なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「猟奇的な彼女」(DVD)
名前を持たない彼女。好きになっても貴方の名前を呼ぶことさえ許されない。ことに気付いて冷めてしまった僕の恋。

猟奇的な彼女
猟奇的な彼女

英題:「MY SASSY GIRL」
監督:クァク・ジェヨン
出演:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン
本編:122分

Story
 性格の優しい大学生のキョヌは夜の地下鉄ホームで美しい“彼女”と出会う。でもその時“彼女”は泥酔状態。酔っぱらい女は嫌いだったが、車中で倒れている“彼女”を放っておけず仕方なく介抱してホテルへ運ぶ。ところがそこに警官がやってきてキョヌは留置場で一晩を過ごすハメに。翌朝、昨夜の記憶のない“彼女”は怒ってキョヌを電話で呼び出した上、詰問するのだった。しかし、これがきっかけで、そのルックスとは裏腹にワイルドでしかも凶暴な“彼女”に振り回される、でもキョヌにとっては楽しい日々が始まるのだったが…。

※映画部門でblogRankingエントリー中。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。

僕の感想は↓。

猟奇的な感じの彼女がいたなつきです。
殴られてもいました。ま、キョヌの言いつけ通り、痛そうにすることは忘れませんでしたが。かなり無茶を言うことも多い人でしたけど、まぁそれはそれで可愛げってことで済ませてました。てなこともあり、世間での評判も高いこの作品期待して観ました。

まずい。各方面からの大絶賛。ネットでの知人も誉めてる書き込みしか見たことないような作品です。なのに、なのにどうしても「良い!」とは言えない。良いところがないというわけではないのですが、気になる点が多過ぎる。結果、通して良い評価は与え様がない映画になっています。

まずは映画として、多過ぎるモノローグとBGMの感じが昭和のテレビドラマを喚起させる。う〜ん、ちとこの演出、センスはイタいかも。夢だったりというかたちでアクションシーンなどが何度も挿入されますが、それもちょっと違和感。ただ、これは他の部分で気に食わないせいで、馴染めなくなってしまっているだけかも知れませんが。後半のシリアスになってきてからの展開は嫌いじゃないです。山頂で泣き叫ぶ「彼女」の姿は良かったです。

キョヌもルックスまでこれほど情けなくても良い様な。「彼女」は魅力的に感じられる場面はいくつもあります。ただ、キレイでも何でもなく見えてしまう場面もまた多い。などと言っているとファンに石を投げられるか。

どうしても拭い去れない違和感が一つ。「彼女」に名前がないこと。これはパッケージやWebであらかじめ知っててのことではなく、名前がないことを知らずに鑑賞してての違和感なので、僕に取っては非常に正直な感想になります。彼女の家族も彼(キョヌ)も2時間もあるドラマの中で全く彼女の名前を呼ぶことなく終わります。これは非常に気持ち悪い。もちろん脚本の中で名前を呼ぶはずの場面がありつつも呼ばない、などという酷い事態が起きているわけではありません。が、会話の中、彼のモノローグの中、一度も名前が出てこないのです。個人的な考えではありますが、「名前」(呼び名)というのは人間関係において非常に重要な位置を占めています。距離感であり、力関係であり、その時々の感情が反映されることもあります。ドラマに描かれている内容からしても、名前とその呼び方の変化というのは描かれて当然という気もするのですが。単に原作に無かったからということかとも思います。

色々とネットを漁るとストーリーの紹介で「名前も明かさない彼女の心になにか悩みがあると気づいた彼は、」とある。そういう描写はありましたっけ?実はそうなんですか?そんなにずっと長く明かさないまま?にわかに信じ難いものがあります。

にしても、改めてこの記事を挙げるに際し、トラバさせて頂くblogを検索しているとこの映画の評価の高さを感じる。トラバさせて頂いておいてこの内容だとたくさん怒られちゃうかも知れないなぁ。自分の感覚がおかしいのか?てな気分にもなってしまう。(^^;
スポンサーサイト
- | 01:28 | - | -
コメント
from: noiraud   2004/12/20 1:43 PM
TBありがとうございます。ぼくは期待せず見たのでおもしろかったです。そういうもんですよね。
from: なつき   2004/12/20 1:55 PM
ノアローさん、コメントありがとうございます。
確かに。仰る通りです。
期待が大き過ぎたのですね。基本的にこの手のジャンルのものが苦手だということを承知しているはずなのに、無謀な期待をしてしまったのでしょう。ちと反省。
from: かのん   2004/12/20 2:06 PM
はじめまして、TB&コメントありがとうございました。
なつきさんの感想も率直だと思いますよ。
私も最初に観たときは戸惑いもあったのも事実です。
中盤くらいまではだるさも確かにありました。
でも、何かをきっかけに自分がちっぽけな価値観だけで観ていたことに気付いて、捉え方が自然に変わっていったらえらく感動できた感じです。

韓国映画って全般的にまだまだ発展途上で荒削りだから昭和っぽいという指摘もあながち間違いじゃないと思います。でもそれゆえ情熱とかチャレンジ精神が伝わってきて私は好きです。サッカーでいえば例えば天皇杯のザスパ草津みたいに。
from: みらくる   2004/12/20 3:09 PM
なつきさん、こんにちは!
トラックバックありがとうございます。

私は「猟奇的な彼女」とっても好きな映画ですが、もちろんそうではないという意見もあって当然だと思いますよ〜(^^)
韓国映画は洋画とも邦画とも違う一種独特な雰囲気がありますよね。
from: なつき   2004/12/20 7:52 PM
かのんさん、TB&コメントありがとうございます。
確かに終盤には観るべき部分も多いと思いますし、皆さんほどにとは行かないまでも「良いな〜」という感覚はあるんでうしょね。でも、色んなこだわりを捨てきれなかった僕。(^^;
邦画にない荒削りなパワーを感じさせてくれるのは、アジア映画に良く感じることですね。とくに韓国映画はそのパワーにハリウッドの技術と日本人にも通じる叙情性を加えて来ていますものね。僕も期待してます。

みらくるさん、コメントありがとうございます。
フォローありがとうございます。あまりに世間での評判のよさに誉めてしまおうかとも思ったんですけど、誉めるもけなすも正直に書かないと納得行かないもので。(^^;
映画といえば、邦画と洋画と区別していたところに韓国を筆頭に香港映画の復活もあり、選択肢が広がったのは嬉しいことですよね。それに負けずにまた邦画がどんどん頑張ってる作品も出てきて欲しいです。
from: MITCH   2004/12/26 12:21 AM
なつきさん、TB&コメントありがとうございました。
自分のBLOGにも書いたんですが、やはり前半が耐えられるかどうかが、この映画の鍵ですね。特に嘔吐シーンなどなど・・。
これをこれられれば、チョン・ジヒョンの魅力の魔の手にかかります。
ただご指摘のようにいろいろ言いたくなるところもあることは事実で、それらをひっくるめて受け止められるかどうかでしょう。
ということで、お口直しにイルマーレもぜひ観てください。

あと、うちのBLOGからリンクをはらせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
よろしくお願いします。
from: なつき   2004/12/26 5:09 PM
MITCHさん、こちらこそTB&コメントありがとうございます。
なぜか嘔吐シーンは結構大丈夫だった僕です。でもやっぱり前半が問題なんですよね。出来としては前半<後半<延長戦の順で段々良くなってますよね。「イルマーレ」の評判も良いようでそのうち是非。
リンクはどんどん貼っちゃって下さい。こんな取り止めも無いようなblogで宜しければ是非。
from: MITCH   2004/12/28 1:45 AM
さっそくLINKはらせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
from: なつき   2004/12/28 3:16 AM
MITCHさんどうもです。
こちらでもLink貼らせて頂きました。
よろしいでしょうか?
from: N耳   2004/12/28 9:25 AM
TBありがとうございます。
ご挨拶が遅れて失礼しましたm(_ _)m
別に腹を立ててたわけではありません、念のため(笑)
人の好みは千差万別ですものね(^^)
私はたいへん楽しめたのですが、中には「見る価値ナシ」な方もいらっしゃいましたよ(笑)

記事は少々古めですが、こちらからもお返しさせて下さいね♪
from: なつき   2004/12/28 3:51 PM
N耳さん、TB&コメントありがとうございます。
実はビビってました。(--#
嘘です(笑)。

見る価値なしとは思わなかったですね。
実感としては「惜しい!」てなところが多いわけで。
荒削りさの魅力と背中合わせですね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/202
本日10月30日はチョン・ジヒョンさんの誕生日です。생일 축하합니다! 彼女日本語もお勉強中らしいですね。12月に「僕の彼女を紹介します」が日本公開されるのでおそらくまた来日されることでしょう。せっかくスクリーンで
カノンな日々 | 2004/12/20 10:32 AM
半年以上前からK−POPを聴くようになり、今ではどっぷりはまっちゃってますヽ( ´д` )ノ そのうち、少しでも歌詞の意味を知りたいと思うようになって、今では、テキスト片手にテレビのハングル講座を見たりしています。ただし、さっぱり上達してませんが・・・。
あいらブックス! | 2004/12/20 2:59 PM
タイムカプセルを見る時刻は…。 大学生のキョヌは、地下鉄で1人の女性に出会います。かなりの泥酔状態だったのですが、年寄りに席を譲らない若者に対して啖呵を切り譲らせます。しかし彼女の酔いは酷く、なんと自分が座らせた老人の頭から嘔吐してしまいます(うっ)。
活動映像の街 | 2004/12/20 8:14 PM
【 2001年 韓国 】 監督 :クァク・ジェヨン 出演 :チョン・ジヒョン  チャ・テヒョン 他 遅まきながら「猟奇的な彼女」をみました・・(^o^)/ ほんとにほんっとに最高に面白かった・・☆
☆☆ つぶつぶみかん ☆☆ | 2004/12/20 9:46 PM
{/wakaba/}代表のゆうこです。 以前から気になっていた『猟奇的な彼女』を見ました。最近、韓国ドラマや映画を立て続けにみているのですが、それぞれのシーンで見られる韓国の文化や生活スタイルにとても興味を持っています。この『猟奇的な彼女』にも、たくさんの韓国
orange note 【Music blog】 | 2004/12/21 12:40 AM
こないだツタヤで借りたんですが、 かなり面白かった〜! 「ぶっ殺されたい?」が口癖のヒロイン。 かわいいけど、凶暴。 でも、どこか憎めない女の子。 ちなみに韓国モノ。 コメディーかと思ったら、意外と純愛モノでした!? それに影響されて、ラブストーリー(同
ORIZZONTE | 2004/12/21 10:34 AM
監督:クァン・ジョヨン 出演:チャ・テヒョン(キョヌ)、チョン・ジヒョン 【ストーリー解説】 可愛い顔して実は強烈キャラの「猟奇的」な女の子と、ちょっと頼りない純な男の子の「笑いと涙」の青春ラブ・コメディー。 1999年にパソコン通信「ナウヌリ」の掲示板
Dande Lion | 2004/12/21 2:13 PM
青い空に白い雲。外はきっと暑いに違いない。ちょっと歩いただけでも汗ばむくらいの夏の午後。 そんな日に僕は独り、今さらですが「猟奇的な彼女」のDVDを観ました。この映画を観たのはこれが初めてです。おもしろいという話は何度も聞いていたのですが、なかなかその
30歳独身男Kazuakiの映画日記 | 2004/12/21 11:39 PM
猟奇的な彼女 ★★★ 結構よかったです。 さわやかでした。 予告編を観て絶対イライラする作風だと思ったのに(でも面白そうでした)。 この女むかつくわーと思いながら観ちゃうんだろうなと思ったけど、それほどでもなかったです。 観終わっても残るもの。 女の子の
おえかき上達への道 | 2004/12/22 1:54 AM
じわっと泣ける韓国の感動ラブストーリー! 実は以前から名前だけ知っていて、「猟奇的な彼女」というのでどんな野蛮な女の子の話かと思ったら、すっごい素敵な魅力的な女の子じゃないですか!!チョン・ジヒョン可愛すぎです><すぐ殴るし、「死にたいの?」が口ぐ
OrdinaryDay* | 2004/12/22 11:46 AM
遅まきながら観ました「猟奇的な彼女」。レンタルDVDでの鑑賞。 この映画、前半の展開にいかについていけるかがポイント。 チョン・ジヒョン演じる「猟奇的彼女」が何者なのかの説明がないまま、とんでもない破天荒さを見せ付けられて、正直ちょっとひいてしまって
Good Speed | 2004/12/25 12:34 AM
ずっとタイトル通りな内容だと思ってました。 この映画サスペンス系じゃなかったんで
きりぎりすな日々-2 | 2004/12/28 9:27 AM
今日は年賀状の宛名を書きましたよ。 しばらく字なんて書いてないもんで、字は間違うわ漢字は思い出せないわ指は痛いわで大変でした。 でもとりあえずポストに突っ込んだので任務完了。 今日は彼も仕事納めで早く帰ってきたので、ゆっくりとDVD観てました。 今日は、"
+Diary+ | 2004/12/29 12:01 AM
綺麗なのに凶暴でそれでいて寂しげなしぐさがとてもキュートな“彼女”と、彼女に翻弄されながらも惹かれていく頼りない男の子キョヌの心温まるラブコメ。 彼女は正義感が強い反面ヤカラのようにキツい性格で、気に食わない事をする人が居ると赤の他人であっても平然と
そーれりぽーと | 2005/02/06 11:41 AM
好き度:★★★★★★★★★☆ 主演はチョン・ジヒョン、共演にはチャ・テヒョン。 大学生のキョヌ(テヒョン)は電車のホームで酔っ払った彼女(ジヒョン)を見かけ、電車の中で辺り構わず吐き散らす彼女を仕方なく介抱することに。 しかしキョヌは誤解から警官
嗚呼 Every day of a MOVIE | 2005/03/17 3:53 AM
韓国で大ヒットしたらしい…それだけの理由で見たところ、これが大当たり。 韓国恋愛映画の最高傑作といっても過言ではない作品。
映画の休日。 | 2005/03/17 8:27 PM
2001年韓国監督/クァク・ジェヨン出演/チョン・ジヒョン チャ・テヒョン心優しい大学生キョヌは地下鉄で泥酔状態の”彼女”を助ける。その日から、その可愛い容姿からは想像もつかないようなワイルドな”彼女”に振り回される、とんでもなく刺激的な日々が始まる。「
お茶の間オレンジシート | 2005/08/26 2:56 PM
浴衣を着ている彼女を見て、 「浴衣かわいくねぇー」 と言おうとしたら、、、 「ねぇ、あんたどうしてここ集合にしたの?」 「花火の場所どこにあるか知っているの?」 「要領わるくない?」 と3連発会った瞬間に言われてしまった(××) って、
ミュージックファクトリー音楽・映画勝手にレビュー | 2005/10/20 9:48 PM
猟奇的な彼女  おすすめ度:★★★★  レンタルショップでランキングの上位になっていた韓国映画だったのでDVDを借りて来て見ることにした。  見終わったあと、この映画はとてもいい映画だなと思った。  前半は、偶然駅のホームで彼女を助けたことから出
おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評 | 2006/01/05 10:23 AM
ただのラブコメじゃない!!ラストには涙が・・・ オススメ度:★★★★*  監督・脚本:クァク・ジョヨン  出演:チョン・ジヒョン     チャ・テヒョン     キム・インムン     ソン・オクスク <あらすじ> 大学生キョヌが地下鉄のホームで
あなたの心を揺さぶる映画、教えます!! -恋愛、ホラー、ファンタジー、青春、アクション、アドベンチャ | 2006/01/12 7:56 PM
計算され尽くした笑いと涙のプロット、そして魅力的な役者、韓流映画のレベルの高さを思い知った素晴らしい作品です。特にチョン・ジヒョンのキュートさに思い切りやられてしまいました。 出会いは最悪のシチュエーションです。キョヌ(チャ・ヒョン)は、電車の中で
文学な?ブログ | 2006/06/25 9:21 PM