なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「ミリオンダラー・ベイビー」(試写会)
夜の闇は夢を見せてくれるのに、
昼の明かりは全ての現実を隠してくれない。

原題:「Million Dollar Baby」
監督・主演・音楽:クリント・イーストウッド
出演:ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン
本編:133分

ミリオンダラー・ベイビー
ミリオンダラー・ベイビー


Story
「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)は、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップ(モーガン・フリーマン)と、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。有望株のウィリーは、教え子を大事に思う余りタイトル戦を先延ばしにするフランキーにしびれを切らし、他ジムの敏腕マネージャーの下へと去ってゆく。フランキーはスクラップが現役だった当時にタイトル戦を急いでしまったがために、選手生命を絶つ怪我を負わせてしまったことに負い目を持ち続けていた。
そんな折、フランキーの前に現れた31歳の女性ボクサー、マギー(ヒラリー・スワンク)。マギーはフランキーの指導を乞うが、昔気質のフランキーは女のボクサーを認めようとしない。だが連日ジムに通い詰めるマギーの一本気さに、やがてフランキーの心も揺り動かされ始め、自分に意見をしないこと、女性扱いはしないことを条件に彼女を鍛えることを承諾する。

公式サイト

※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。

僕の感想は↓。


CMとかの宣伝の仕方からするとサクセスストーリー風じゃないですかね?もちろんそういう側面自体はあるんですけどね。サクセスした後の方が長いです。時間じゃなくて、重みが。重みが長いって変ですね。(^^;

主人公はフランキーとマギーの2人、そして物語の語り部としてスクラップが存在しています。オスカーを受賞した2人(主演女優:ヒラリー・スワンク、助演男優:モーガン・フリーマン)、そしてノミネートしたイーストウッド(主演男優)、派手なことはしてません。70を超えてるイーストウッドは多少の体力的な無理はしているかもしれませんが。この3人の間には甘い恋愛感情もベタベタな友情もない。そこにリアルなドラマを感じ、決して起伏の大きくない物語を退屈なものと感じさせなくする。

今時のハリウッドぽい演出なんてありません。ボクシングのシーンでパンチが一発当たる間にカメラが2人のボクサーの周りをぐるりと廻っちゃったり、パンチが当たった顔が透けて骨の軋む様をCGで表したり、そんな絵は全く出てこない。影の濃い映像、光を当てて絞るという映画らしい絵を全編で見せられる。夜のシーンが多く、ジムの明かりはいつもぼんやりと点き、試合中のホールも華やかとは言えない明るさ。そして昼のシーンは少ない。

昼はバイトに精を出すマギーということもあり、夜のシーンが多い。また他のボクサーが帰り照明が落ちた後に一人だけで練習を続けるシーンも多く、薄明かりの中に浮かぶ彼女のシルエットであったりとか、そこに暗闇の中から現れるフランキーやスクラップだったりする。それは闇の中で光の差す場所を求める者の姿であり、闇の中から現れる一条の光りをもたらす者の比喩である。闇の中には明日を夢見させてくれる希望の光が差している。

その対比として、昼にはマギーの家族が登場するシーンが何度かあるが、夜に見た夢、叶った夢を次々を打ち壊す現実を見せつける。明けない夜はないのに、昼の明りは無常にも厳しい現実と彼女の顔の傷をさらけ出す。

決して楽しいドラマではない。デートムービーにももちろん向かない。一人で観るべき作品かも知れない。正直言って辛過ぎて涙も出てこない。そんな映画です。誰に勧められるものやらとも思いますが、観て良かったと言える作品です。

※この映画において、アメリカ、アイルランド、ゲール語といったキーワードに対しての理解がないと分からない部分が結構あるようです。僕にはそういった知識は全くありませんでしたが、鑑賞後でも「あぁ、そういうことだったのか」と理解を深めてくれる意義はありました。

・参考にさせて頂きました「シカゴ発 映画の精神医学


字幕に疑問。
「7、8、9、10」
と10カウントまで一発で出したらその時点で勝敗が分かっちゃうじゃん!
確かに分かり切ったような場面かも知れない。が、台詞自体に多少なりとも緊張があっても、字幕が台無しにしてしまっている。

※追記
CMでの見せ方の問題を書いていたのですが、やはり「思っていたのと違う」「期待していた作風じゃなかった」みたいな投書でも続いたのでしょうか。かなり趣の違うものに変わりました。
で、今度は説明し過ぎ。そこまで見せてしまってどうする?安易過ぎて呆れる。とは言い過ぎでしょうか。
スポンサーサイト
- | 00:15 | - | -
コメント
from: パピ   2005/05/07 5:37 AM
TBありがとうございます。 確かに暗がりが多い映像でしたよね。 なつきさんの言うように、光と影、闇を効果的に使い分けていたんだなあ、と改めて思い起こしました。 リンク先は、ちと映画のネタばれになってしまうのですが、最近の事件でどうしてもマギーとフランキーのことが想起されてエントリーしたものです。 ヒマがあったら、眺めてください!
from: なつき   2005/05/07 1:43 PM
パピさん、コメント&トラバありがとうございます。
そうそう、僕もその話題について書こうかどうか迷いました。
タイミング的に、この事件(とするべきか分かりませんが)が映画に影響を与えてはいないとは思うんですが、
映画を観終わると想起される出来事ではありますね。
ただ、それについて触れると相当にネタバレ感が強くなるのと、映画から話題が離れてしまいそうにも
思えたので、遠慮しちゃいました。
ただ、パピさんの記事から「あぁ、やっぱり同じことを考えてる人はいるな」と感じました。
ローマ法王の話は考えさせられました。ありがとうございました。
from: とかげ   2005/05/08 5:24 AM
なつきさん、こんにちは☆
この映画、試写会に応募しようか迷っていました。
うーん、まだ迷っています(><)

記事、参考にさせていただきました☆
ありがとうございました♪
from: chic   2005/05/09 2:42 AM
トラックバック有難う御座います。
アカデミー賞獲った事でもあるし、観るのを楽しみにしている映画です。
観て、記事を書いたら、また、お邪魔させて戴きますね。
from: なつき   2005/05/09 9:03 AM
とかげさん、コメントありがとうございます。
とりあえず当てるだけ当てておくのもあり。
行かないなら誰かに差し上げて恩を売る。
てのじゃだめ?(^^;

chicさん、コメントありがとうございます。
ぜひぜひ鑑賞後の感想コメント下さい。
お待ちしておりますよ。
相当に地味ではありますが、見応えのある作品だと思います。
from: GO   2005/05/14 12:39 AM
はじめまして。
映画は未だ観てませんが、原作は好きです。
TBさせて頂きました。
from: なつき   2005/05/14 11:55 AM
GOさん、はじめまして。
コメント&トラバありがとうございます。
原作と比較するとそれに対する優劣というのも出ちゃうでしょうね。
一般にストーリーという面では映画は小説に叶わない気がします。
ただ、この作品は映画らしい表現という部分で観るべきところが
あるんじゃないかと思っています。
是非、ご覧になってからの感想をまたお聞かせ下さい。
from: ともや   2005/05/20 12:59 AM
こんばんは、なつきさん
>正直言って辛過ぎて涙も出てこない。
ともやもまったく同じでした。
もういろんなコトが頭の中を駆けめぐって、圧倒されたままに終わってしまったって感じです。
何が正しくて、何が正しくないか。
そんな線引きの出来ない物事ってありますよね。
答えの出ない結果なんだろうけど、未だに考えさせられますよ。
from: なつき   2005/05/20 1:37 AM
ともやさん、コメント&トラバありがとうございます。
ですよね。
映画の中でもそうですし、答えを出す話ではないように思えます。
人間の業の深さを描いていて、人生を生き切る難しさを痛感します。
from: marimo    2005/05/20 8:43 PM
こんばゎ♪ 
TBして頂けるようなコメントなんて載せていないにも拘らず、TBありがとうございました(*_ _)

「シカゴ発 映画の精神医学」見てきました。
「消えゆく言語」であるゲール語に、年老いた「消えゆくボクサー」フランキーを重ね合わせて描いている。そして、この映画のラスト。
「消えゆく××」が、テーマであったことに、気付かされる。
・・・本当にそうでしたね。
人間同士の愛にふれながら、
消えゆく××・・・人はどう生きるべきなのか・・・
ということを考えさせられた気がします。
from: なつき   2005/05/21 10:35 AM
marimoさん、コメント&TBありがとうございます。

> TBして頂けるようなコメントなんて載せていないにも拘らず、TBありがとうございました(*_ _)
いえいえ、小さな感想でもTBやコメントで繋がっていくと楽しいですし。
僕も大したことは書けてませんからね〜。

意図的に抑制した演出の作風ですから、物足りなく感じる人もいると思いますし、
そこにリアルを感じる場合もあると思います。
「映画なのにエンターテイメントの要素を切り捨ててしまっていて観ていて辛いだけ」
という評価もあるようですしね。難しい作品です。

> 「シカゴ発 映画の精神医学」見てきました。
いくつか観た中ではここが一番面白い考察をしてます。
とても勉強になったんで紹介しちゃいました。
from: ななな   2005/05/26 6:51 PM
TBありがとうございました。
重い映画ですよね。
本当に映画を見たって感じでした。
友達と見たあとに何を話せばいいかわかりませんでした。それくらい気持ちが混沌としていました。
そんな映画でしたが私も見てよかったと思います。

私も字幕に疑問!!
あっ勝っちゃうんだと何度も思いました。
from: なつき   2005/05/27 10:47 AM
なななさん、コメント&TBありがとうございます。
重いです。
「映画とはエンターテインメントじゃなければならない、楽しくてなんぼだ」
と、この映画を否定する人もいらっしゃるようですが、
全てがそうである必要はないと思っています。
誰にでも勧められる作品ではないかも知れません。
でも、観たことで心の中に何かを残してくれる良い映画でした。

字幕はなー。
納得行かないです。
字幕は観客に取って演出の一部だという認識が弱いのではないかと疑問。
from: ari   2005/05/28 8:32 PM
今日見たけど、最後の結末が、。。。。。。。。。。。

from: なつき   2005/05/30 10:22 AM
ariさん、コメントありがとうございます。
ラストの衝撃が強過ぎましたか。
確かに、強烈ですよね。
終盤の展開からありえないことはないと思っていたのですが、
静かに、淡々と描いてしまったところがまた・・・。
from: masa   2005/05/31 2:12 AM
この映画のラストは辛いだろうか。
自分にはそうは思えない。

ならば、毎日やりたくもない仕事を家族のためをいいわけにして、賢く手堅く安全に刺激なく薄っぺらく生きた人間の最後は辛くはないのか。

最高の人生に自分で幕を引けるなど、
これほどの至福がどこにあろうか。
from: なつき   2005/05/31 9:59 AM
masaさん、コメントありがとうございます。
ネタバレありのコメントなので、まだ映画を観てない方はご注意。





マギーに取ってみれば、太く生きて自分で選択しての道ですよね。
でも、幕を引いたのはフランキーです。
マギーは望んだだけであって、自力ではないのです。
フランキーは辛かったはずです。それははっきりと映していましよね。
マギーは幸福だったかも知れません。それさえも間違いのない事実ではありませんが。
from: ゆう   2005/06/07 6:54 AM
トラックバックありがとうございます。
僕もこの作品は1人で観るのが良いと思います。そして何かを感じ何かを得る。そんな作品だと。
from: あかん隊   2005/06/07 7:03 AM
TBありがとうございます。
こちらの記事の、最初の2行、すてきですね!
さすがだな〜、と思いました。こんな表現で集約できるんですね。この映画は、もう一度観に行く予定です。大事に、ゆっくり味わいたいと思っています。
from: みずほ   2005/06/07 8:29 AM
TB、ありがとうございました。
「昼に潜む闇と、夜に映し出される明かり」
なつきさんに言われて、改めてそう思いました。
ラストシーンを含めてすごい映画ですね。

フランキーが神父に何度も「神の存在」を
尋ねているシーンを思い出しますが
神でさえ、救いにならないフランキーの孤独の大きさを感じました。
上手いことは、何ひとつ言えませんが
とても考えさせられる映画でした。

私もTB、させていただきます!
from: ももママ   2005/06/07 11:37 AM
TBさせていただきました。
寝たきりの家族を介護している方、していた方には辛すぎる映画でした。しかし、映画はマギーとフランキーの活論の出し方を肯定しているのではなく、生きることの重さを表現したかっただけだと思います。イーストウッドは観客が帰ってから「私がマギーならどうするか?」と考えて欲しかったと思うのです。
べたべたしない愛情が心地よかったです!
from: 小夏   2005/06/07 12:38 PM
こんにちは。
TBありがとうございましした。
>正直言って辛過ぎて涙も出てこない
すごくよくわかります。
私は全く予備知識なしで観たので、その分衝撃が大きかったかも。
「生きる」ことを真面目に考えさせられた映画でした。
>字幕に疑問
これも同感です。
別に敢えて字幕なしでも問題なさそうな気もしませんか?(^^;
from: lotrleo   2005/06/07 1:06 PM
抑えた演出が、こんなに雄弁に語りかけてくるなんて。 観た直後は重さに圧倒されるのみでしたが、日が経つにつれていろいろな想いが湧き上がって来る映画でした。 その分、いろいろな方の感想や評を読むのがことさらに興味深く思われます。 洞察力のある文章をお書きになっていて、うらやましい。。。
こちらからもTBさせていただきました。
from: なつき   2005/06/07 2:23 PM
ゆうさん、コメント&TBありがとうございます。
人と一緒に観ても、すぐに言葉がでてこなく、また語り合う前に自分で考え、
噛み締め、その後にやっと何かが出てくる作品でした。

あかん隊さん、コメントありがとうございます。
>こちらの記事の、最初の2行、すてきですね!
これ、誉めて頂けちゃうと凄く嬉しいです。
最近、ちょっと凝ってます(笑)。
長い感想の前に、最初に「これは」と思って頂ける一節が書ければ
その作品や長い本文にも興味を持って頂けるかなと思い、頭をひねってます。

もう一回見たい気もしつつ、それも辛いかと考え悩む作品です。(^^;

みずほさん、コメント&TBありがとうございます。
神が人を救うわけでもなく、人も人を救い得ない。
ただ、それが全てにおいて救いのない世界だと言う結論でもないと思っています。
重く、難しく、考えさせられる映画ですね。
from: なつき   2005/06/07 6:07 PM
ももママさん、コメント&TBありがとうございます。
確かに、これは結論を提示したい話ではなく、問題を提起したいのでしょう。
そして、出ない答えに観客は悩むのです。
もちろん、即答できる方もいらっしゃるでしょうが。

小夏さん、コメント&TBありがとうございます。
試写会を観たタイミングでは、まだどんな話であるかの情報がなかったので、
衝撃は大きかったです。
「生きている」こと「生きる」こと「生きない」ことその先のこと、
考えることは多いですね。見ている間はただ圧倒され、見終わった後に頭の中に
色んなことがぐるぐると駆け巡ります。

確かにボクシングのカウントなんて、字幕なしで問題ないですよね。
それがわからないぐらいの人は観てないとも思うし。

lotrleoさん、コメント&TBありがとうございます。
お褒め頂きましてありがとうございます。(^^;
洞察自体には自信がないです。
深くできる方でもありませんし、せめて分かりやすくとは心掛けてます。
lotrleoさんの書き込みは読み応えがありました。
僕の見逃しているシークエンスもたくさんあり、気付かされる点は多かったです。
from: ミヤ   2005/06/07 10:40 PM
トラバ有難うございました。
こちらからもさせていただきますね。

昼と夜の映像にスポットをあてた評論、とても興味深かったです。
私もこの映画は1人でみたほうがいい、そして余韻を楽しんだほうがいいと思います。
友人と見てしまい、友人との温度差(苦笑)にちょっと寂しい気持ちになりました。

字幕の件は私も同感です。「10」のカウントだけ別にすればいい話なのにちょっとなぁ(遠い目)
勿体無いですよね。
from: chatelaine   2005/06/08 1:36 AM
はじめまして。TBありがとうございます。
私も、この作品は、光と影の演出が練られているなぁと感じました。フランキーやマギーの顔の撮り方も、陰影が強調されてましたよね。
人間ドラマって、やりつくされた感がありましたが、まだまだこんな良質な作品を撮ることができるんだなぁと感動しました。さすがはイーストウッド。

またのぞきにきますね!では。
from: なつき   2005/06/08 11:02 AM
ミヤさん、コメント&TBありがとうございます。
お褒め頂いちゃって恐縮です。(^^;
そうですね、人と見たときに単純に「良かったね〜」で済まない映画でしょう。

結構字幕の話に共感をして下さる人も多いみたいで嬉しいです。
字幕というのが演出に与える影響の大きさを作る人には自覚して頂きたいですね。

chatelaineさん、コメント&TBありがとうございます。
映画らしい、光と影の芸術でしたね。
常に計算され尽くした陰影が描かれ、画面に「意味」が与えられていたはずです。
70を過ぎ、まだまだ取り続けるイーストウッドは凄いですね。
from: jeanpaul-cinema   2005/06/11 10:53 PM
TBありがとうございました!!
またよかったら遊びにきてくださいね☆彡
from: なつき   2005/06/13 12:29 AM
jeanpaul-cinemaさん、コメントありがとうございます。
こちらにもまた遊びに来て下さい。
お待ちしております。
from: maemi   2005/06/13 2:09 PM
TBありがとうございます♪
たしかに内容が重く深いので誰にでも勧められる映画ではないですよね。
でも私も観て良かったなと思います☆
それからカウントですが私も観ながら『結果ばれてるじゃん!!』って思いました!笑!ドキドキ感が↓みたいな。

こちらからもTBさせていただきました★
また来ます(*´∀`)/
from: なつき   2005/06/13 2:59 PM
maemiさん、コメント&TBありがとうございます。
例えば、blogに観た映画のネタをわざわざ書き込んだりするのような人、
こういう層ならこの映画は「観てよかった」と思う人が多そうです。
でも、「なんとなく話題だから」、「賞をたくさん取ってるから」で
観に行った人の中に「うわ〜、期待したのと違う〜」人もいそうに思えて。
勧めるというよりは、紹介をして行きたいと思える人には是非観て欲しい映画かな。

カウントの話は結構同意される方、多いですね。
せめてDVDで直ってることを期待します。
from: Q   2005/10/09 3:07 PM
TBありがとうございました。

先日「シンデレラマン」を観にいきましたが、
どうしても「ミリオンダラー・・・」と比較してしまい、
「ミリオンダラー・・・」の作品の分厚さを再確認してしまいました。

ちなみに昨日の「王様のブランチ」でスポーツ映画特集をして取り上げられてました。
ストーリーを最後まで解説しており、
観た事がない人に対して不親切なのでは?
と感じてしまいました。
from: なつき   2005/10/11 1:19 AM
Qさん、コメントありがとうございます。
確かに「シンデレラマン」とじゃ、ですよね。
正直「シンデレラマン」が今撮るべき映画なのかというのも疑問ですけど。

この作品は確かに知らずに観ると衝撃も大き過ぎるかも知れません。
だからといって、テレビで紹介して良い筋ではないでしょうね。
from: 眞尋   2005/11/17 1:56 PM
はじめまして。
本当に最初の2行の詩が素敵ですね。
うんうん、と頷いてしまいました。
この結末は私にはとてもつらくて
胸がぎゅーっと締め付けられました。
見終わったあと、しばらく呆然としてしまいました。
from: なつき   2005/11/18 10:32 AM
眞尋さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>本当に最初の2行の詩が素敵ですね。
ありがとうございます。
これは自分の中でのこの作品を上手く表せたかなと気に入っております。

>この結末は私にはとてもつらくて
>胸がぎゅーっと締め付けられました。
辛い結末でもあります。
それでも尚、観ておいて良かったと思える作品でした。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/346
この前のアカデミー賞で主要部門4冠も獲得した 『ミリオンダラー・ベイビー』です。
コウの鑑賞人blog | 2005/05/07 12:34 AM
Million Dollar Baby ミリオンダラー・ベビー クリント・イーストウッド監督によるボクシング・マネージャーの実話の映画化
Audio-Visual Trivia for Movie & Music | 2005/05/07 12:39 AM
------あれっ、今日は別の映画について喋るはずでは? 『ミリオンダラー・ベイビー』のようなビッグタイトルは いつものように"週末にゆっくり"のパターンかと思ってた。 「うん。初めはそのつもりだったんだけど、 これは一言、早く言わなくてはと思って」 -----なに
ラムの大通り | 2005/05/07 12:56 AM
ようやく「ミリオンダラー・ベイビー」を観た。 予想していた内容とは、かなり違う"ドラマ"で、「ロッキー」的な内容を期待している方には全くお薦めできません。 ヒラリー・スワンクは大熱演で、2003年の「モンスター」のシャーリーズ・セロン同様、体を張ったと言
Butterfly Stroke | 2005/05/07 5:32 AM
オットは映画が大好き。金曜日の昼頃から「今日は何を見よう?」と頭は映画で一杯になる(はず)。たいていDVDを借りて家で見るのだが、今日は久しぶりに映画館に繰り出す。アカデミー賞に、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞などがノミネートされ
vivid memories | 2005/05/08 4:37 AM
第77回アカデミー賞結果。クリント・イーストウッド監督主演の「ミリオンダラー・ベイビー」が作品賞、監督賞を始め4部門受賞。「Ray」は、主演男優賞(ジェイミー・フォックス)と音響賞を受賞。
Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々- | 2005/05/09 2:44 AM
アアカデミー賞で主要部門4冠獲得作品。期待して観ました。最初のほう、ちょっとつらかった。ボクシングあんまりすきじゃないし^^;でもこれって、男くさいボクシングの映画じゃないじゃん。。後半、泣きっぱなし。(T-T) うぅぅぅ。。って胸が苦しくなるような涙がでま
シネマ パラダイス♪ | 2005/05/12 12:44 PM
第77回アカデミー賞4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)を獲得し、5/28から日本でもロードショー公開されるクリントイーストウッド監督の話題作の原作。邦題:テン・カウント(原題:ROPE BURNS)に納められている5つの短編と1つの中篇中の一つ。筆者
Remeber Tomorrow | 2005/05/14 12:37 AM
(原題:MILLION DOLLAR BABY) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) アカデミー賞で作品賞・主演女優賞・助演男優賞・監督賞の計4部門を受賞したヒューマン・ドラマ。 ロサンゼルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジム。そこを経営する老いたト
ともやの映画大好きっ! | 2005/05/20 1:00 AM
ミリオンダラー・ベイビー - Million Dollar Baby クリント・...
賢者の贈り物 | 2005/05/20 11:45 AM
久しブリに開いてみますた。 ...ってかぁ〜コノPC、ぢぶんのなのに 毎晩娘達に占領されておりマス[:しょんぼり:] ...ってかぁ〜高校生になった娘のお弁当作りのため毎朝早起き[:冷や汗:] 夜更かしも出来ない@ぢぶんゎ朝はメチャ苦手[:汗:] 今月になってG.Wも
† Sign † | 2005/05/20 8:44 PM
試写会「ミリオンダラー・ベイビー」開映18:30@サイエンスホール 「ミリオンダラー・ベイビー」MILLION DOLLAR BABY 2004年 アメリカ 配給:ムービーアイ、松竹 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド、ポール・ハギス、トム・
こまったちゃんのきまぐれ感想記 | 2005/05/20 10:09 PM
18日に『ミリオンダラー・ベイビー』の試写会に行ってきました。 TVブロスさんありがとうー、実は試写会って初めてです。 アカデミー賞主要4部門受賞の話題作ということで、ほぼ満員。 孤独な老トレーナーとハングリーな女性ボクサーの物語。 前半はボ
だらだら感想日記の日々 | 2005/05/21 2:38 AM
ネタバレにはなってないと思いますよ。多分・・・ 試写会でした。 今年度のアカデミー賞を獲りましたね。 イーストウッドは音楽もやっててびっくりしました。 才能が豊かですね〜。 それで映画なんだけど・・・何を書いてもネタバレになってしまいます。 かと言ってこ
映画を観たよ | 2005/05/21 12:27 PM
ヤクルトホール。クリント・イーストウッド監督、主演作「ミリオンダラー・ベイビー」試写会。 アカデミー監督賞、作品賞、主演女優賞、助演男優賞と主要四部門制覇。予告編を見ただけで予想出来てしまうストーリーに、期待はしていなかった。 前半、登場人物三人の人
試写会帰りに。 | 2005/05/25 4:39 PM
試写会で観てきました〜(^^) …けっこう空席が…(^^;ボクシングの話です…しかも、女性ボクサー!!トレーニングのシーンとか、鍛えてらっしゃる〜って体です。腹筋割れてる(@o@)きっとこの映画の為に鍛えたんでしょうね〜 試合のシーンもすごい(@_@)で、色々ある中で
はな*chanの日記 | 2005/05/25 8:08 PM
「ミリオンダラー・ベイビー」 イイノホールで鑑賞 泣こう!と思っていきましたが今日も空振りでした。会場はすすり泣き声、鼻水すする音…。 今日は全部ネタバレです。ジムを経営するフランクは強いボクサーを育てているがチャンピオンを目前にして皆彼の元を去っ
てんびんthe LIFE | 2005/05/25 11:47 PM
日経エンタテインメント!の試写会でなんと「ミリオンダラーベイビー」の招待状が届く
TINO的日記 | 2005/05/26 10:23 AM
『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・
I N T R O+blog | 2005/05/27 12:22 AM
ミリオンダラーベイビーは、アカデミー賞で作品賞など主要4部門を制した話題の作品ですが、その内容は気力の充実したクリント・イーストウッド監督渾身の最新作。ミリオンダラーベイビーのアカデミー賞4部門受賞は伊達じゃない。話題だけで興味を持って観ても、助演男
話題のナレッジベース | 2005/05/27 1:49 AM
***************************************************************** 『ミリオンダラー・ベイビー』盛り上げ企画(^^) 〜皆さんの「オイラの(^^)イーストウッド作品」をお教えくださ〜い!! ★5/28(土)から劇場公開の『ミリオンダラー・ベイビー』、 本作に
太陽がくれた季節 | 2005/05/27 2:45 PM
ミリオンダラー・ベイビー 上映時間 2時間13分 監督 クリント・イーストウッド 出演者 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン  特集ページ  私が試写会に行くには3つ理由がある。まず、新作がいち早く格安(葉書とか運
メルブロ(更新不定期) | 2005/05/27 5:29 PM
ミリオン・ダラー・ベイビー (MILLION DOLLAR BABY)を見ました。(試写会です) ご承知のとおり、第77回アカデミー、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の主要4部門を獲得。 クリント・イーストウッド監督主演、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンらの
ITニュース、ほか何でもあり。 | 2005/05/28 3:37 AM
監督 : クリント・イーストウッド主演 : クリント・イーストウッド / ヒラリー・スワンク /      / モーガン・フリーマン / 公式HP:http://www.md-baby.jp ミリオンダラーベイビー   最近の映画通は単なる絆の物語やサクセスストーリーじゃ感動で
MoonDreamWorks | 2005/05/28 3:29 PM
「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。勝手に映画評は、こちらから。 今年の
かなり週刊:にっき | 2005/05/28 5:36 PM
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!
Akira's VOICE | 2005/05/28 6:37 PM
ルールは守らないといけない。 (ネタバレの部分は反転で隠しています。未見の方気をつけて読んで下さい) 〜ストーリー〜 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)は、 23年来の付き合いとなる雑用係のスクラッ
みかんのかんづめ | 2005/05/28 11:20 PM
アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞の4部門でオスカーを勝ち取った 『ミリオンダラー・ベイビー』を見ました あらすじ 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒッ
■走食見聞録 《Brog》■ | 2005/05/28 11:51 PM
!けいを逆のとこいたりや。だいんなゃじ屈理はグンシクボ  この映画を観た直後に印象に残ったキーワードを書き出してみると、「110回目のプロポーズ」という言葉が残ってしまいました。「自分自身を守れ」とか「タフ・エイント・イナフ」よりもずっと強烈に・・・そ
ネタバレ映画館 | 2005/05/29 8:45 AM
地味な内容の作品ですけど、しみじみ味わい深いいい映画でした。 この作品、日本で下馬評が高かった「アビエイター」を蹴散らして アカデミー賞の主要部門を独占。アカデミーなんて全然アテにならな いと思ってる方なんですが、その時はあぁ、スコセッシ可哀相!
It's a Wonderful Life | 2005/05/29 11:18 AM
 アカデミー賞主要 4部門を受賞した超話題作。期待して観に行ったのですが,ラスト
求道者の失踪 | 2005/05/29 5:30 PM
その人にとっての幸せって何だろう・・・最近観た映画、「海を飛ぶ夢」「バタフライ・エフェクト」に続き本作も‘人生’‘道を選ぶこと’について考えさせられる内容だ。 特に最後の方は・・重い・・涙流れっぱなしの状態だった。。 133分という時間、長くは感じ
future world | 2005/05/29 5:55 PM
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★ ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド主演 鋭いパンチが炸裂し のけぞると、こちらも 同じような痛みを感じる そんな映画だった。 人は何を求めて 生きているのか。 「やりたいこと」がしたい。 よく耳に
soramove | 2005/05/29 6:04 PM
<ストーリー>ボクサーとしての成功を夢み、ウェイトレスをしながら自己流のトレーニングに励むマギーは、ベテラン・トレーナーであるフランクの門を叩く。昔気質のフランクは女性を拒むが、熱意に負け、二人三脚で頂点を目指すことにする。意外な素質を見せ、連勝街道
impression | 2005/05/29 10:31 PM
思った。 この人は映画がほんとに好きなんだ。きっと大好きなんだ。 イーストウッド。 自分で監督して自分で演じて自分で音楽を作る。 贅沢だ。でもこの人はできるんだ。 思った。 イーストウッド。 年とったなぁ。最初の30分、ほんとにこの人はイース
nahoritaのBrooklyn★Brooklyn | 2005/05/30 12:47 AM
   今や74歳となったクリント・イーストウッド監督 (余談ですが、イーストウッド監督のお誕生日は5月31日。もうすぐですね。)、30歳にしてオスカーに二度も輝くヒラリー・スワンク、ベテラン名脇役モーガン・フリーマン、この3人がいっしょにいるというだ
映画中毒 | 2005/05/30 9:28 PM
 “モ・クシュラ” ■監督・製作 クリント・イーストウッド ■脚本 ポ−ル・ハギス ■原作 F・X・トゥール ■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー  ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!
京の昼寝〜♪ | 2005/05/30 10:24 PM
日曜日は部屋の掃除、買い物、床屋、スポーツ・ジムのメニューをこなして、夕方から有
東京スロー日記 | 2005/05/30 11:16 PM
日曜日は部屋の掃除、買い物、床屋、スポーツ・ジムのメニューをこなして、夕方から有
東京スロー日記 | 2005/05/30 11:22 PM
第108回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ)  元アイドルと呼ばれる女性達。  下克上激しい芸能界、生き残れるのはほんの僅か。  旬を過ぎたアイドルは人気の低迷とともに、その人生も失墜してゆく。なぜかはわからない
まつさんの映画伝道師 | 2005/05/31 6:32 AM
■MILLION DOLLAR BABY ●「ミリオンダラー・ベイビー」、既にオスカーで主演女優賞、助演男優賞、作品賞、監督賞という主要部門を受賞した注目の作品。この作品、やっとGW明け、それも5月末という遅さで公開になる。 映画は始まりと同時に、一瞬にしてクリント
ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY | 2005/05/31 7:58 AM
クリント・イーストウッド監督の映画を観てきました。 アカデミーの四部門の賞受賞ほか、さまざまな映画の賞を獲得した作品ですが 見れば「納得」イーストウッド、あんたすごいよ! (って私が言わなくても皆知ってるちゅうの) ヒラリー・スワンクもタフで野心家な
新×3 もろもろ日記 | 2005/05/31 10:29 AM
「ミリオンダラー・ベイビー」   クリント・イーストウッドが主演・監督、 アカデミー賞で、主要4部門を制覇、 老トレーナーと女性ボクサーのストーリー。 予備知識はここまで。 いざ劇場へ。    米国の保証書付だが、そんなことは関係ない。 本当に良い作
わたしの見た(モノ) | 2005/06/01 9:11 PM
ミリオンダラー・ベイビー F.X.トゥール, 東 理夫 Million Dollar Baby [Original Motion Picture Soundtrack] Clint Eastwood, Kyle / Stevens, Michael Eastwood, Lennie Niehaus, Hollywood Studio Symphony Million Dollar Baby 監督:クリント・イース
I LOVE CINEMA + | 2005/06/02 12:21 AM
スポ根ではなくヒューマンドラマ。 第77回アカデミー賞4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)を獲得、「ミリオンダラー・ベイビー」見てきました。クリント・イーストウッド「ミスティック・リバー」も重かったけど、これも重かった。 古いボク
憂鬱Gretel  | 2005/06/06 9:05 PM
いよいよ公開になりました・・・今年度アカデミー賞主要4部門受賞作品。 ひらりんお得意のレイト・ショウで見ようと思ったけど・・・ ずるいチネチッタ・・平日はレイト設定無し、土曜はヘンな時間設定。 どうしても1800円取りたい作品らしいです。 まっ133分も
ひらりん的映画ブログ | 2005/06/07 2:00 AM
3日連続飲み会でした。 石塚です。
BIGLOBE平社員ブログ | 2005/06/07 2:43 AM
今年度アカデミー賞受賞作品とはいえ、観るつもりはぜーんぜんありませんでした。が、たまたま土曜日に見たsma-station4の月イチゴローで大絶賛していたので、ついつい観てしまいました。恐るべし、月イチゴロー。 ボクシング映画なのかと思ったら、とんでもなく
ADAGIO BLOG | 2005/06/07 2:59 AM
観てきました。(2004年 アメリカ) (ネタバレしてないつもりですが、難しい・・・) アカデミー賞4部門受賞ということで、かなり期待していた作品でした。 いや〜、重くて地味だけどいい映画でした。 なんといってもヒラリー・スワンクの熱演が光ってましたね
花太郎♀の日常 | 2005/06/07 6:20 AM
ご存知のように、本年度アカデミー賞作品賞を受賞した作品であり、待ちに待った一作です。 これは重く心に響く作品でした。色々と考えされられます。後半の展開は少し意外でしたね。映像(撮り方)がとても印象的でした。イーストウッド、モーガン・フリーマンはもちろん
★☆★ Cinema Diary ★☆★ | 2005/06/07 6:50 AM
とてもよかった。“モ・クシュラ”の意味をずーっと考えていた。答えは、ある。 「モ
cococo | 2005/06/07 6:59 AM
ミリオンダラーベイビー 評価:85点{/fuki_love/} 舐めてた。 かなりの衝撃を受けました、この映画。 予備知識ゼロで観に行ってもらいたいですね。 下手にネタバレして欲しくない映画です。 さぁ、いますぐ映画館にGO!! さて、今回はネタばれに気をつけて
平気の平左 Blogの巻 | 2005/06/07 7:20 AM
クリント・イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。私の中
mizuho's room | 2005/06/07 8:35 AM
地味な内容の作品ですけど、しみじみ味わい深いいい映画でした。 この作品、日本で下馬評が高かった「アビエイター」を蹴散らして アカデミー賞の主要部門を独占。その時はあぁ、スコセッシ可哀相! と思ったけど,まぁアカデミーなんて全然アテにならないと 思
It's a Wonderful Life | 2005/06/07 9:15 AM
道徳心と戦い、家族に失望し、自分の行動を後悔している人生の大半を終えた老人。 彼の前に現れた女性ボクサーに面くらい拒絶するも、結局は自分の下で育てあげる。 原作『ロープ・バーンズ』を読み、その男を演じたいクリント・イーストウッドが、 映画化しました。
【96粒の涙】 | 2005/06/07 9:39 AM
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド     ヒラリー・スワンク     モーガン・フリーマン 同じ境遇にありボクシングという世界に身を置くマギーとフランキーがお互いに思い焦がれるものを相手に重ね合わせながら栄光へと歩
Saturday In The Park | 2005/06/07 9:51 AM
アカデミー賞4部門受賞(作品賞、監督、主演女優、助演男優)に恥じない。ボクシングを通じで描かれた切ない人生と愛の感動ドラマ。泣きました。{/face_naki/} 2004年アメリカ ヒューマンドラマ 2005年6月1日 川崎チネチッタ 監督 クリント・イーストウッド 出演 
ももママの心のblog | 2005/06/07 11:31 AM
これはまあまあよかった。 最後の方話が重くなってくるのだが、それまでは淡々とした展開。 いい俳優演じる、いいキャラしとる爺さんのやり取りがよかったかな? 俺的に、イーストウッドの最後の判断はあれでよかったと思う。 しかし現実的に考えたら、俺はできないね
ё俺のブログё | 2005/06/07 11:50 AM
MILLION DOLLAR BABY 2004年、アメリカ 監督 : クリント・イーストウッド 出演 : クリント・イーストウッド      ヒラリー・スワンク      モーガン・フリーマン この物語は、 「人と人」とのラブストーリーだ... ――クリント・イーストウッド
七月のうさぎ | 2005/06/07 12:26 PM
>ミリオンダラー・ベイビー まず誤解されないように明記しておく。これから暫くの間、クリント・イーストウッド監督への暴言が続くと思いますが、実は「ミリオンダラー・ベイビー」かなーり良かったんです。後半からはきちんとこの作品についてのポジティヴな感想にな
TRUE−TIME WEB−LOG | 2005/06/07 12:52 PM
配られたアンケート用紙の設問。 「この映画は泣けましたか? 泣けた 泣けない」。 安易に涙も出ない、涙が許されないような映画だったと思います。 悔いのない人生を生きるということは、かくもつらいことなのでしょうか。 アカデミー賞だしね、と軽い気持ちで
ぶちぶち日記 | 2005/06/07 1:07 PM
アカデミー賞4部門受賞作品 『ミリオンダラー・ベイビー』(MILLION DOLLAR BABY) <作品・監督賞(クリント・イーストウッド)・ 主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・ 助演男優賞(モーガン・フリーマン)> を観にいってきました。(久々のビックタイトル) あらすじ
新しい夜明け | 2005/06/07 3:31 PM
愛を、教えて。 アカデミー賞受賞作品だから公開2週目にもかかわらず、まずまずの人の入り。久しぶりに両隣に人がいて、ちょっと窮屈だわと思いながら鑑賞〜。 まるでマギーのフックをもろ脇腹にくらったような重い、重い映画でやんした。人の栄光と脱落を淡々と描いて
ひるめし。 | 2005/06/07 3:33 PM
      以前、語らせていただいた、これらの作品。 「バタフライ・エフェクト」 と 「ミリオンダラー・ベイビー」 どちらも今年の上半期ベスト5に間違いなく入るであろう作品である。 もしかしたら、今年のベスト5にも、そのまま生き残る
尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 | 2005/06/07 9:59 PM
 アカデミー賞と言う最大の売り文句と,巧い役者勢揃いで,ハズレは無いと予想されつつ,既に巨匠の域なクリントおじの作品である。  これは尊厳の物語である。師匠と弟子以上の,そして腐れ縁の親友以上の,馴れ合い家族よりお互い知り合った,身体と心のぶつかり合
日々徒然ゆ〜だけ | 2005/06/07 10:16 PM
日頃そんなに自分の人生なんて、考えた事もないが、ふと、このままで良いのかななんて、思ったりすることがある。それは、この世の物とは思えない綺麗な景色をみたり、自分とは違う価値観を持った人に出会ったりと様々だけど、映画を観て思うことなんてめったにない。個
omapeeprivatenikki | 2005/06/07 10:30 PM
『ミリオンダラー・ベイビー』 公式サイト http://www.md-baby.jp/ クリント・イーストウッドの監督としてそして何よりも役者としての実力に、ただただ震えるしかない。 本当にいい映画を見せてもらった、彼は本当にひと癖もふた癖もある味のある映画を作ります
女子高生の映画評論 | 2005/06/07 10:36 PM
公開:アメリカ 公開:2005年5月28日 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 本当は昨日観ようと思ってたけど、ガンダム事件(?)で予定が狂ったため、本日八王子シネマにて鑑賞。 ストー
外部デバイスへの記録 | 2005/06/07 11:00 PM
ミリオンダラー・ベイビー 出版社/メーカー: メディア: DVD 制作年度: 2004 アメリカ公開日: 2005年5月28日愛に打たれる―。映画の伝道師、入魂のヒューマン・ラブストーリー アカデミー賞主要4部門取った作品であるので見に行ってみた。  テーマは
最近の出来事 | 2005/06/07 11:22 PM
『ミリオンダラー・ベイビー 』公式サイト 製作・監督:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン  2004年/アメリカ/133分 第77回アカデミー賞主要7部門にノミネートさ
Rabiovsky計画 | 2005/06/08 12:19 AM
今日は友人と、『ミリオンダラー・ベイビー』を観にいきました。アカデミー作品賞ものだからか、単に映画の日で安いからかはわかりませんが、昼間なのにかなり込み合っていました。 まずはじめに、私、勘違いをしていたみたいなんですけど、この映画は主演ヒラリー・
西欧かぶれのエンタメ日記 | 2005/06/08 1:20 AM
物語は元ボクサーであるスクラップ(モーガン・フリーマン)の語り口で進められる。このあたりは『ショーシャンクの空に』を連想せずにはいられないが、彼の重い、重い口調から発せられる言葉はもはや天啓のようですらある。そして、重くとても悲しい映画である。いや、
tuttizm | 2005/06/08 2:26 AM
ミリオンダラー・ベイビー 上映時間 2時間13分 監督 クリント・イーストウッド 出演者 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン   特集ページ  フリーマンは31日までずっと日本にいるみたいだね。スワンクは京都・奈良です
メルブロ(更新不定期) | 2005/06/08 6:08 PM
貧しい小さな村で生まれたマギー。13歳のときからウェイトレスとして働いていた彼女の夢は女子ボクシングのチャンプになること。31歳になったとき、老舗のボクシングジムの老トレーナー、フランキーの教えを請うため、ジムに出入りするようになるが、フランキーは女
たにぐちまさひろWEBLOG | 2005/06/08 7:12 PM
6月7日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 最初に断っておくが、私はクリント・イーストウッドがあまり好きではない。 彼の若い頃の活躍については、実際のところよく知らないが、あそこまで歳を取ってもあくまで"ヒーロー"をやりたがる姿勢が好きになれなかったし、自
日々の記録と、コラムみたいなもの | 2005/06/09 9:56 AM
娘を求めるトレーナー 家族の愛に恵まれない女子選手 一生のうち1度もチャンスを貰えずに人生を終えるものもいる 譲れない物がある ボクシングだけは譲れない これだけが生きがいだから、これを失くしたら何も残らない 後半ストーリーは想像もしなかった展開を
えいがんだむ | 2005/06/09 8:56 PM
年老いたトレーナーと孤独な女性ボクサーの深い絆を描いたヒューマン・ドラマ。 今年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞。 ボクシングに全てを賭けるマギーに「ボーイズ・ドント・クライ」でもアカデミー主演女優賞を受賞したヒラリー・
Imagination From The Other Side | 2005/06/10 7:21 PM
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ◆ ミリオンダラー・ベイビー 2004年 アメリカ       ┃   監督:クリント・イーストウッド   脚本:ポール・ハギス   出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,     
Cinema Satellite Neo | 2005/06/12 10:46 AM
◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形されたキャラクター、全てが計算され尽  くされた言動など、全く無
Cinema Satellite Neo | 2005/06/12 10:54 AM
☆家族を失い、深い傷を負って苦しみの中にある男女の、絆と愛の物語☆
基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内 | 2005/06/12 2:42 PM
「ミリオンダラー・ベイビー」予想通り、私好みの、とても好きなタイプの映画でした。「私はこれが好きなの。。。。歳だなんていわないで。。。。」ウーン。とてもよく分かりますね。 30歳を過ぎた女性、マギー。ボクシングで夢をかなえようと必死に立ち向かう。
映画日記★diary★Blog版 | 2005/06/12 11:15 PM
2004/アメリカ(133分)監督 クリント・イーストウッド原作 F・X・トゥール出演 クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン/■アカデミ−賞作品賞受賞評価:★★★★★/ 05.5.28 劇場この映画の感想ネタバレはしたく無いので何と書いて良
レインボゥメモリーズ | 2005/06/12 11:57 PM
不思議なほど大人受けのいい作品、「ミリオンダラー・ベイビー」。 アカデミー賞で主
Black Pepper's Blog | 2005/06/13 1:19 AM
ミリオンダラー・ベイビー鑑賞しました。 今年のアカデミー賞主要4部門を、受賞した作品。 ずいぶん前から、観たいと思っていたら、アンアンの「Movies」 でも稲垣吾郎氏が、大絶賛のコラムを書いてて・・・。 「スマステ4」の「月イチゴロー」でも1位に選
Cafeアリス | 2005/06/13 1:27 AM
2004年 アメリカ 133分 監督 クリント・イーストウッド 脚本 ポール・ハギス 原作 F・X・トゥール 出演 クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン  「ミリオンダラー・ベイビー」公式サイト→ココ ストーリー
ぺぺのつぶやき | 2005/06/13 2:08 AM
彼女が最後に思うのは、良い人生だった・・・作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞受賞作。ええと、見終わった今となっては、主演男優賞と助演女優賞が誰だったかな?というくらい濃ゆい映画でしたね。(正解はジ...
nao3 blog | 2005/06/13 8:03 AM
待ちに待った映画です。昨日遂いに観ることができました。アカデミー作品賞候補の「レイ」「ネバーランド」「アビエイター」「サイドウェイ」。そして作品、監督、主演女優、助演男優の受賞作がこの「ミリオンダラーベイビー」です。すべて観ました。30歳を過ぎた女性が
N’s Talk | 2005/06/13 8:58 AM
「ミリオンダラー・ベイビー」 (2004年 アメリカ映画) 私は、ボクシングもクリント・イーストウッドにも興味がない。この映画を見に行ったのは、脚本がポール・ハギスだったから。 彼は、私の好きな「騎馬警官」(Due South)というTVシリーズの脚本をいく
記憶の鞄 | 2005/06/13 11:00 AM
5/28〜公開『ミリオンダラー・ベイビー』アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)受賞の話題作。監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンiloffreの満足度=★★★★☆(7
(映画)新作DVD発売日情報 | 2005/06/13 12:41 PM
ストーリー トレーラー育ちの不遇な人生の中で、自分が誇れるのは、ボクシングの才能だけ。その思いを胸に、ロサンゼルスへやって来た31歳のマギー。彼女は、名トレーナーのフランキーに弟子入りを志願するが、フランキーは「女性ボクサーは取らない」と言ってマギー
★Mooooovie★ | 2005/06/13 2:01 PM
6/4 Tジョイ大泉 にて クリント・イーストウッドがいぶし銀の演出と演技で描く人間ドラマ …見せます…魅せます! 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッ
こだわりの館blog版 | 2005/06/13 4:31 PM
待ちに待った映画です。昨日遂いに観ることができました。アカデミー作品賞候補の「レイ」「ネバーランド」「アビエイター」「サイドウェイ」。そして作品、監督、主演女優、助演男優の受賞作がこの「ミリオンダラーベイビー」です。すべて観ました。30歳を過ぎた女性が
N’s Talk | 2005/06/13 6:35 PM
※ネタバレに対する配慮は一切しておりません。 正直、この映画がこういった展開を迎えるなんてこれっぽっちも予想してなかった。前半と後半でこれだけ印象が違う映画もなかなかありません。 予想外だったぶん、頭に一発ガツーンとくらったような気分です。 しかし
ひとりごと | 2005/06/13 7:17 PM
久々の映画レビューです。今回は「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。 監督・主演があのクリント・イーストウッドという事で、かなり期待して観にいきました。前作「ミスティック・リバー」も非常に良い作品だったので。 正直、かなり期待以上です。個
HamaHama | 2005/06/13 7:45 PM
クリント・イーストウッド監督、制作、音楽、主演 人生、何が転機になるか分からない。 順風に見えても、いつそこから転がり落ちるか。 そんなことを考えさせられる映画だった。 まるで、高いところから落とされ叩き付けられたような感じだ。 あまりにも重い。
「月の風」シネマ日記 | 2005/06/13 10:00 PM
映画の日2本目の映画は「ミリオンダラーベイビイ」であります。 この映画はアカデミー賞の話題を独占した映画だけあり、もの凄く骨太でイイ作品でした やっぱりこういったCGなんかに頼らない丁寧に作り込んだ作品が注目されなければダメですよねぇ・・・ この映画ネ
聴いて観ておくんなまし | 2005/06/15 10:14 AM
今日は映画の日。ずっと気になっていた「ミリオンダラーベイビー」を観に行ってきました。ストーリーとしては、女性ボクサー(ヒラリー・スワンク)と初老のトレーナー(クリント・イーストウッド)の出会いから、ボクシング界でスターダムにのし上がり、そしてその後・
おいしい生活 | 2005/06/16 12:47 AM
(あらすじ) 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。有望株のウィリーは、教え子を大事に思う余りタイトル戦を先延ばしにするフランキーにしびれ
ハートの基礎体力 | 2005/06/19 5:21 PM
素晴らしかった。 映像の作り方、語り口、演技、音楽・・本当に、映画的な世界。 クリント・イーストウッドの演じるフランキーと、彼の経営するボクシングジムの諸雑用をこなすモーガン・フリーマン演じるスクラップ。 この二人の関係が、表面上は、憎まれ口とか軽
シネマびより | 2005/06/20 12:41 AM
人と人のラブストーリー キーワード: 「自分自身を守れ」 「モ・シュクラ」 Mo
founderBMyuusan | 2005/06/20 10:48 AM
アカデミー賞4部門受賞だけれど、クリント・イーストウッドは貫禄不足? ベストキッド4やギフト、そしてバフィに出演していたヒラリー・スワンクはいいとして、クリント・イーストウッドとモーガン・フリーマンという大御所二人が出演している訳だけれど、熟年の貫禄
lip | 2005/06/27 10:05 AM
 (ネタバレ注意!!)ボクシングと詩には共通点がある。だから主人公のボクシングトレーナー、フランキーは、ボクシングとともに、同郷のアイルランド詩人、イエーツの作品をこよなく愛する。本作のテーマは“言葉のパラドックス”だ。  フランキーは言う。「ボクシ
マダム・クニコの映画解体新書 | 2005/07/05 10:30 PM
ミリオンダラー・ベイビーMillion Dollar Baby クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)監督、本年度アカデミー賞☆作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞4部門で受賞を成し遂げた話題作。見ごたえのある作品です。クリント・イーストウッド、ヒラリー・
映画のBLOG@今日のいいこと。 | 2005/07/16 11:46 AM
究極の選択、極限の悲しみにいたったときに宗教は何ができるのか?
『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!! | 2005/08/24 3:03 PM
ハッピーバースデイ ミスター イーストウッド!  どんなミュージシャンでも風変わりなアルバムがディスコグラフィーに一枚くらい紛れ込んでいるものです。イーストウッドを見続けてきた者ならば『許されざる者』で、いわゆるイーストウッド的なものの集大成=ベ
秋日和のカロリー軒 | 2005/10/02 2:42 AM
6/4 Tジョイ大泉 にて クリント・イーストウッドがいぶし銀の演出と演技で描く人間ドラマ …見せます…魅せます! 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、
こだわりの館blog版 | 2005/10/02 9:00 AM
:::stuff:::監督: クリント・イーストウッド製作: クリ...
+l'argent+ | 2005/10/11 3:43 PM
DVDにて、「ミリオンダラー・ベイビー」を観ました。私はこの作品をボクシングに賭ける女のサクセスストーリーだとばかり思っていました。けどれ、ボクサーのパンチを食らったくらい、大きく違っていました。予備知識なしで観ればきっと私以上の衝撃を受けるでしょう。
私でもいいですか? | 2005/11/05 3:16 PM
アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)に輝いた注目作という事意外、何の予備知識もなく借りてみました で・・・感想ですが正直、「マッタリな日曜を返してくれー」みたいな気分に陥りました。 個人的に ソードフィッシュとか、“人生楽
サボテンな日常 〜with 電磁波吸収系セレウス君 | 2005/11/08 11:24 PM
2004年 アメリカ 原題:Million Dollar Baby 原作:F・X
銀の森のゴブリン | 2005/11/22 1:33 AM
ミリオンダラー・ベイビー アカデミー賞ではいっぱい賞を取った(詳しくは知りません・・・・) 話題の映画 「ミリオンダラー・ベイビー」 なんか前評判が良すぎてどうかとは思ったんだけど やっぱり見たくなって・・・・・
サクっと | 2005/11/25 12:49 AM
まさか、あんな結末を迎えるなんて・・・ オススメ度:★★★★★  監督・出演:クリント・イーストウッド  出演:ヒラリー・スワンク     モーガン・フリーマン     アンソニー・マッキー     ジェイ・バルチェル <あらすじ> ロサンゼルス
あなたの心を揺さぶる映画、教えます!! | 2006/01/01 1:32 PM
久しぶりにいい映画に出会った。恥ずかしいが、久しぶりに泣いてしまった。 クリント・イーストウッドの映画はどうしても好きになれないでいたので、以外である。 今回は昔の彼
Kazu's CINEMA PARADISE | 2006/02/21 1:29 AM
神はなぜこれほどの試練を与えるのか。世の中に公平というものはあるのか。これほど感動し、そしてこれほど辛く、心が痛い映画を久しぶりに観ました。 ボクシングトレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)が、女性ボクサー・マギー(ヒラリー・スワンク)
文学な?ブログ | 2006/06/24 11:55 AM
映画「ミリオンダラー・ベイビー」(Million Dollar Baby, 2004・米国) モーガン・フリーマン扮するスクラップがこの映画のナレーションを務めるのは、彼には語らねばならない物語があるからである。物語とは、人を生かすものであるし、自分の生の意味を確認するも
make myself just as hard | 2006/09/04 4:49 AM
[ミリオンダラーベイビー] ブログ村キーワードミリオンダラー・ベイビー(原題:Million Dollar Baby)キャッチコピー:愛を、教えて。製作国:アメリカ製作年:2004年配給:ムービーアイ、松...
映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評 | 2010/02/08 1:20 AM