なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ゆとりだって有っても良い
JUGEMテーマ:笑う子育て


10/07/21 23:20


ゆとり教育の世界では順位なんて要らないらしい。
「世界に一つだけの花」的世界観の中では順位なんかは競わない。


個人的には運動会で順位がないだなんて考えられないし、
ナンバーワンになろうという意欲を持つことは良いことだと信じています。

只単に「1位じゃなければ生きてる意味もない」だとか、
そういう偏りすぎたことを教え込むことは問題があるかと思いますが。



あ、でもそれでさえも必要な場面はあると思っていますよ。



競技スポーツの世界はそうでしょう。
スポーツに限らず勝負の世界ってのはそうですよね。


競う心、争う心を否定しちゃいけない。


なんて話は実はどうでも良くて。







先日、小猿の学校で身体測定があったそうです。

その後で、先生に発表されちゃったらしいですわ。




小猿ちゃんがクラスで一番座高が高いわね。




ってさ〜!

えええええええええ?




それ言う?

それ、言っちゃうううううううううう?




そのナンバーワンは決めなくても良くね?
そういうのはそっとしておいてくれても良くね?




それほどでもないと思うんですよ。
確かに自分も脚が長いわけでもないしね。

ま、嫁ちゃんも同様。



でも、特別に短いってわけでもないしね。
だいいち小猿はクラスの中で背が高い方ってわけでもないし。



でもね、観ちゃったんです。


小猿と友達が一輪車で遊んでいるの。


身長は同じぐらいの友達なんだけど、
同じ一輪車だとサドルの位置が合わないの。



明らかに小猿は小さい方の一輪車じゃないと脚が届かない。

…確かに事実らしい。



でもね〜、言わなくても良かったよね〜。
知りたくもなかったよね〜。




小猿…、




No.1にならなくても いい〜
 もともと特別な Only one♪





※ま、小猿は楽しそうに言ってました。
 「小猿が一番座高高いんだよ♪えへへっ♪」
 先生がどういう言い方をしたかも分かりませんしね。
 別に怒ったりはしてませんよ。
 夫婦で「それは言わねーでもいーじゃんな〜」ぐらいの感じです。



※同情するな、ポチをくれ!是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
10/07/21 23:20
スポンサーサイト
- | 23:20 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/2101