なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「炎のメモリアル」(試写会:九段会館)
原題:「Ladder 49」
監督:ジェイ・ラッセル
脚本:ルイス・コリック
出演:ホアキン・フェニックス、ジョン・トラボルタ、ジャシンダ・バレット
本編:127分

Story
新米消防士ジャック(ホアキン・フェニックス)は、ボルチモア市消防局33番署に配属され、先輩たちの荒い洗礼にあう。
署長のマイク(ジョン・トラボルタ)は、一見だらしないようだが、実は署員たちのことを常に第一に考えてくれる頼もしい先輩である。ジャックの初出動の時も、一緒に炎の中に突入して、見事消火を成し遂げた。ちょうどその日、初めての火災現場から戻ったジャックは、食料の買出しに行ったスーパーで素敵な女性リンダ(ジャシンダ・バレット)と出会い、一目ぼれする。やがて2人は結婚し、2人の子どもができる。
時は移り、マイクは消防局の副本部長に、ジャックも別の署49番署に異動となっている。ある日、穀物倉庫で大規模な火災が発生し、ジャックの隊も出動することとなった。彼らは、倉庫の12階で3人の生存者を発見し、ウチ一人をジャックが窓際まで連れ出し、無事に救出に成功した。しかし、ビルの火は衰えず、大規模な爆発が発生し、ジャックはビルの炎の中、転落する・・・。


※映画部門でblogRankingエントリー中。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。

僕の感想は↓。

9.11事件にインスパイアされて作られた、消防士リスペクト映画らしいのですが、映画はあくまでも消防士の話であって、反テロ要素はありません。もちろん僕もテロに関しては大反対ですが、その底に流れる国家間の問題、イデオロギーに関して触れてしまうと話は簡単ではなくなり、素直にストーリーに入れなくなる気がしていたのでひとまず安心。

別に犯人はいません。放火とかではありません。「バックドラフト」の焼き直しではないよってことで。テロがいないなりに勧善懲悪っぽい話しになっちゃうかと思っていたものですから。(^^;

話は、この転落してまったジャック、それを探す仲間という現在を描く合間に、その仲間との繋がり、彼が家族を得ていく過去の回想を織り込んで進んでいきます。それぞれが緊張感、危機感を増幅する現在と人間関係と現状に至る経緯を描いて感傷と感動を煽るパートに分かれています。正直、多少の狙い過ぎ感があります。が、鼻につくほどではなく、素直にはまれるできになっています。ただ、この作りは緩急だったり、二つの要素によって相互に盛り上げたりという意図によるんだと思うのですが、どうも中途半端に感じられ、結果的に細切れの印象の方が強かったかも知れません。序盤にジャックの転落が描かれるために、どこかに「呆気なさ」を感じてしまったかも知れません。

ホアキンは良い役者になってくれましたね。初めて観た「8mm」では、「うわ〜、これでリバーの弟か?これがか?」みたいな印象でしたが、「グラディエーター」ですっかり惚れ込み、今作の演技も良かったです。ですが、残念ながら体型は変わってません。多少はレスキューっぽく絞ってくるのかと期待しておりましたが、そのままです。ジャシンダ・パレットは多分初めて観るのですが、良かったですよ。言い方が悪いかも知れませんが、小田舎の美人♪って風情がよく出てました。垢抜け過ぎない美しさ。あんまり誉めてない感じですかね。でも、好きです。

全く知識としてはないのですが、舞台となるボルティモアって「アイルランド系」の人が多いんですか?それを象徴するシーンが多いです。アイリッシュパブだったり、バグパイプが鳴り響いたり。よく知らない僕からするとここは合衆国?てな匂いのする描写でした。

トークイベントの話。
襟川クロ司会で、ゲストは婚約ホヤホヤの乙葉、宇梶剛士、中越大震災で 皆川優太君を助け出した 東京消防庁 消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー隊)の隊長、清塚光夫さんの3人。ま、当然のごとく話題の中心は乙葉になっちゃったりするのは良いんだけど、こいつは浮かれて(?、ま当然かも知れませんが)ネタバレしてくれちゃってましたよ。気付いた人が多いのかは謎ですが、オチについて触れてました。たっぷりの祝福の気持ちとちょっぴりの殺意を抱いちゃいました♪ でもって、クロ。何を緊張しているのか話を聞いてないこと甚だしい。ま、ほとんどが宇梶さんの話ですが。正直なんじゃコリャ?って感じのトークイベントでした。

字幕の話。
原語で聞けていないので、なんとも言えないのですが、ジャックが妻に「仕事を変えようと思うんだ」(正確じゃないかも知れません)と伝える場面があります。その日本語がどうにも転職を示唆する様にしか見えないのですが、実際には転属願いをするという宣言なんですよね。物語の進行上、意味のある台詞なのでちょっと残念。あ、単なる読解力の問題かも知れないんですけど。

タイトルの話。
原題そのままってのは無理でしょうね。ちなみに意味は「はしご車第49番隊」でホアキンの所属していた隊の番号ですね。映画観ないと解りません。で、「炎のメモリアル」ですが、微妙です。合ってはいます。が、「ときめきメモリアル」が邪魔をするらしい。意味が解らない人はお願いします、素通りして下さい。お陰で友達との間の略称が「炎メモ」(ほのめも)ですよ。伝説のはしご車の先っちょで告白するときっと二人は結ばれます。

公式サイト
スポンサーサイト
- | 17:33 | - | -
コメント
from: のずら   2005/05/23 7:45 PM
TBありがとうございます!
【ホアキンは良い役者になってくれましたね。初めて観た「8mm」では、「うわ〜、これでリバーの弟か?これがか?」みたいな印象でしたが、「グラディエーター」ですっかり惚れ込み、今作の演技も良かったです。ですが、残念ながら体型は変わってません。多少はレスキューっぽく絞ってくるのかと期待しておりましたが、そのままです】
って、正に私も同感です!
次回作に期待が持てますね・・・
from: 健太郎   2005/05/24 1:49 AM
TBありがとうございました。
1人の男として、夫として、父として。
そして消防士として。
直向に誠実に生きた男の物語でしたね。
淡々とした流れがかえって感動的でした。
from: 円柱野郎   2005/05/24 2:01 AM
はじめまして、TBありがとうございます。

タイトルは確かに原題そのままでは観る前は伝わってくる物が少ないですよね。
でも個人的な感想で言うと、主人公にとって「ポンプ隊」から「はしご隊」に志願して転属したことに意味があったと思うんです。
なので、観終わった後はこの原題に「結構深い意味があるんじゃないの?」と納得しましたねw
from: メビウス   2005/05/24 2:20 AM
初めまして♪TB有難うございましたm(_ _)m
原題は確かに『Ladder 49』なのに、邦題が『炎のメモリアル』っていうのも微妙と言えば微妙ですね・・邦題って時によっては原題をややこしくしてしまう時があるんですよね。(ヴィゴ・モーテンセンが主演をした『オーシャンオブファイヤー』も原題は『ヒダルゴ』で非常に分かり辛かったです・・)

と言うか自分も『ときメモ』がちらついたり・・(虹○さ〜ん!!(コラ
from: mkt   2005/05/24 2:28 AM
TBどうもありがとうございます!
CMのあおり方とはちょっと違った映画でしたけど、職業物としてはなかなか良かったと思いました。
ハリウッド特有のベタベタ感が少なく見た後も爽やかな感動が胸に残ったのが印象的でした。
from: こころ   2005/05/24 7:47 AM
はじめまして^^ TBありがとうございました。

>「仕事を変えようと思うんだ」
はい。。私もそう記憶しています。
転属しようとは 言ってないですよね〜。
エラク早く辞めてしまうんだな〜と一瞬思いましたもの。。。。(あっ 終ってしまうやん!)って(笑)

でも 良い映画だったとおもいます。
優等生の作品!って感じで・・しっかり 泣きましたw

TB頂いて帰ります^^
from: h_m_55   2005/05/24 10:25 AM
TBありがとうございます。
原題の「LADDER49」より「炎のメモリアル」の方がいいなぁと思っていたのですが、「ときメモ」と言われると気になってしまいました。
from: ジャス   2005/05/24 11:33 AM
TBありがとうございます。

>伝説のはしご車の先っちょで告白するときっと二人は結ばれます。
大爆笑してしまいました(笑
from: なつき   2005/05/24 11:55 AM
のずらさん、コメント&TBありがとうございます。
ホアキン、良いですよね。体型以外(笑)。
また、次を楽しみにしたいと思います。

健太郎さん、コメント&TBありがとうございます。
そうですね、基本的にはあまり過剰に煽ることはせずに、
淡々と現在と過去を行き来していた感じですかね。
もうちょっとジャックに少しの毒気があるとより描写に深みが出たかな?
という気も個人的にはしないじゃないです。

円柱野郎さん、コメント&TBありがとうございます。
原題は確かに序盤で「あれ?こいつポンプ隊じゃん」てなことを考えると重要ですね。
ただ、そのままカタカナにしても解らないし、日本語じゃ格好悪いし、なのでしょう。
難しいですね。
from: なつき   2005/05/24 12:02 PM
メビウスさん、コメント&TBありがとうございます。
邦題は本当、難しいです。
今作は「炎の」は良かったと思うんですが、「メモリアル?」てな感じです。
「ヒダルゴ」はそのままでも良かったと思うんですけどね、名前だし。
あの時期にゲームやってる人だと「ときメモ」ちらついちゃう人も多そうですよね。(^^;

mktさん、コメント&TBありがとうございます。
CMもまた難しい。
映画を表すよりも、こういう宣伝だと客が集まるってところに注力し過ぎ。
結果として、実際に観たときになんか騙された気がしちゃうのって多いです。
映画自体のできは悪くないから、間違えた宣伝はしないで欲しい。
from: かんすけ★シアフレ.blog   2005/05/24 2:12 PM
泣ける程の感動はしなかったけど、人の命を助ける仕事というものに改めて尊敬しました。
TBさせて頂きます。
from: chao   2005/05/24 4:16 PM
tbありがと〜
私は結構泣けました。
ま、人によって感じ方は違うのかなw
from: なつき   2005/05/24 5:14 PM
こころさん、コメント&TBありがとうございます。
ですよね〜。
ジャックが転職するようなことを言ってるから、
奥さんが喜ぶようなリアクションがあるか、とりあえず驚くだろうと思ったら、
反応が鈍い。で、実は転属の話だったということで違和感を覚えました。
ちと残念な字幕です。

h_m_55さん、コメント&TBありがとうございます。
なんとなく、「炎」をフィーチャーするタイトルはちょっと違うかな?
という気もしました。ただ、最後まで観ると感傷的なのは合ってると思わないでもない。
でも、略しちゃうと「ほのメモ」。
略さなければ良いんですけどね(笑)。
from: なつき   2005/05/24 5:20 PM
ジャスさん、コメント&TBありがとうございます。
笑って頂けて何よりです。(^^;
実際にはまともに遊んだこともないんですけどね〜。<ときメモ

かんすけさん、コメント&TBありがとうございます。
凄い仕事ですよね。
尊敬するし、心の中で憧れる部分もありますけど、
できるか?と問われて簡単に頷ける仕事ではないですよね。

chaoさん、コメントありがとうございます。
そうですね、感じ方はそれぞれだとは思います。
泣けるかどうかはその人の涙腺の硬さとかにもよりますし、
感動の大きさは観る人の環境とかタイミングにも左右されますもんね。
が、押しなべて評判は良い気がします。
from: しぐ   2005/05/24 6:14 PM
TBありがとうございます&初めまして〜
こちらからもTBさせて頂きますね。

やはりブツ切り感はありますね。最後はぐっときましたがw
この映画ホアキンよりもやはりトラボルタがかなり印象深いと俺は思いました。こーいういい上司(親父)役もピタっとくるんですよね〜

でわまたお邪魔します^^
from: なつき   2005/05/24 7:05 PM
しぐさん、コメントありがとうございます。
そうそう、ジャックだけ見ていると経年変化が見えない。
「お、いつの間に子供が!」みたいな感じでしたよね。
(すいません、しぐさんの記事の感想です)
でもって、あの作りがダメなわけではないのですが、ブツ切れ感が残念。
トラボルタは随分と抑えた演技でしたね。
結構珍しいのではないかと思ってみたり。
from: chishi   2005/05/24 8:43 PM
小田舎の…に思わず笑ってしまいました。
でもその表現ぴったり。
独身のときは華があったけど
結婚してからのシーンは、よき妻ってカンジでしたね。
from: えみ   2005/05/24 8:57 PM
なつきさんTBありがとうございます

みなさんのコメント見たらみんな映画観てきたんですね〜♪うらやましぃ〜
今週後半も忙しくって結局いけそうにもないし
土曜か日曜あたりには私も観てきた感想書けそうかな♪
その時にはまた遊びにきますね♪
from: ルーシー   2005/05/24 9:04 PM
本当言うと、あれで死んじゃうとは思ってなかったので、え??て感じもしましたが、でも素直に感動しました。
泣くというより、勇気を与えられた、って感じでした〜!!
from: おさやん   2005/05/24 9:16 PM
TBありがとうございます。
「仕事を変えようと思うんだ」のシーン、
私もてっきり転職を意図してると勘ちがい。
で、妻にしかられるのかと・・・。違いましたね。

これ見てから消防車見るたびに、心で応援してます。
from: ぴか   2005/05/24 9:52 PM
TBありがとうございます。
>「仕事を変えようと思うんだ」
転職するんだと思ったら転属だったのでちょっとびっくりしてしまいました。
泣くまではいかなかったけど、消防士として、人としての生き方、結構感動しました。
from: ぴか   2005/05/24 9:55 PM
ダブってしまいました・・・
すみません。
from: なつき   2005/05/25 10:42 AM
chishiさん、コメント&TBありがとうございます。
なんでしょう、あまり洗練され過ぎてない爽やかさがあるんですよね。
良い奥さんでしたね。今度注目の女優さんです。

えみさん、コメント&TBありがとうございます。
ちょっとネタバレありなコメントも入ってきちゃってますが。(^^;
是非ご覧になって、また感想お聞かせ下さい。
また、こちらからも改めてTBさせて頂きますよ。
from: なつき   2005/05/25 10:44 AM
ルーシーさん、コメント&TBありがとうございます。
えー?まぢでー!?という気は確かにしました。
カッコ良い消防士の活躍と甘い幻想を描くのではなく、
人間的な彼らと厳しい現実を見せてくれたのは良かったですね。

おさやんさん、コメントありがとうございます。
やっぱり同じところで引っかかっていらっしゃったんですね。
ただ、僕は奥さんに喜ばれるのかと思ってました。
彼女もジャックの身を案じていたでしょうからね。

ぴかさん、コメントありがとうございます。
ダブっちゃったのは気になさらないで下さい。
昨日の晩はやけにjugemが遅い時間がありました。
恐らくそのせいだと思いますから。
ぴかさんもやはり「転職?」だったんですね。
消防士、凄いですよね。
from: 映画の花道   2005/05/25 11:01 AM
TBサンキュです

私はホアキンに関して感じたのは、やっぱり悪役顔だな〜っと・・・(笑)
グラディエイターのイメージが抜けてないのは俺だけかな?!

ジョン・トラボルタと主人公の無線のやりとりが緊張感あってよかった〜
from: kaori   2005/05/25 12:02 PM
ほのメモ、なるほど好感触な感想でワクワクです。
個人的にホアキン・フェニックスは好きなので
興味あったので♪
(グラディエイターの悪役っぷりも好きですが
 色んな役にチャレンジされるところとかも好きです。
 …顔は濃いですけどネ)

タイトルやセリフの翻訳については、難しいですね〜。
from: なつき   2005/05/25 1:17 PM
映画の花道さん、コメント&TBありがとうございます。
JUNさん、の方が良いですかね。
個人的にはホアキンの悪役臭は抑えられていた方だと思うんですけどね(笑)。
コモドゥス役がそれだけ名演だったということでしょう。

kaoriさん、まいどです〜。
あ、観に行かれますか?
ご覧になられたら是非とも感想聞かせて下さい。
なんだかんだで結構幅広くやってますよね。<ホアキン

毎回でもないのですが、邦題が気になる洋画は多いので、
ネタとして取り上げてます。
決めてる人は「難しいんだよ!文句あるなら考えてみろ!」ぐらいに
思ってることでしょうけど。
from: あかん隊   2005/05/25 5:15 PM
TBありがとうございます。
自分は、トラボルタが目的でした。(爆)
悪役じゃない彼を見たかったので。
アメリカの消防士には、アイルランド系の方がとても多いそうです。(どっかの受け売り)でも、なぜでしょう? そこまでは…。
公式サイトも充実してきてます。ご覧になりましたか?
from: はな*   2005/05/25 8:00 PM
仕事を変える…そう言われれば、そう言う解釈も(^^;
この後まだ消防士である事がわかってるし(回想だから)…最終的に梯子隊に所属する事もわかってるので、転職とは思いませんでした(^^;
from: jeanpaul-cinema   2005/05/25 11:37 PM
TBありがとうございました!!
私もTBさせていただきました!!
これからもよかったら遊びに来てくださいね☆
私もまた来させていただきます!!
from: たけぞ   2005/05/26 9:20 AM
おひさ。

こないだ、コメント残したのにバーストして消えた・・・で、気を取り直して。

チケットサンクス。無理強いをして頂いた甲斐がありました。
半分なんちゃって英語で観て見たけど、個人的感想としては、協賛だか推薦だかが消防屋さんなだけに、
消防的観点からみたシーンはやけに一生懸命訳されてて、家族愛とか個人的感情については手抜き?と思うことが。ぷぷ。

話はとてもシンプルだけど、ジーンとしちゃうのよね。
特に婚礼前の僕としては。ぷぷぷ。
Myホアキンにがんばってもらわんとねー。(人んちまできてのろけてすまんね)
from: なつき   2005/05/26 1:10 PM
あかん隊さん、コメント&TBありあがとうございます。
悪役じゃないトラボルタ、あくの強くない普通の人って感じの役も珍しいですよね。
あれはあれでなかなか良かったです。

はな*さん、コメント&TBありがとうございます。
最終的に梯子隊なのは分かっていたんですけどね、そこに至る過程で

・ジャック転職希望→妻喜ぶ→やっぱり復帰、しかも梯子隊
・ジャック転職希望→妻「それで良いのか!」→思い直して梯子隊

みたいなことがあるかと思ったわけですよ。(^^;
台詞(字幕)が転職するかのように読めたからですけど。

jeanpaul-cinemaさん、コメント&TBありがとうございます。
多少の薄味感はあるんですかね、やはり。
いきなりクライマックスから始まり、その高揚感が断続的になってしまった
問題はやはりあるんじゃないかと。
また、遊びに来て下さいね〜。
from: なつき   2005/05/26 1:15 PM
たけぞ君、まいど。
jugemがタコで消えてしまったかいね。<コメント

ええ、無理強いでした。
面白かったなら良いですが。
消防士リスペクト映画なので、もちろんそういう作りかと。
いや、別に家族愛とかないがしろとは思ってませんけど。

え〜っと、寝言は布団の中でおっしゃってくらさい。(--#
その辺の話はまたメールにて。滞納してますけど。
from: ELEY   2005/07/24 1:19 AM
大変遅くなりましたがTBありがとうございます。

また見せてもらいに来ますね。
from: なつき   2005/07/24 4:32 AM
ELEYさん、コメント&TBありがとうございます。
確かに、「9.11がなければ〜」の作品なんですよね。
その思い入れのせいか、エンターテイメント性よりも、
リアルさ(と言えるかは分からないですけど)が重視されて
しまっている作品でしたね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
本日はイイノホールにて『炎のメモリアル』を観て来ました。 ジョン・トラボルタ&ホアキン・フェニックスの消防士の物語でございました。 コミカル&ハートフル・・・まあ、こういう映画にはありがちな設定ではありましたが、 笑いあり、涙あり、どきどきあり・・・ま
のずら夫婦の楽観生活 | 2005/05/23 7:45 PM
泣きました。泣き続けましたよ。幸せな時、辛い時。こんなに泣いた映画は初めてです。
RAKUGAKI | 2005/05/23 10:42 PM
 邦題:炎のメモリアル、原題はLADDER49だ。日本では車のナンバーでも欠番になるくらいの数字なので(42とともに下二桁が欠番)、さすがにそのままのタイトルにしなかったのかもしれない。49という数字で最初に思い出すのが、読売ジャイアンツの助っ人だったクロマティ
ネタバレ映画館 | 2005/05/24 1:43 AM
9.11 同時多発テロで英雄的な活躍を繰り広げた消防士たちに心からのリスペクトを捧げたい、そんな思いから作られた映画であり、9.11が無ければ、こういう内容にもならなかった事でしょう。面白く観られましたが、ラストに不満。でも、そこに至るまでが面白かったし、そ
英亭*映画日誌* | 2005/05/24 1:43 AM
(試写会の当選ハガキ) 家族を愛し、仕事を愛した消防士の物語。『炎のメモリアル』 消防士ものです。 アメリカの消防士って何でこんなにカッコイイんでしょうね。 子供たちが憧れるのも解ります。 9.11のツインタワー自爆テロで一躍脚光を浴びたけ
映画とJ-POPの日々 | 2005/05/24 1:48 AM
消防士の映画と聞くと、俺の中ではやっぱり「バックドラフト」なんやけど、この映画はさらに直球ど真ん中の消防士映画やったね。 「火を消すこと」と「人命を救助すること」に情熱や信念を持つ男達が眩しすぎるわ〜。 男としてカッコイイ! 俺も誇りの持てる職業に就き
Column's BLOG !! | 2005/05/24 2:02 AM
【監督】ジェイ・ラッセル【出演】ホアキン・フェニックス/ジョン・トラボルタ/ジャシンダ・バレット/ロバート・パトリック【公開日】2005/5.21【製作】アメリカ【ストーリー】ボルティモアの穀物倉庫で大規模な火災が発生!仲間と共に駆け付けた消防士のジャッ
シネマをぶった斬りっ!! | 2005/05/24 2:13 AM
【監督】ジェイ・ラッセル【出演】ホアキン・フェニックス/ジョン・トラボルタ/ジャシンダ・バレット/ロバート・パトリック【公開日】2005/5.21【製作】アメリカ【ストーリー】ボルティモアの穀物倉庫で大規模な火災が発生!仲間と共に駆け付けた消防士のジャッ
シネマをぶった斬りっ!! | 2005/05/24 2:14 AM
またまた映画を観に行ってしまいました(笑) 【ネバーランド】以来、あまり映画を観れていなかったので、その反動とも言える位の 勢いで観ていた、GW振替一週間でした。 キングダム・オブ・ヘブン、ブレイド3と観て来ましたが、私の中で何処か物足りない 感じがして
★BREAK’N DOWN THE TRASH・TALK★ | 2005/05/24 2:21 AM
ホアキン・フェニックスの新作映画、「炎のメモリアル」の試写会に先日行ってきました。 会場は東西線竹橋駅から徒歩5分の日本教育会館一ツ橋ホール。 9.11事件にインスパイアされて作られた、消防士リスペクト映画らしい。 主演のホアキン・フェニックスは「グラディ
HIGH and DRY | 2005/05/24 2:26 AM
邦題:炎のメモリアル 原題:LADDER 49 監督:ジェイ・ラッセル 出演:ホ
Pocket Warmer | 2005/05/24 5:13 AM
■ 炎のメモリアル 原題:LADDER 49   今日も、名もなきヒーローたちが     情熱だけで命を救う。   人命救助(レスキュー)に全てを捧げた一人の消防士の成長と、家族や仲間たちとの強い絆を、リアルな火災シーンとともに
ヲイラのだいあり? | 2005/05/24 6:41 AM
炎のメモリアル 評価:70点 なかなかいい作品です。 中身は、友情あり、恋愛あり、家族愛あり、上司への信頼あり、の盛りだくさんの感動の人間ドラマで、アクションシーンを期待する人は少し肩透かしを喰うかもしれません。 ヒーローになり過ぎない程度に、一人の
平気の平左 Blogの巻 | 2005/05/24 7:02 AM
「炎のメモリアル  LADDER 49」 9.11同時多発テロの現場で、英雄的な活躍を繰り広げた消防士たち。 -彼らに心からのリスペクトを捧げたい-   監督 :  ジェイ・ラッセル 主演 :  ホアキン・フェニックス / ジョン・トラボルタ /       / ブ
こころ三昧 想いのままに・・・・ | 2005/05/24 7:50 AM
「炎のメモリアル」 自分の仕事に誇りが持てるかどうか。これは毎日の生活を充実させるかどうかを決める大きなポイントでしょうね。そのためには、何のために仕事をしてい
人生はお伽話もしくは映画のよう | 2005/05/24 8:10 AM
5月1本目の試写会が5/10だなんて今月はスタートが少し遅いって感じかしら?でもGWもあったし4月最後の試写会以降2本の試写会をブッチ?しちゃったので仕方ないかな?とも思っています。で、今月1本目は「炎のメモリアル」です。最後に映画についてコメントしたの
旦那にはひ・み・つ (☆o☆) | 2005/05/24 9:03 AM
ホアキン・フェニックス、ジョン・トラボルタ出演。 ベテラン消防士のジャック(ホアキン・フェニックス)は、ある火災現場(ビルの12階)で、逃げ遅れた人を助けた後、床が崩落し、怪我を負います。一人では逃げる事が出来ない為、仲間が救出に向かいますが、難航。 そ
Movies!! | 2005/05/24 9:31 AM
2005/05/12(木)に映画『炎のメモリアル』を観ました。今日はその感想。 感想:主人公ジャック・モリソン(ホアキン・フェニックス)が配属されたのは、マイク・ケネディ(ジョン・トラボルタ)が署長の暇そうな消防署。「め組の大吾」のような設定です。炎上する倉庫
h_m_55’s diary | 2005/05/24 10:25 AM
映画「炎のメモリアル」の感想です
ジャスの部屋 -いん ぶろぐ- | 2005/05/24 11:25 AM
「炎のメモリアル」 九段会館で鑑賞 まず今日もトークショーからです。司会のクロさんの紹介で春の防火キャンペーンのキャラクターだった宇梶剛士、時の人乙葉、そして中越地震で皆川悠太君救出の東京消防庁ハイパーレスキュー隊隊長さん3人のトークショー。隊長さ
てんびんthe LIFE | 2005/05/24 11:42 AM
瞬時に劇中へと誘われる迫力の幕開け。 そこだけ良かった・・
Akira's VOICE | 2005/05/24 12:17 PM
2004年 米  監督 ジェイ・ラッセル 脚本 ルイス・コリック 音楽 ウィリアム・ロス 出演 ホアキン・フェニックス 、ジョン・トラヴォルタ 、ジャシンダ・バレット 、ロバート・パトリック 、モリス・チェスナット 「炎のメモリアル」公式サイト
ぺぺのつぶやき | 2005/05/24 12:34 PM
またまた試写会行ってきました。 2日続けて!! 今日はホアキン・フェニックス主演の 「炎のメモリアル」。 ↑ご覧のようにホアキンが炎に包まれるシーンいっぱい! ホアキン・フェニックスは 故リバー・フェニックスの全然似てない弟。 ちょっとあやうい
自称・美人デザイナーのひとりごと | 2005/05/24 12:46 PM
仕事を愛し、仲間を愛し、家族を愛した一人の消防士の人生の軌跡を、リアルなまなざしで描いたヒューマン・ドラマ。 デジタル合成やセットでの撮影ではなく、実際に現場で“本物の炎”を使用しての撮影が行われたという、そのリアルな火災シーンは圧巻の見応えです。 
シアフレ.blog | 2005/05/24 2:11 PM
3.2点 消防士さんって大変。俺あらすじ:穀物倉庫で大規模火災が発生!ジョアンは消防士として救助者の探索に乗り出すがその時火災で大規模な陥落が起こり一人炎の中取り残される。霞む意識の中で思い浮かぶのは消防隊入隊の日々、そして愛するリンダの顔だった・・・
映画と本。 | 2005/05/24 3:59 PM
「炎のメモリアル」を昨日見に行ってきた。 とある大きな穀物倉庫の火災現場から話は始まる。 49はしご隊に所属する「ジャック」は、逃げ遅れた男を救助したものの床の崩落にあい 階下に転落、薄れ行く意識の中でジャックは新人として隊に配属されてか
日々是遊戯 | 2005/05/24 6:15 PM
炎のメモリアルというやつですホアキン・フェニックス主演 あとジョン・トラボルタがいました。では ざっくり感想。↓もうすげぇ火事のシーンが多い!!いっぱい!!火事だらけ!!『どかーんッ』とか多い。呼び出しのベルも多い。鳴る度にビクっとする。ホアキンはち
NASHIPEZweb | 2005/05/24 8:33 PM
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ 1本目をお気楽に楽
本と映画と音楽と・・・お酒が好き | 2005/05/24 8:42 PM
明日21日から一般ロードショーの「炎のメモリアル」 先日、映画館で観た予告はそれだけで涙が出そうなとってもすごい映画でした 手に汗握るようなシーンの連続や悲しいシーン 映画を観終わった時どんな顔になってしまっているやら・・・ あぁ〜すっごく楽
むっちゃどじ! ありまくり日記 (≡д≡) | 2005/05/24 8:53 PM
炎のメモリアル・・・熱かった・・・ 私は泣きませんでした。 ただ、心の中で、敬礼しました・・・ 姿勢を正して、右手を上げて、心から感謝を込めて、 最敬礼しました。 人を救うことの素晴らしさを知ってしまったLADDERたちは、自分の使命に誇りを持
(T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T) | 2005/05/24 8:59 PM
いきなりクライマックス!? ふつー前フリ、タイトル、本編、でしょ?いきなり落ちるんでビックリしましたよ。 そして回想シーン突入。いかにも助からないニオイがプンプンですね。  余談ですが、回想シーンになったとたん「アラ助かったのね」というヒソヒソ声が聞
世界は映画でまわってる。 | 2005/05/24 9:34 PM
公開日 2005年 5月 21日 2004年製作 アメリカ ジャンル ドラマ 期待度 ★★★★☆ 監督 ジェイ・ラッセル 製作総指揮 アーミアン・バーンスタイン、マーティ・P・ユーイング 脚本 ルイス・コリック 音楽 ウィリアム・ロス 出演 ホアキン・
CLII -映画のような恋をして- | 2005/05/24 9:48 PM
「炎のメモリアル」を見てきました。勝手に映画評は、こちらから。 消防士の活躍を描
かなり週刊:にっき | 2005/05/24 9:55 PM
4月7日(木)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて 今日は嬉しい劇場試写会だ。 ここでの試写会は10月に観た『SAW(ソウ)』以来だと思う。 今日の映画は『炎のメモリアル』。 ここでの試写会は、試写状を事前にカウンターで座席指定チケットと引き替える仕組みにな
日々の記録と、コラムみたいなもの | 2005/05/24 10:17 PM
炎のメモリアル鑑賞しました。 レスキューに命を捧げる消防士たちの人生を描き、 全米を熱い涙で包んだ感動大作! 9.11の同時多発テロの現場で、英雄的な活躍を繰り広げた 消防士。彼らに捧げる映画とのこと。 レディスディでしたが、2分の1くらい
Cafeアリス | 2005/05/24 11:20 PM
邦題:炎のメモリアル 『ボルティモアの穀物倉庫で大規模な火災が発生。現場へ駆けつけた消防士のジャック・モリソンは、爆発の危機をはらんだ建物の中に飛び込み、12階に取り残された生存者の救出に全力を尽くすが、火の手は上がり、床が抜け、彼はまっさかさまに落ち
なおのオススメ文芸。 | 2005/05/24 11:37 PM
 2004年/アメリカ  監督/ジェイ・ラッセル  出演/ホアキン・フェニックス      ジョン・トラボルタ  9.11の同時多発テロの現場で活躍した消防士たち。彼らに捧げられた映画です。  ボルティモアの穀物倉庫で起こった火災に駆けつけた消防士のジャ
It's a wonderful cinema | 2005/05/25 12:18 AM
試写会の応募をしていたことも忘れてましたが(シャークテイルを観た時だな)、先週末、当選しましたハガキが来たのでもちろん、行ってきました〜!!一緒に観た連れの評価は満点です。男好きする映画だそうです(笑)主演はホアキン・フェニックスにジョン・トラボルタ
kaoritalyたる所以 | 2005/05/25 12:40 AM
TBありがとうございました!私も題名がちょっと気になってしまいました。観終わると、原題の方がいいな・・。って思いますが、観る前だとイメージが伝わりにくいですね。でも、メモリアルってどうよって思ってしまいました。ホアキンや他の役者さんたち、なんとなくほ
003 cinema | 2005/05/25 1:12 AM
娘が中間テストを2週間後に控えているので試写会を控えてたんですが、ちょっと一息(
Miho's blog | 2005/05/25 10:37 AM
自分の”命”を賭けて他人の”命”を救う仕事 それが、消防士!世界中のヒーロー(消防士)に捧げるヒューマンドラマ ●特にこんな人にお薦め −世界中の消防士 −夫を支える強いお母さん達 人気映画・TVBLOG←今日の順位は?! (以下ネタバレ注意)
映画の花道 | 2005/05/25 11:05 AM
予想通り、予定通りの映画。 私は自他共に認めるかなりの涙もろさなので、 消防士も
パフィオ - People of About Forty Years Old - | 2005/05/25 5:04 PM
ゆっくりとした動作での「敬礼」は、格別の趣があるものだ。 ジョン・トラボルタは、
cococo | 2005/05/25 5:10 PM
ん。ベンキョーはどうしたとかきかんでね?(笑) 炎のメモリアル って映画が今度21日からロードショウです。 9・11で亡くなった消防士たちに捧げた映画。 そしてまた、消防士たちの活躍などにスポットをあてたものだそうです。 一つ間違えば「死」と
●飛べない鳥と溺れる魚● | 2005/05/25 5:32 PM
試写会です(この間、速達で来たハガキ(^^;)消防士の話で、内容はとっても解りやすいです。…まぁ細か〜い所で気になる所はあるかもしれませんが(^^; ちょこちょこっと笑いを誘う場面もあります (^mm^) それにしても火災現場の映像は凄かったです(@_@; 役者さん達も
はな*chanの日記 | 2005/05/25 7:52 PM
今週公開と来週公開には観たい映画が結構あるので、 普段は封切り初日なんて混んでいそうで行かないけど鑑賞した。 面白いしまとまっているしよく出来た映画だった。 もちろん迫力もあったしストーリーも良かったし。 でも十数年前の「バック・ド
映画君の毎日 | 2005/05/25 8:57 PM
「バニッシャー」で哀れな最後の姿のトラボルタにいたたまれない気持ちのままだったのですが、今回はとってもりりしくて上司としても頼もしいトラボルタが見れて感無量[:ときめき:]こんなにも善人なトラボルタを見たのは映画館では初めてでした。 フォアキン・フェ
Lovely Cinema | 2005/05/25 9:35 PM
試写会「炎のメモリアル」開映18:30@よみうりホール 「炎のメモリアル」LADDER 49 2004年 アメリカ 配給:東宝東和 監督:ジェイ・ラッセル 出演:ホアキン・フェニックス、ジョン・トラボルタ、モリス・チェスナット、    ジャシンダ・バレット、ロバー
こまったちゃんのきまぐれ感想記 | 2005/05/25 10:36 PM
   「炎のメモリアル」 この映画、はじめ全く観る気はなかったのだけれど、 評論とかで、けっこう褒められていて。 アメリカで公開になったときも、けっこうヒットしていたので、急に観たくなった。 ということで、初日に行ってきました。 消防
尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 | 2005/05/25 11:36 PM
タイトル:ladder49 製作  :2004年(日本公開2005年5月) 監督  :Jay Russell 出演  :John Travolta、Joaquin Phoenix 悪い意味では無くただの消防士の話であるこの作品は、「9.11で活躍した消防士にリスペクトを捧げる作品」的に宣伝している。 しかし、活躍
リンリン映画倶楽部 | 2005/05/26 10:30 AM
炎のメモリアル試写会に行ってきました。 ひさしぶりに見た感動作品ですね。泣けました。 ある消防士のお話です。 現在と過去を繰り返しながらストーリーが進んでいきます。 映像にはあまりCGを使うことなく、炎は本物が使われているそうです。 そのせ
おすすめ映画&DVD情報 in ふりげ! | 2005/05/26 9:53 PM
★本日の金言豆★ホアキン・フェニックスのデビュー当時の芸名はリーフ・フェニックス 最近絶好調の”2世スターならぬ弟スター”ホアキン・フェニックス主演のヒューマン・ドラマ。 火事場アクションもある消防隊映画とくれば、あの遊園地のアトラクションにまでなっ
金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 | 2005/05/28 3:13 AM
消防士。自己犠牲を伴う仕事。使命感がないと、とても出来ない。命がいくつあっても足りないと思った。「君の死を悼むより生き方を讚えたい!」トラボルタのセリフに胸が熱くなる。「なぜ炎の中に入れるのか?」「人を救うため」その勇気に感動する。ジャック個人の物語
こぶたのベイブウ映画日記 | 2005/05/29 1:43 AM
命を懸けて、仕事をする人たちを描く作品というのは多いですね。警察、軍隊、救急な
Marさんは○○好き | 2005/05/30 9:17 PM
あらすじ 新米消防士のジョン(ホアキン・フェニックス)は、先輩からの強烈な“洗礼”を受け、ボルティモア消防署に温かく迎え入れられる。消火活動にあたるポンプ隊に配属されたジョンは、まもなく署長のマイク(ジョン・トラボルタ)の指導の元、初出動を向かえ
Key Person Q blog | 2005/06/02 1:04 PM
試写会に行ってきましたぁ! 世間が「コンスタンティン」で盛り上がっている最中 正直、このような映画があったのを知りませんでした〜 まったく、次から次へと新作映画の波は留まる事を知りませんね〜(^o^;はは♪ ←実は喜んでる {{{ボルティモアの穀物倉庫で
こっちゃん と 映画をみまちょ♪ | 2005/06/03 11:35 AM
★ストーリー 『新米消防士のジャック・モリソン(ホアキン・フェニックス)は、先輩からの強烈な“洗礼”を受け、ボルティモア消防署に温かく迎え入れられる。消火活動にあたるポンプ隊に配属された彼は、署長のマイク(ジョン・トラボルタ)の指導の元、一人前の消防
一年で365本ひたすら映画を見まくる日記 | 2005/06/04 1:38 AM
 この映画、紹介したくてウズウズしていました。私の2004年のベストテンでは、4位になっていますが、限りなく1位に近い作品です。    すごくいい映画です。泣けます。ただ、誰でも泣けるというわけではない。多分、三人に一人くらいでしょうか。主人公ジャックの
シカゴ発 映画の精神医学 | 2005/06/05 6:13 AM
「LADDER49」〜炎のメモリアル〜を観に行ってきた。消防官のお話。アメリカの消防官は子供達のヒーローで憧れの職業。日本とはちと事情が違う。消火の仕方も待機時間も、ちと違う。同じ隊から何人も殉職者や大怪我をする人が出るのもアメリカやからって感じ。凄
HAPPYMANIA | 2005/06/06 3:13 AM
ジョン・トラボルタがちょっと苦手なので敬遠してたけど・・・ こないだDVDで観た「ヴィレッジ」の主演・ホアキン・フェニックスが出てるので観てみる事に・・・ 原題は「LADDER 49」。 2004年製作の消防士系アクション・ドラマ、116分もの。 あらすじ ボル
ひらりん的映画ブログ | 2005/06/08 3:57 AM
危険を顧みず、炎に立ち向かう、人命救助のために・・・そしてその時、愛する人は、家族は。。。 もし自分のダンナの仕事が命の危険にさらされる仕事だったら・・いや、ムリだ、私のような軟弱者には想像できない。。 「家族を愛し、仕事を愛し、全力で生きたあなた
future world | 2005/06/09 12:03 AM
週末公開だった、「炎のメモリアル」見に行ってきました。 消防士の映画なんですが、号泣モノです。 とにかく泣けます。 最後は、あちこちですすり泣く声が聞こえてきました。 もとは、ニューヨーク同時多発テロで勇敢に現場で救助活動を行いながらも、第2波の崩
東久留米の車窓から | 2005/06/09 8:14 AM
邦題:炎のメモリアル 『ボルティモアの穀物倉庫で大規模な火災が発生。現場へ駆けつけた消防士のジャック・モリソンは、爆発の危機をはらんだ建物の中に飛び込み、12階に取り残された生存者の救出に全力を尽くすが、火の手は上がり、床が抜け、彼はまっさかさまに落ち
なおのオススメ文芸。 | 2005/06/17 12:38 AM
ボルチモアの穀物倉庫で大規模な火災が起きた。 「Laddar49」に配属する優秀な消防士ジャックは、倉庫に取り残された3人の救出に成功するが、その直後に起こった爆発で床が崩落、瓦礫と炎の海の中に一人取り残されてしまう。 朦朧とした意識の中で、彼は自分がまだ新
ひとりごと | 2005/06/18 8:55 PM
としです。
としの備忘録 〜最近物忘れが激しい | 2005/06/19 9:32 AM
    アメリカの消防士さんの活躍と苦悩を描いた作品。 最近私が気に入っているホアキン・フェニックスが、ヒーローでは なく、ひとつの職業として消防士を選んだ普通の人を演じている。 ささやかだけど感動させるいい話なんだろうが、ヒネた私は9.11が なければ作ら
小確幸を探して | 2005/07/24 1:03 AM
炎のメモリアル いつも、みなさまのところへお邪魔しても、見ていない新作映画のレビューは、スルーさせて頂いているんだケド、このレビューは、チラチラ目に入ってしまって、泣ける映画だということがわかっていたんだケド、、、 結果、泣けませんでした。 ん〜、、
猫姫じゃ | 2005/09/25 3:06 AM
消防士は命をかけて、現場に向かう。そして、火という恐怖と戦いながら、人の命を救う。そこには俗世間の出世や欲望といったことは微塵もない。 なぜ、消防士は命をかけられるのか?
私でもいいですか? | 2005/09/26 3:57 PM
炎のメモリアル プレミアム・エディション 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント 発売日: 2005/09/22 メディア: DVD 年度: 2004国: アメリカ公開日: 2005年5月21日レスキューに命をかける現代の英雄・消防士の人生を真摯に描いた、感動のヒューマン
最近の出来事 | 2005/10/02 1:26 AM
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは9・11同時多発テロの現場で尊い命を捧げ英雄的な活躍を繰り広げた消防士達に心からのリスペクトを…と作られた作品「炎のメモリアル」です。CGではない大
本と映画と音楽と・・・お酒が好き | 2005/11/14 12:26 AM
『炎のメモリアル』 2004年アメリカ(116分) 監督:ジェイ・ラッセル 出演:ホアキン・フェニックス    ジョン・トラヴォルタ    ジャシンダ・バレット    ロバート・パトリック    モリス・チェスナット ★ストーリー★ ボ
WILD ROAD | 2005/12/14 5:14 AM
原題:Ladder 49 9・11、あのツインタワーに突っ込んでいく旅客機たち、テレビのニュースのその映像は、まるで映画のワンシーンを見ているかのようだった・・。 この映画は、衝撃的でまだ記憶に新しいあの同時多発テロで、救助に活躍し、あるいは命を落と
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/06/29 7:28 PM
ハッキリいうと何てことのない映画なのですが、構成がいいです。入り方もストレートで、回想での仲間達・上司のあたたかさや主役の彼の赴任後の人生をうまく簡潔に描いてます。一重に構成のおかげでしょう。順番にえがくとだらけて極単純なドラマクラス以下になるところ
取手物語〜取手より愛をこめて | 2006/10/01 7:56 PM
評価:★7点(満点10点) 2004年 116min   監督:ジェイ・ラッセル 主演:ホアキン・フェニックス ジョン・トラボルタ      ジャシンダ・バレット ロバート・パトリック 【あらすじ】 ボルティモアの穀物倉庫で大規模な火災が発生
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/10/04 2:34 PM
家族を愛し、仕事を愛し、全力で生きたあなたが誇りだった。
Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2009/09/15 4:22 AM