から4連休♪ というわけで上映終了直前のダニー・ザ・ドッグを見てきました....
シネマの木 | 2005/07/20 11:20 AM
製作年 : 2005年 公開日 : 2005年6月25日配給 : アスミック・エース エンタテインメント忘れた心を呼び覚ましたのは、ピアノの音色。ジェット・リーが新たな心情で挑むドラマ  久しぶりのリュックベッソン脚本物の映画。ジ
最近の出来事 | 2005/07/20 5:25 PM
●ダニー・ザ・ドッグを鑑賞。 5歳の時に誘拐され、悪徳高利貸しのバート(ボブ・ホ
Blog・キネマ文化論 | 2005/07/26 1:11 PM
●ダニー・ザ・ドッグを鑑賞。 5歳の時に誘拐され、悪徳高利貸しのバート(ボブ・ホ
Blog・キネマ文化論 | 2005/07/26 1:16 PM
今日、「ダニー・ザ・ドッグ」の初日と 「スター・ウォーズEP3」の先々行ということで、 2本観てまいりました。[:ソフトクリーム:] 最初に観たのは「ダニー・ザ・ドッグ」。 あのジェット・リーがシリアスものを! これは絶対観に行かなくちゃと、楽しみにして
おたすけシュー | 2005/07/27 7:24 AM
 アイディアというか構成の優れた作品です。  ハートウォーミングな人間ドラマでありながら、それでいてギャングもののB級アクション映画。このよ
シネクリシェ | 2005/07/27 7:28 AM
 監督 : ルイ・レテリエ 脚本:リュック・・ベッソン主演 : ジェット・リー / モーガン・フリーマン /     ケリー・コンドン / ボブ・ホスキンズ公式HP:http://dannythedog.jp/ ダニー・ザ・ドッグ  モーガン・フーマンが出る映画は間違いない。 
MoonDreamWorks | 2005/07/27 9:25 AM
近所の映画館で「ダニー・ザ・ドッグ」を鑑賞してきました。
日記とか文章披露? | 2005/07/27 11:35 AM
本日2本目は「ダニー・ザ・ドッグ」です。 3回目の鑑賞です。本当はもう少し感覚を開けたかったのですが、来週一杯ぐらいで上映終了しそうだったので・・・悲しいなぁいい作品なのに。   この作品は素晴らしい。もう何度言ったか分かりませんが素晴らしいの一言
★☆★ Cinema Diary ★☆★ | 2005/07/27 12:15 PM
オフィシャルHPダニー・ザ・ドッグ <あらすじ> 闘犬として育てられた男が新しい家族にめぐりあう話
HELL C CINEMA | 2005/07/27 12:29 PM
面白いアクション映画が観たいよね って気分になって 評判の良い「ダニー・ザ・ドッ
Black Pepper's Blog | 2005/07/27 3:10 PM
ダニー・ザ・ドッグ 上映時間1時間43分 監督 ルイ・レテリエ 出演 ジェット・リー モーガン・フリーマン ボブ・ホスキンス ケリー・コンドン  2年ぶりのリー出演作。そしてリュック・ベッソン作品は2度目。本当リー凄いな。ハリウッドだけでなく、フランス
メルブロ(更新不定期) | 2005/07/27 5:29 PM
ストーリー 5歳の時に母親から引き離され、記憶を奪われ、感情を失い、暗い地下 室で人を殺すことだけをバート(ボブ・ホスキンス)に仕込まれてきた男 ダニー(ジェット・リー)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ダニーは金儲けの道具
ミーハーの映画評 | 2005/07/27 7:03 PM
守りたい 初日の初回で観たのは生まれて初めての事だ。ということで人の入りは8割りくらい。年齢層がバラバラ!3人組のおばさんから若い2人組のお兄ちゃんまで。ひとりで観にきた男性が多かった気が。 まぁ、私もひとりで観にきたんで人の事はいえないんですけどねぇ・
ひるめし。 | 2005/07/27 8:42 PM
犬と呼ばれ、首輪をつけられ、闘うことだけを求められていた、ダニー。 ジェット・リーとリュック・ベンソンの組み合わせは「キス・オブ・ドラゴン」で、「おや〜」だったので考え中でしたが、モーガン・フリーマンに後押しされて見に行く。 痛〜い場面の連続で、見て
もじもじ猫日記 | 2005/07/27 9:34 PM
良かったよ〜 感動したで。これは結構、お勧めや(^ー゜)bジェット・リーが主演なので 勿論、アクションもんなのですが感動もんでもあります。ダニーはバートに犬の様に育てられ、命令されれば人も殺す恐ろしい奴ですが 実は純粋無垢な子供の様な心も持っている。“
HAPPYMANIA | 2005/07/28 12:38 AM
邦題:ダニー・ザ・ドッグ 原題:Danny the dog 監督:ルイ・レテリエ
Pocket Warmer | 2005/07/28 1:33 AM
 5歳の時に誘拐され、闘犬として育てられたダニー(ジェット・リー)は、高利貸しのバートに連れられ、取り立てと闘いに明け暮れていた。首輪を付けられ、感情さえも忘れていたダニーは、ある日、事故で視力を失ったピアノ調律師、サム(モーガン・フリーマン)と出
ルーピーQの活動日記 | 2005/07/28 2:15 PM
3.8点 犬時のジェット・リー最高。俺あらすじ:ダニーは殺人だけを教えられ暗い檻の中で生きていた。外に出るのは首輪が外された時、人を殺す時のみ。だがある事故により一人になったダニーが訪れたのは盲目のピアニスト・サムの元だった。監督:ルイ・レテリエ 脚本
映画と本。 | 2005/07/29 7:19 AM
『ダニー・ザ・ドッグ』試写会に行ってきますた。 5歳の時に母親から引き離され、過去を失い、悪漢バートに育てられたダニー。彼はバートの金儲けの道具として、闘うことしか知らずに生きてきた孤独な殺人マシーン。首輪を付けられ、地下に閉じ込められて生きてきた。
Such One Day | 2005/07/29 12:15 PM
久々に劇場へ行き、『スケルトンキー』を見ようと思っていたら、見たいと思っていた『ダニー・ザ・ドッグ』が『Unleashed』というタイトルで上映中なのを見て、あっという間に鞍替えして『ダニー』を見ることにした、私・・・。 そして久々に見終わった後に、空白
フィルム・アカデミア | 2005/08/27 1:15 AM
『ダニー・ザ・ドッグ』 公式HP  http://www.dannythedog.jp/  原題:Danny the dog 製作:2004年フランス・米 監督:ルイ・レテリエ 出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス 5歳の時に母親から引き離され、過去を失い、悪党
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2005/10/17 6:53 AM
ダニー・ザ・ドッグ これは、見たかったんですyo。うちは、姉君共々、ジェット・リー ファン。 リュック・ベッソン がかんでいるから、おフランス、アメリカ合作なのね。フランス語でも良かったんじゃないかな?そういう雰囲気感じたし、、、 期待通り、良かっ
猫姫じゃ | 2006/01/30 1:16 PM
『ダニー・ザ・ドッグ』 2005年アメリカ(103分) 監督:ルイ・レテリエ 脚本:リュック・ベッソン    ロバート・マーク・ケイメン 出演:ジェット・リー    モーガン・フリーマン    ボブ・ホスキンス    ケリー・コンドン    ディ
WILD ROAD | 2006/02/01 9:40 AM
幸せになるだけでは駄目な場合もある 『ダニー・ザ・ドッグ』 監督: ルイ・レテリエ 脚本: リュック・ベッソン 出演: ジェット・リー/モーガン・フリーマン/ボブ・ホスキンス/ケリー・コンドン 公式サイト:ダニー・ザ・ドッグ ダニーは幼いころに母を
ものづくる | 2006/02/06 1:30 AM
●映画の満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7点 モーガン・フリーマン渋すぎです! ジェット・リーの映画というと、どうしてもアクションに目が行きがちですが、抜群の存在感でした。 やっぱり声がいいんですかねぇ〜
ホームシアター映画日記 | 2006/02/06 11:51 PM
原題:Danny the Dog(Unleashed) やたらと強いが、なぜか繊細でピアノが好き。殺人犬に育てられた彼を、人間らしさを忘れた彼を苛酷な運命から救う、愛に溢れた家族が現れる。 5歳で誘拐され悪徳高利貸しバート(ボブ・ホスキンス)の番犬として育てられたダニ
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/07/14 1:23 AM