なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「TOON BULLETS!・ネバーランド☆A GO!GO!2」を観た
久々の生芝居。
ここしばらくはTOON BULLETSもしくは、TOONの脚本・演出家 浅沼氏の芝居しか観ていない気がする。以前のようにあちこちから誘いがかかるわけではないというのもあるけど、何より浅沼氏の本のできがよく、芝居が面白いから。

で、今回観たのは「2」ってことで、「1」がある。しかも大人気だったということで再演もしている。それを2回とも観ている。何せ面白かったから。
芝居らしいお笑いの要素はしっかりとあり、かつこのシリーズは滅法怖い。怖さの要素としてはショッキング・ホラー的なドッキリ!の性格が強いんだけど、演出が巧い。心臓の弱い人は観ちゃダメ。今回は恐らく浅沼氏の苦手種目なんじゃないかと思える恋愛の要素もちょっぴり入っている。でも、多分苦手なのでちょっぴり。
というわけで期待の「2」。やはりできは良い。面白かった。が、「1」があまりに良すぎたせいか超えたできとは言いがたい部分がある。綺麗な女性が増えてて嬉しかったけどな〜。

近いうちにもうちょっと詳しい感想を。

芝居の後には、たまたま同じ会を観ていた、以前いた会社の連中とプチ同窓会。これまた楽しかった。
スポンサーサイト
- | 22:45 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。