なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ボナッ@飯田橋(神楽坂)
「ッ」を忘れるな。・・・「ッ」って何!?
ボナッ_外観

飯田橋に勤務してからずっと行こう行こう、早いとこボナッちまおうと思いつつ幾星霜。某所でネタにもなってましたので、行って参りました。しかしカレーの味の前にお店の印象が・・・。

お店に入り前の客が席を立つのを待っていると、更に後から客が。扉は開けっ放しだったのだが、その客が扉を閉めようとした。すると店員の女性が「扉は開けておいて下さい」とその客に告げる。その客はそれを聞きながらも勢いのせいか途中まで扉を閉めている。すると店の奥から(恐らく)店主の声が。「扉は開けておいて!」と怒声混じりの大きな声で客に言う。店内の空気は一瞬凍り付く(少なくとも、自分にはそう感じられた)。幸いにもその客はそれを大きく受け止めることはなく、扉を改めて開き、「へへへ、怒られちゃったよ」と呟きつつ席についた。自分が言われていたら大きく動揺して立ち竦むか、下手をすれば逆切れして扉を思い切り強く閉めて店を飛び出していたであろう。いや、それは逆切れとは言わないだろう。正当切れだ。ナニソレ。

席にはついていたが、まだ注文もしていなかったこともあり、一瞬考えた。「このまま店を出るのもありだ」と。しかし、その客が怒る様子もなかったこともあり、そこで自分が怒ってしまうのもタイミングを逸していて、なんとなくし辛い。大好きなカレーなんで食べてもみたい(爆)。ので、大人しく注文。

でも、店の人間が客を怒鳴るのはイカンだろう。絶対いかんだろう。


メニューは結構豊富。トッピングも組み合わせられ、バリエーションが楽しめる。
ボナッ_看板

もちろん初回ということもあり、自分に取っての一番の基本メニューをオーダー。

ビーフカレー 750円
ボナッ_牛

辛さ:中前(ちゅうまえ)
分量:並

辛さは[甘口、中前、中辛、激辛]の4段階だったと思う。チキンとポークは下の2段階しか選べません。僕が頼んだのは中前ですが、結構辛い。御飯の大盛はメニューに乗りつつも無料でサービスしてくれていた。今回は標準量をしるために頼まず。スープはキャベツの味噌汁で、お替り可能らしい。カレーに味噌汁?とは思うが、まぁ良かろう。でも、カレー専門店だよなぁ。やっぱ不思議。

カレーソースはまさに欧風。とろみが結構あるが、小麦粉っぽさというよりは野菜やなんかが煮込まれて出たとろみかと思う。カレーポットに入れられてくるが2種類のソースを注いでいた。Aを入れて、Bを入れて、更にAを入れていたはず。Bはどうやら牛肉入りでこれが「ビーフ」の部分だろう。Aは中前ソースだろうか、恐らくこのソースが辛さで分かれていて、その分量で辛さを調節するんじゃないかと。

肉はそこそこに大ぶりのものが3かけ。ちょっと入っている脂が美味い。台湾だか中国だかの医と食に通じる料理人が言ってるらしい。「最も美味しいのが肉の脂で、最も身体に悪いのが肉の脂だ」と。悪いかも知れないけど、美味しい。肉自体はそれほどジューシーでもない。そこそこって感じ。

全般に好みの方面ではあり、合格点のカレーではある。ただ、750円は安くはないな。恐らくは本来の美味しさを存分には味わえなかったとは思います。やはり、「俺も怒鳴られちゃうのかな・・・。何をしたら叱られるのかな・・・。」と緊張しながら味わい尽くすのは無理ってもので。

他の味やトッピングは試してみたいけど、今回みたいなことがあるとイヤだし・・・。そのうち気が向いたら、ですかね。

※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
スポンサーサイト
- | 12:58 | - | -
コメント
from: kaori   2005/07/12 2:31 PM
むむっ、イヤンな時に行ってしまいましたね。
それにしても、最近料理以外の接客部分とかが
気になってしょうがないです。。。

っと、話題は変わりまして
「ボナッちまおう」←この表現いいですねー。
元は「ボナる」になるのかな?
ちいさい「ッ」が抜けちゃったけど・・・。
「ボナッる」だと言いにくい・・・。
from: 茶葉   2005/07/12 7:11 PM
ご紹介ありがとうございます。
それにしても、嫌になってしまいますね。
今度はぜひ「厨」へどうぞ。
店員さんはみんな穏やかですから。(笑)
from: なつき   2005/07/13 11:34 AM
kaoriさん、まいど〜。
なんだかな〜って感じです。
後で、書きますが、全般的な接客は悪く無かったです。
ただ、お店に入ってすぐのできごとだったので、
かなり引きましたし、味覚にも影響はしたんじゃないかと。

「ッ」は必須です(笑)。
なので、現在形は「ボナッちまう」「ボナッちゃう」ですね。


茶葉さん、まいど〜。
非常に残念です。
味もトッピングもバリエーションあるので、また行ってみたいのですが。
ま、そのうちまた行ってみようかな程度には思いますが。

「厨」ですか。
パっと見て、「厠」と間違えたことはお店の人には内緒です(爆)。
で、このお店知りません。
報告お待ちしておりま〜す。
from: そば   2005/07/13 10:00 PM
めしを食べるのに
やな思いはしたくないですねええ。

たった一度の昼飯ですからねえ。

他にも
TVで殺人事件とかがんがん流れている
お店とか
げんなりですね。


われわれにとってメシヤは
短い昼の癒しの場でもあるわけですよね。

ですから
おいしくても
そういうお店は遠慮することにしてます。
ハイ。


from: とかげ   2005/07/14 3:15 AM
こんにちは☆
神楽坂なら近くだし、行ってみたいな〜と思っていたのですが、店員さんが怖いとは・・・
怒鳴るなんて怖いです(><)
せっかく食べるなら、よい環境でおいしくいただきたいですよね。
from: なつき   2005/07/14 11:57 AM
そばさん、コメントありがとうございます。
そういう雰囲気のお店だという前知識でもあれば違うかも知れませんけど、
初めて入ったお店でいきなり遭遇しちゃうと戸惑います。

ランチはまさに癒しの時間です。
一日中オフィスの席に座っていることに耐えられず、
弁当ではなく、外食を選んでいるわけです。
その時間を楽に過ごせないのはイヤですね。

とかげさん、まいど〜。
怖い店員さんではないのだと思います。
その後はずっと愛想は良かったですし、そこそこ丁寧な接客でした。
それでも一度怒鳴っているのを見ると、やはりちょっと怖いです。
その後もずっと緊張しちゃうんですよね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。