なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
名店らしいぜ 燕慶園@浜町
JUGEMテーマ:中華料理

10/11/26 12:23


最近浜町方面歩いてないな〜。
と、思い立って浜町散歩。

見つけたのはちょいと趣のある中華料理屋。

燕慶園_外観


屋号の「燕慶園」はそのまんま「えんけいえん」と読むらしい。
上海がにが売りなのかな?

何より気になるのは「バランスのよい日替定食 六百円」の文字。

中はサラリーマンとOLでぎっしりの様子。
どうやら結構な人気店だ。


中に入ると外から感じた以上のお客さんのぎっしり感。
四角いテーブルだろうが、もちろん丸テーブルだろうが、相席は当たり前。
隙間無く埋められた席。
荷物で場所を塞ぐなんてとんでもない。
イイネ、こういうの。

写真はメニューの一部。
燕慶園_Menu1

この右の方には単品メニューが更に続きます。

定食は、野菜炒めライスの600円から800円までとどれもリーズナブル。

気になっていた、日替定食は、見慣れない字で書いてあるけど、
燕慶園_Menu2

要するに、三種類のお肉と野菜のオイスターソース炒め。
うん、これは間違いなく好きだ。

注文取りのついで?に出て来ちゃうつきだし。
燕慶園_つきだし

って、これって…。

コップの上にはザーサイ。
これは分かる。
ま、普通っちゃ普通。

で、左の小皿…。

焼きそばです。
つきだしなので冷えてます。

冷えた焼きそばがほんのちょろり…。

お、おもれえ…。

そしてしばし待っているとメインが。

日替定食。600円
燕慶園_日替り


右奥は味噌汁じゃなくてスープね。

ま、この値段なので、肉よりは断然野菜がメイン。
不満なんぞありません。
野菜喰いたくて頼んでいたりも致しますので。

燕慶園_UP

にしても木耳がツヤッツヤ。
お肉はちゃんと三種類入ってますよ。
それぞれの食感、香りの違いを楽しみつつ頂きます。

ご飯も進む味付けですわ〜。
金額を考えれば大納得のランチですよ。

お店の外には2,3人の待ちもできているようです。
長居はせずに席を譲るのが吉ですね。

良かった。
また他のメニューも試しに来よう。

ちなみに、夜は上海がにがリーズナブルに頂けるお店として有名な様です。

散歩はちょっと脚を伸ばして明治座の周りを歩いてみたり。

明治座_銀杏

明治座脇の銀杏並木の二色の色合いが良い感じでした。
(11月末の景色です)


※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。

10/11/26 12:23
スポンサーサイト
- | 12:23 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/2157