なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「ハイビジョン・ジェットコースター」(DVD)
NHK-DVD~ハイビジョン~ジェットコースターVol.2
NHK-DVD~ハイビジョン~ジェットコースターVol.2

原題:「The American Roller Coaster」

誰も観てそうにありませんが、「ハイビジョン・ジェットコースター」というDVDを買いました。

メインコンテンツは「アメリカにはこんなにたくさんジェットコースターがあって、しかもとっても楽しいんですよ♪」という赤坂泰彦が様々なコースターを紹介していく物です。そのコースターを愛して止まないお客さんが乗りながら「ここよ、ここで一気にスピードが上がって最高なのよー!」とか叫んだりしてます(音声は吹き替え)。正直楽しくもなんともない(爆)。

で、一応おまけ映像みたいな位置付けになるのですが、本編で紹介しているコースターにカメラを乗せた映像があります。本編は2chステレオですが、この特典は5.1chで収録されていまして、この音と一緒にプロジェクターで観るとこれが結構楽しいのです。映像はもちろんスクイーズ、16:9収録。僕に取ってはこっちが本編。

残念なのは米国での収録なので国民性の違いなのか、乙女の悲鳴よりも野太い声で「Ha!Haaaaa!」とか「Yeahhhhhhhhh!」がメインなところ。没入度がちと下がっちまいます。
あと、カメラがコースターの車体の前に付けられている点。車のゲームなどでも感じるのですが、迫力重視なのは解るんですけど低過ぎる視点は違和感があります。乗客の視点と違うんですよね。希望としては座席の高さに固定して画面の下部に車体がちょっと入っている方が望ましい。

公式サイト?

※映画部門でblogRankingエントリー中。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。


スポンサーサイト
- | 18:32 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。