なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
VPL-VW90ESあります
JUGEMテーマ:3Dテレビ

10/10/28 17:18


ちょいと銀座に来ました。
早い時間だったもので、SONYビルにも寄りました。

最新のデジカメをチェックしてみたいな、
とかVAIOでもいじろうかな?とか色々とあるわけですが、
目的はこれでした。

というか、あれば良いなぐらいの感覚だったんですが。

あるやんけ!

SONY_VPL-VW90ES



常設のシアタールームにVPL-VW90ESが入ってますよ。
扉が閉められないようになっていたので、視界の端に部屋の外の灯りが
しっかりと入ってきてしまう状況での視聴。

画面に光は射さないけれど、結構気になる。

メガネは小さくて軽い。
この軽さは有難いのだけど、小ささには多少問題を感じる。
テレビであれば、画面のサイズもそれほど大きくはないから気にならないのかも知れないが、
プロジェクターで観るとなると、メガネのフレームが視界に入るのが気になる。
デザインはともかく、多少大きめの方が結果的に良いのでは無かろうか。

一番心配だった、液晶シャッターによる画面の暗さは問題なし。
これぐらいの輝度があれば普通に楽しめます。
そもそもが部屋を暗くして鑑賞するプロジェクターに3Dは合うと言うことか。
もちろん、遮光は必要です。

ただ、正直クロストークはそこそこ感じられました。
これが作品による差が大きいというのが不思議ではあります。
まだ発売までは間があるのでそこで改善されるのか、
既に製品としては固まっていて、製造のための期間に入ったりしているのか。
時間があるならば、少しでも改善して欲しいところ。


デモ作品として観たのは以下のもの。

「アリス イン ワンダーランド」
  後処理の3Dの割にはキレイにできてますよね。
  他社のテレビでもよくデモに使われていますが、とくに劣る感じもないかと。

「モンスターハウス」
  なんだかクロストークが目立つ気がする。
  ハードの問題じゃなくて、ソフトの問題で起こることなのだろうか?

「くもりときどきミートボール」
  一番3Dの雰囲気は良し。
  これで、映画がもっと魅力的だったなら…(笑)。

「トイ・ストーリー3」
  なんだか全体に眠い感じの絵。
  単なる画質の問題?

他にデモされていたソフトを思い出せる範囲で挙げると。
「オープン・シーズン」
「スパイアニマル Gフォース」

ま〜、見事にファミリー向け映画が並びます。
デモでホラーってのも無いかとは思うし、ドラマ作品で3Dもありませんからね。

ちなみに2D画質も良くなっているらしいVPL-VW90ESなんだけど、
デモは3D作品のみでした。現状メインはあくまでも2D作品ですからね。
その辺もチェックしてみたいところです。

初の3Dプロジェクター、ソニー「VPL-VW90ES」詳報 〜it media〜

おまけ)

横浜のヨドバシに行ったら、店頭(地下入り口前)で三菱の3Dテレビ
LCD-55MDR1
デモをやっていたので鑑賞。
3Dの効果の程度を簡単に変えられたり、BD+HDD内蔵のオールインワン設計は良いかと。
ま、プロジェクターを併用したい向きとしては、別立てじゃないと不便なわけですが。
で、このテレビが良いのは、10スピーカーで50W出力という三菱らしいフィーチャー。
静かな環境で改めて聴いてみたいですが、量感のある音は良さそうですよ。

ただ、2台のテレビをすぐ隣に並べていて、メガネが隣のテレビの干渉を受けるんです。
こういうところだと、少し視線を動かすと隣のテレビの信号に切り替わっちゃうのは
困りもの。
テレビとメガネをわざわざマッチングさせずに使えるのは家庭では便利ですし、
通常は複数台のテレビを並べて鑑賞するわけでもないので問題はないんですけどね。

気になるのは、三菱もプロジェクター。
どうやら、MODEL-Xとしてイベントをやっていたらしいです。
デバイスにはSONYのSXRDを使用しているとのことで、VW90ESと並べての比較を
してみたいですね。

※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。

10/10/28 17:18
スポンサーサイト
- | 17:17 | - | -
コメント
from: やんぼー   2010/11/04 11:04 PM
こんばんは。
映画では最近結構普通に3D版やってますねぇ。
ボルトにトイ・ストーリーと2年連続で3D映画観ましたです。
TVに引き続き、家庭用プロジェクターでも3Dなんですね。
たまに観る映画ってことで、TVよりかはヨサゲですが、
家で3Dグラス付けて映画観るってどうなんだろう?
とか思っちゃいます。
でもでも、いつかそういうのが当たり前な時代が来ちゃうんでしょうね。
from: なつき   2010/11/05 10:27 AM
やんぼーさん、まいど〜。
増えましたね、3D。
最近は「AVATAR」で使用された3Dカメラで撮られた本当に3Dの作品も
徐々に増えつつありますしね。

通常のテレビ番組を3Dにする意味がどれだけあるのか?
という疑問はありますし、何より通常のテレビ視聴時に
メガネをかけるというのは正直辛いと思います。

ただ、プロジェクターで「2時間映画を観るぞ!」という
気構えを持って3Dメガネを着用するのは自分としては有りです。

通常のテレビはやっぱり裸眼3Dが必須じゃないかな。
東芝の裸眼3Dテレビを早く試してみたいです。
from: atom   2010/11/10 1:00 PM
VW90ES、見てこられたんですね。
SONYビルか〜。写真見る限り、どうも盛大な展示ではなさそうですね(笑)
逆に言えば、行けば簡単に見れそうなので、近く行くことがあれば見に行ってみたいです。

VictorのX7と比較もしてみたいですね。
先日6日にX7のイベントのお誘いがあったのですが、こちらは都合が付かなくて行けませんでした。
アバックとかの一斉展示イベントに期待かな。
from: なつき   2010/11/11 3:28 PM
atomさん、まいど〜。
どうせ無いだろうと高をくくっていたら、ありました。
元々プロジェクターのための視聴質があるんですよ。
席は6個のみ。
スクリーンはいくつだろう?120ぐらいるのかな?
出入り自由なので、お近くに行った際には是非。

他にも時間制の3Dテレビのデモとかもあります。
デジカメを使用しての3D制止画もありますし、
さすがに盛りだくさんではありましたよ。

X7も気になりますね。
三菱も観てみたいし。
まずはアバックですかね。
秋葉のイベントで出展があれば、そちらに行くでしょうし。
これから観られる機会も増えそうです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/2128