なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「サブウェイ123 激突」(試写会:ソニーピクチャーズ試写室 虎ノ門)
JUGEMテーマ:映画



PELHAM_ポスター


原題:「The Taking of Pelham 1 2 3」
監督:トニー・スコット
製作:トッド・ブラック、トニー・スコット、ジェイソン・ブルメンタル、スティーブ・ティッシュ
製作総指揮:バリー・ウォルドマン、マイケル・コスティガン、ライアン・カバノー
原作:ジョン・ゴーディ
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
撮影:トビアス・シュリッスラー
美術:クリス・シーガーズ
編集:クリス・レベンゾン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ラモン・ロドリゲス、ジェームズ・ガンドルフィーニ
本編:105分

Story
午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。

---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 2,980



公式サイト


期待していたんですよ。その期待を裏切らないできではありました。
こういう言葉の応酬で成り立つ、脚本とメインキャストで勝負という感じの作品は好きです。気付けばレビューは書いていないんですが、「交渉人」の緊迫感を感じる映画ですよ。

「交渉人」には及んでいないかと。残念なのはデンゼル・ワシントン演じるガーバーは交渉人を仕事にしているわけでもなく、たまたまそこに居合わせた鉄道会社職員であるため、交渉術を駆使するというレベルではなく、またそれもあってかその相手となるジョン・トラボルタ演じるライダーも知能犯という役割に似合うほどの知性を感じさせてはくれない。ま、それは単に元からそういう設定であるだけのこと。

ただ、二人ともキャラクターには合っていると思うし、豪華キャストの競演自体は決して無駄に終わってはいない。頭脳戦ではあるものの、その知性に圧倒されるというよりは、例えばテンションであったりで見せる感はある。

ジョン・タトゥーロがいまいち頭の悪い刑事役で出てくるんだけど、これの使い方が中途半端。もっとバカな役回りにしてしまっても良かったろうし、ガーバーに交渉術を教えるようなところをもっと大きくして、切れ者としても良かっただろう。

全体的なテンポは凄く良く、全編通して緊迫感があり、だれる場面を作らずに話が展開している。台詞劇の合間に現金輸送のシーンを絡ませ、画面にもスピード感を持たせ、緊張感は持続する。その繋ぎのシーンで「スタイリッシュな撮り方」っていうんですかね。やたらとコマ落としを多用します。空撮シーンとかでやたらと乱用するんですが、正直見づらい。テンポを出すためかとも思うんだけど、効果的かというと疑問。いや、全然効果がないとは思わないですが。この辺のセンスも兄のリドリーに及ばないところかなぁ。などと考えてしまったり。

少々ネガティブな書き方になってしまっている感はありますが、「良いんだけど、惜しい」みたいなところがあるって感想です。この手の作品としてはかなり好きな部類ではありました。

車での現金輸送のシーンなんですが、もう少し権力を使ってどうにかはならんもなんですかいね?緊急すぎて、関係各所の調整が図りきれませんでしたってこと?だからこその緊迫感あるシーンにはなっているわけですけれどもね。

テレビCMで煽っていますが、「なぜ1000万ドルなのか?」「なぜ59分なのか?」「なぜ1車両目だけなのか?」こういった問いはおおよそが筋の中で重要な謎でもなんでもない。なんとなく煽り文句として並べてみただけじゃないかな。これを真に受けて観に行くと、「あの謎に対する答えは?」と無駄な悩みを抱えることになりそうに思う。

原題は「The Taking of Pelham 1 2 3」。1時23分ペラム駅発の列車の話。Takeは「捕虜にする」とかの用法かな。直訳的なタイトルにするなら「地下鉄ジャック ペラム123」とかになりますかね。正直、邦題の「激突」がいまいち意味が分からない。どこから出て来た言葉なんですかね?煽り文句の話と併せて、この作品の担当者のセンスに納得がいかない。

1974年、35年前に公開された「サブウェイ・パニック」のリメイク作品なのですが、その「サブウェイ・パニック」については、この「サブウェイ123」を知るまで知らなかった作品ですけどね。原題は「THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE」。こっちはアラビア数字ではないけど、基本的にそのまま同じタイトルを付けたわけですな。

会場は初めて入ったソニー・ピクチャーズの試写室。
事前に情報は入ってきていたんですが、エレベータの呼び方から特殊。エレベータホールにところにボタンがありません。ホールの手前の廊下の壁に操作盤があり、その操作盤(複数有って、どれでも良いらしい)で目的の階を押すと、操作盤の画面にどのエレベータに乗れば良いのか、アルファベットが表示されます。で、その指定されたエレベータに向かうのです。ここで気を抜いていると呼んだはずのエレベータはいつのまにかいなくなっています。で、操作盤に戻ってもう一回呼ぶ。

PELHAM_操作盤


これって、便利か?(笑)

で、そんなこんながあって、無事エレベータに乗り込んで目的階に着くと目の前にソニー・ピクチャーズのオフィスがあります。

PELHAM_受付


キレイな受付にはもちろんキレイなおねえさんが。ま、社員じゃなくて派遣の方とかだろうと思われますが、何はともあれキレイです。が、これ以上寄って撮ってたらつまみ出されると思われるため、我慢我慢。

ちなみに受付にはおねえさんに加えてスパイダーマンが待ち構えてますよ。
で、試写室なんですが、横長です。大きくゆったりとした、肘掛け付きの椅子は前後にもスペースに余裕があり、真横に並ばず、アーチ型に緩い弧を描いて設置されます。最初に近い入場だったために真ん中の席を選びましたが、横の方でも比較的見やすい様に出来ているようです。

肝心の映像ですが、残念ながら今ひとつ。上映開始と同時に「ピントが甘い!」と感じたのですが、そのまま修正されずに上映。最新のソースで、この新しくキレイな試写室だと思えば、もっと高画質での上映も可能であっただろうことを思うと、残念な少々眠い映像でした。試写室でこれじゃもったいない。


※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
09/08/28 20:46
スポンサーサイト
- | 20:46 | - | -
コメント
from: tororo   2009/09/09 7:11 AM
ソニー・ピクチャーズのオフィス かっこいい!
でも機密保持だと思いますがエレベーターは混乱しそうですね。
from: なつき   2009/09/09 1:20 PM
tororoさん、まいど〜。
ソニーの建物ってわけではなかったと思うんですけどね。
でも、他のソニー・ピクチャーズの試写室のある建物でも同じエレベータの
仕様みたいで。

試写室ってキャパがないんで、なかなか当選しないんですが、それぞれ特徴的で
楽しいですよ。
from: BC   2009/09/10 11:20 PM
なつきさん、こんばんは。
〜青いそよ風が吹く街角〜のBCと申します。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

謎に対する答えは曖昧なままでしたね・・・。
邦題のサブタイトルは「激突」にするよりも
“対決”にしたほうがマシだったような気もしました。
from: なつき   2009/09/11 1:13 AM
BCさん、コメントありがとうございます。
謎の答えについては、映画が悪いんじゃなくて、その謎(じゃないのに)を
宣伝文句にしちゃった配給会社の問題なんですけどね。
あの宣伝の仕方は間違いだったと思います。

「激突」という邦題も合ってませんよね。
僕はBCさんよりこの映画は気に入っているんですが、そういった点でやはり残念です。
「対決」は断然ありです。
from: バラサ☆バラサ   2009/09/23 1:22 AM
あのカット割は、トニー・スコットの癖みたいなものですから。本人はカッコいいと思っているんでしょう。

激突するのは、パトカーとトレーラーですから。変なタイトルです。

「サブウェイ・パニック」は、当時パニック映画ブームだったので、無理やりつけたと思われます。
from: なつき   2009/09/23 12:32 PM
バラサ☆バラサさん、まいど〜。
そ、その激突!?
って、確かに物理的な激突はそれしか思い浮かびません。

そうか〜、時代的にそういうタイトルだったんですね。
僕は「タワーリング・インフェルノ」が好きでした。
DVD買いましたが、長すぎて観てません(笑)。
from: バラサ☆バラサ   2009/09/27 11:24 AM
「タワーリング・インフェルノ」傑作です。
リチャード・チェンバレンの悪役、ロバート・ボーンが例によって情けない役、フレッド・アステアの可愛い爺、素晴らしいキャスティングですよ。
エレベーターから転落しそうな男の腕を引っ張り続け助けるスティーブ・マックイーン。無事救出後、ガッチリ握手をする姿に痺れました。
長い映画、しかも昔の作品なんで、今観ると退屈な箇所が多いかもしれませんが・・・
from: なつき   2009/09/29 1:18 PM
バラサ☆バラサさん、まいど〜。
確かに、今のせわしない作りの映画からすると多少冗長に感じられる可能性もあるのかな?
でも、やっぱり名作だと思うんです。
改めてDVDで観るかな〜。
ブルーレイでも発売されちゃっているので、それはそれで気になっています。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
☆母親が、<MOVIX昭島>で、アンケートに答えたら郵送されてきたフリーチケットをくれたので、私が行ってきた^^    ◇  物語は、NY地下鉄の管制官ガーバー(デンゼル・ワシントン)が、地下鉄を乗っ取った犯罪者集団と、心ならずも交渉しなくてはならな
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2009/09/07 12:52 AM
2009年:アメリカ映画、トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ主演。
〜青いそよ風が吹く街角〜 | 2009/09/07 1:09 AM
「銃の力」かぁ……。 『サブウェイ123/激突』 "THE TAKING OF PELHAM 1 2 3" 2009年・アメリカ・105分 監督・製作:トニー・スコット 製作:トッド・...
【待宵夜話】++徒然夢想++ | 2009/09/07 1:58 AM
<<ストーリー>>午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡す
映画君の毎日 | 2009/09/07 3:26 AM
映画『サブウェイ123 激突』を観て来ました。採点は★★★☆☆(5点満点中3点)です。ホントは3.5点。 硬派な男たちのドラマです。デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの2大スターがオヤジパワー全開で闘います。ハラハラドキドキの地下鉄パニック映画でち
ディレクターの目線blog | 2009/09/07 4:43 AM
【 44 -10-】 大阪労働大学に行きだしてから、週に2日(たまに3日)が潰れてしまうので、その他の日に仕事や用や飲み会やらが押し込まれてしまってなかなかフリーな日がない。 たまに友人から「飲みに行こうよ、いつが空いてる?」って聞かれて、「えーっと2週間後の・
労組書記長社労士のブログ | 2009/09/07 5:13 AM
サブウェイ123激突「サブウェイ123激突」を鑑賞してきましたデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化
日々“是”精進! | 2009/09/07 5:21 AM
平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よく記憶がなくなるんだけれど^^; 眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、少なめかな(平日のレイ
いい加減社長の日記 | 2009/09/07 5:48 AM
平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よく記憶がなくなるんだけれど^^;眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかな(平日のレイトショーなら、こんなもんか?)。「サブウ
いい加減社長の映画日記 | 2009/09/07 5:57 AM
今晩は、これから虎ノ門ニッショーホールで試写会「サブウェイ123」を観ますトニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演です。70年代の傑作「サブウェイ・パニック」のリメイク作品だそうです。レビューは、家に帰ってから、また追記しまー
流れ流れて八丈島 | 2009/09/07 6:23 AM
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/09/07 6:35 AM
公式サイト。原題:THE TAKING OF PELHAM 123。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ。1974年公開の「サブウェイ・パニック」のリメイク。
佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/09/07 8:35 AM
映画館にて「サブウェイ123 激突」 1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 おはなし:NY地下鉄、1時23分ぺラム発の列車の一両目がハイジャックされた。ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59
ミチの雑記帳 | 2009/09/07 9:49 AM
-----今日の映画はね、 読み方がちょっと変わっているんだ。 「サブウェイ」のあとの「123」、 これは「ひゃくにじゅうさん」って読むんだって。 「いちにさん」じゃないんだよ。 これ、配給会社からの指定。 どういう意味かって? 「サブウェイ」だから、てっきりその車
ラムの大通り | 2009/09/07 9:56 AM
デンゼル・ワシントンもジョン・トラヴォルタも好きなので観に行きました〜【story】午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と
★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/09/07 10:42 AM
記事投稿日時 2009年8月27日0:30 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャース
シネマ親父の“日々是妄言” | 2009/09/07 11:06 AM
中野サンプラザで行われた9/4公開のデンゼル・ワシントン、ジョ・トラボルタ主演サブウェイ123 激突の試写会に行ってきました。 人多すぎ。 公開前の試写会でサンプラザを埋めるような人を集めたら公開初日の観客動員数に影響を与えるんじゃないでしょうか。
西麻布でランチとか東京散歩とか。 | 2009/09/07 11:16 AM
「サブウェイ123激突」監督トニー・スコット出演*デンゼル・ワシントン(ウォルター・ガーバー)*ジョン・トラヴォルタ(ライダー)*ジョン・タートゥーロ(カモネッティ警部補)*ルイス・ガスマン(レイモス)*マイケル・リスポリ(ガーバーの上司ジョンソン)*ジェー
だめ男のだめ日記 | 2009/09/07 2:53 PM
原作の『サブウェイ・パニック』は知的で洒落っ気のある名作だったのに対し、リメイク作はまさにトニー・スコット印の「ザ・ハリウッド」なドンパチ映画でした。知的な面白さが全くないうえに、ラストではテーマが「対決」から「NYに潜む孤独」にすり替えられていたこと
めでぃあみっくす | 2009/09/07 7:42 PM
☆☆☆−− (5段階評価で 3) 9月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:25の回を鑑賞。
みはいる・BのB | 2009/09/07 9:35 PM
1974年の映画『サブウェイ・パニック』のリメイク。ただし、設定は異なっており、ガーバーが、鉄道警察官からMTAの輸送司令になっている。 ガーバーを演じるのは、アカデミー俳優のデンゼル・ワシントン。彼は、わざわざ太って役作りに励んだという。その役作りの成果
勝手に映画評 | 2009/09/07 9:52 PM
評価:★★★[3/5] いいんだけど、何かが足りない・・・
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2009/09/07 10:24 PM
『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リ
LOVE Cinemas 調布 | 2009/09/07 11:21 PM
公開スケジュールを見てると、この秋以降は超話題作じゃなくてもフライングで金曜に公開されるパターンが増える。 そんな無意味にフライングする最初の映画『サブウェイ123 激突』を観てきました。 ★★★ オリジナルは観てません。 トニー・スコット節炸裂なカッ
そーれりぽーと | 2009/09/07 11:26 PM
名作サスペンス「サブウェイ・パニック」を、トニー・スコット監督がリメイク。デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタという2大スターの競演が魅力的だ。ガーバーはNY地下鉄運行司令部で働いている平凡な地下鉄職員。1台の電車が緊急停車し、1両だけ切り離さ
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/09/08 12:13 AM
ジョン・トラボルタ演じる地下鉄ジャック犯ライダーと、デンゼル・ワシントン演じる地下鉄職員ガーバーの心理戦。二人の名優のぶつかり合いはそりゃあもう見応えがあった。しかしながら、う〜ん、逆に言えば主演がこの二人じゃなかったらあまり記憶に残らない作品のよう
SOARのパストラーレ♪ | 2009/09/08 12:20 AM
「サブウェイ 123 激突」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ主演 トニー・スコット監督、105分、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★              
soramove | 2009/09/09 7:46 AM
安全管理は万全に。  
Akira's VOICE | 2009/09/09 11:00 AM
123号車、応答せよ── 要求は何だ?
Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2009/09/11 1:33 AM
予告編につられて、つい観た1本です。原題VS邦題かも?
My Favorite Things | 2009/09/14 1:08 PM
 「サブウェイ123激突」の試写会に行ってきた。原題は"TheTakingofPelham123"。「ペラム発1時23分の乗っ取り」てなとこか?ニューヨークの地下鉄が1両ハイジャックされて、乗客の身代金を要求する犯人(ジョン・トラボルタ)から交渉役に指名された地下鉄職員(デンゼル・
第1学区 学級日誌 | 2009/09/15 12:40 AM
いよいよTOHOシネマズのシネマイレージ6000ポイントを使って、 1ヶ月フリーパスをゲット。 1ヶ月間観まくるぞーーーって事で、初日は4本観ちゃいました。 その1本目。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2009/09/17 2:45 AM
  □作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェー
京の昼寝〜♪ | 2009/09/17 5:36 PM
「サブウェイ123 激突」、観ました。 ニューヨークのペラム駅の地下鉄に異常が発生する。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーが事態を把握...
クマの巣 | 2009/09/18 10:13 AM
 トニー・スコットの3年ぶりの監督作品。そして好きな俳優が主役として2人も登場している。これは観なくては!とサブウェイ123 激突を観てきました。
よしなしごと | 2009/09/21 11:08 AM
2009年9月21日(月) 19:00〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブー
ダイターンクラッシュ!! | 2009/09/23 12:07 AM
トラちゃんとデンゼルのやりとりは迫力ありでした・・
心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2010/03/05 10:15 AM
「トップ・ガン」や「マイ・ボディガード」「デジャヴ」などの作品で知られる英国出身の米アクション映画の鬼才、トニー・スコット監督がメガホンを執ったクライム・サスペンス「サブウェイ123激突」(2009年、米、105分、コロンビア映画配給)。この映画は、
シネマ・ワンダーランド | 2010/04/04 4:46 AM
九州よりも東京の日没が早いのが違和感だったピロEKです。 今週は夜勤週。お仕事は多めです 毎年この時期は少し忙しいらしく、去年のこの頃からコメントへの返事が停滞…未だに...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2010/10/19 4:14 PM
あらすじ地下鉄ジャックしたライダーと名乗る男が身代金1000万ドルを要求、地下鉄職員のガーバーが交渉する事となり・・・。感想74年の映画『サブウェイ・パニック』のリメイ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/10/30 9:34 PM
9-51.サブウェイ123■原題:TheTakingOfPelham123■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:寺尾次郎■鑑賞日:9月9日、渋東シネタワー(渋谷)スタッフ・キャ...
KINTYRE’SDIARY | 2010/11/21 11:42 PM