なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
世界最強格闘技 UFC Fight Night: Florian vs. Gomi
JUGEMテーマ:格闘技全般


10/04/08 23:51


この冠の付け方はどうなのよ?というのはある。
ただ、確かに今は一番充実した総合格闘技プログラムと言えばUFCなんだろう。
でもって、それが普段テレビで見られないってのはもったいなくはある。

PRIDEをぶち壊し(これについては諸説ございますが)、
日本では悪役的なイメージもあるUFC。
あ、それは僕のことでもあるんですけどね。

そのUFCが本格的に日本に参入してくるかどうかの試金石になると言われる、このUFC FIGHT NIGHT。
日本でも有名でUFCでの実績もある宇野薫、
国内ではマイナーながらも、ここ数年でのUFCで実績が一番豊富な日本人岡見勇信、
そして日本人としては唯一だろう文句なしの世界最強と言われ目標とされた五味賄機

五味の試合はメインイベントであり、大会のタイトルにまで使われているように
非常に注目度が高い。

実際には11試合が行われているが、テレビ東京により放映されたのは日本人絡みの3カードのみ。
ま、そんなものか。

宇野薫 vs. グレイソン・チバウ

試合は5分×3ラウンド制。
UFCのラウンドガールは間違いなく綺麗だ。
そんなことを考えながら試合開始。
序盤は攻められながらも宇野逃げを披露する宇野。
中盤のスタンドでの攻防は拮抗する物の、残り2分を切ったところで、
明らかに体格で押すチバウが押しまくり、チバウの打撃にたたらを踏む宇野。
結局グラウンドでバックを取られ、止まないチバウの打撃にレフェリーが割って入った。


岡見勇信 vs. ルシオ・リナレス

ジャブを細かく出して、ストレートで攻める岡見に対して、
フック系の大きな打撃の目立つリナレス。
打撃戦では岡見の技術が上。
組み際に岡見が放った膝でリナレスは眉間に大きな傷を負う。
流血し、視界が狭まる中で岡見が押す展開が続く。

第2ラウンドも岡見が押し続け、
第1ラウンドで負わせた傷が元でRSCで岡見の勝ち。
完勝ではあったと思う。
ただ、詰めの弱さ、決め切れなさは感じちゃう。
RSCに成る前に、キッチリKOもできたはず。


五味賄 vs. ケニー・フロリアン

あれ?PRIDEの試合のVを使えるの?
と思ったら、今はPRIDEの資産を持ってるのはUFCか。(^^;

PRIDE時代「火の玉ボーイ」と呼ばれた五味、英語でも「FIREBALL BOY」とそのままなのね。

試合開始。
五味の表情は良い。
正直、戦極での五味は表情から冴えなかった。
こりゃアカンやろうてのが見えていた。

双方サウスポーでの構え。
何発か良いフックを相手に叩き込みつつ、
フロリアンの伸びるフックの距離を読み切れずに貰ってしまう五味。
近づいても、避けつつも膝を額に受ける。
右の差し合いはフロリアンが制した。

ファイナルラウンド、五味の右からの連打で一瞬ぐらつくフロリアン。
ただ、その直後にフロリアンの片足タックルでテイクダウンを取られる。
グラウンドでは鉄槌、パウンド、肘と多彩な打撃を喰らい、
ハーフガードの状態から、肩固めを狙われると足を抜かれてマウントポジションに。
最後は背後を取られてバックチョークにタップアウト。

いかにも五味の負けパターンに入ってしまった感がある。
終わってみればフロリアンの完勝か。
復活はあるか。
また観たい。

で、放送はあるのか?


実況席の秋山がうるさい。
ほとんど解説にはなってない。
音声多重放送でこいつの音声切れないか?

あ、ちなみについ先日近所の大きな寺で壮大な葬儀をしていまして、
そこからやけにがたいの良い兄ちゃんが出てきたと思ったら秋山成勲だった。
身体の厚みがやっぱり凄い。
でもって、顔がドス茶色い(笑)。

※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。


10/04/08 23:51
スポンサーサイト
- | 23:51 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/1984