なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
今更『M-1グランプリ2010』
JUGEMテーマ:M-1グランプリ

12/02/22 11:43

今更です。
さっさと結果を知ってしまい、あまりの出来レースぷりに観る気が失せて
半ば封印状態だったんですよね。
早い話が優勝コンビが好きじゃないんですよ。
今までも大して面白いと思っていないために、「あそこが優勝?シナリオ通りじゃん!」
と感じてしまうわけなんだなぁ。

吉本の作った番組で芸人が審査するとこうなっちゃう、という典型例がまた一つ。
初回のキングオブコントも酷かったもんねぇ。とか言ってみる。

たまたま時間ができちゃったんで、ちょっと腰を落ち着けて観ましたよ。
・カナリア
始まった瞬間、思わずビデオを止めた。
「アカンやん、これ…。」という空気が半端じゃなく。
途中面白くなったかと思いきや、全然そこからの盛り上げがないままに終了。
完全に脚本の時点で失敗作じゃないかと?
ボンが途中で勝手に走り始めるとかありゃね。


・ジャルジャル
もとより彼らは漫才よりもコントでしょ?
と思いつつ見始めると、予想を大きく違える漫才っぽい始まり。
いやいや、それどころかオーソドックス過ぎて若干寒いか?
という展開を全てひっくり返して、結果的に完全にジャルジャルの世界に。
これ、漫才の箱を上手に使って、実はやってることはコントですよね?
ジャルジャルって必ずしも好きじゃないけど、これは良い。


・スリムクラブ
4分間にいかに詰め込むかということを競うコンテストに突如現れた、
隙間こそを武器にするという芸人。
異次元の存在なのは間違いないと思う。

でも、これがみんなに受けてしまうのはホント?と疑ってしまう。
おしなべて審査員が高い点を入れたのは不思議。
だって、俺は全然好きじゃないもん。


・銀シャリ
新しいのと異次元と来て、昭和の漫才。
らしいっちゃらしいのだけど、いつもの方がおもろいかと。


・ナイツ
巧いな〜。
この綿密な脚本の構成が凄いわ。
いつものやつと思わせておいて、というところからの持ち上げが見事。
彼らがどうしても勝てないのは、やっぱり大人の事情?と疑いたくなる。


・笑い飯
相変わらずおもんない。
テンションが一本調子。
二人揃って聞きづらい。
毎年同じことやってるから、今更新規さも感じない。
でも、皆さん好きなんだよね。
ま、結果も知ってるし、政治的な優勝なのだろうと信じているんですけどね、
これでナイツが落ちてくってのは納得感はやはりない。


・ハライチ
これも完全にスタイルっすね。
カウスの「空回り」「独りよがり」は違うだろうと思う。
ただ、例えばナイツの後半の展開なんかはスタイルにプラスする味わいとして
参考になりそうよね。


・ピース
又吉が随分と声張ってるねぇ。
綾部のツッコミも随分と緊張しているわー。
面白いには面白いけど、オチ辺りとかちと弱いかな。
細かいこと気にしちゃうと「すいません」じゃなくて「済みません」であって、
又吉ならば、そこをネタにするぐらいの言葉の繊細さを見せて欲しかった。


・パンクブーブー(敗者復活枠)
序盤から佐藤のボケが炸裂。
勢いのままどんどん叩き込んでくるスピード感は凄い。
ここまでのネタなら一番面白い。

自分の中では、パンク、ナイツ、ジャルジャルが決勝の3組かな。

審査員の選んだ決勝3組はパンク、笑い飯、スリムクラブ。
スリムは気付くと4分経っていると感じさせるのは彼らの魔法にかかった証拠か。
笑い飯は本戦よりは良かったかな。
パンクは面白い、けど、スタイルとは言えさっきのネタを超えていなく、
その辺が残念だったか。

結果は知っていたので、今更何もな〜。
これほど脚本を強く感じる終わり方もなく、その後の笑い飯の活躍しなさも
知っているので、「ちゃんと選べば良いのに」と改めて思ったり。


※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
12/02/22 11:43
スポンサーサイト
- | 11:43 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/2296