なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「青春アカペラ甲子園 ハモネプリーグ8」
とりあえず毎度観てます。
「力の限りゴーゴゴー!」のコーナーだった頃から観てましたし、CDなんかも買っていたり。(^^;

実は、学生時代にちょっとアカペラのまねごとしていたんですよ。あ、まねごとっつうか要するにアカペラしていたわけです。下手でしたけど。大して練習もしなかったし。

・A-BLOCK
先頭のダイナモが「ガッツだぜ!」てのは番組的な戦略ですかね。全体的には良いなぁと思うんですが、敢えて言うとアレンジで多少残念なところが。本歌にあったパートで失われてしまったところで不足感があったり。ジュブナイルはメインボーカルが飛び抜けた印象の常連チーム。今回もコーラスが何度か音の入りで乱れて勿体ない。その後輩というサークスは元気があるのは良いけど、言葉の頭でぶつかり合う場面が多くガチャガチャとした音になってるかな。バブル好きの彼は格好でそれだけ気取るなら、歌ももっと気取っちゃえばイイのにな。
勝ち上がりは、そうだろうねって感じでジュブナイル。

・B-BLOCK
ウタツグミの95は高すぎじゃないか?と思う。嫁ちゃんがA-BLOCKのときから何度か言っていたけれど、曲からするとボイパが大きすぎ。とはいえ、ボイパの音量コントロールってすんごい難しいだろうことは分かる。全然できないけど。ただ、メインボーカルとボイパだけのところではもっとメインを立てないとアカンやろうと。もののふの「ULTRA SOUL」は意外に点数が伸びませんね。ロックは点数辛目になりますわね。こういうのを適当に上げておいた方がバリエーションは付くんですが。はともかく最近はULTRA SOULを聞くと次長課長 河本がちらついてしょうがないの法則。なつメロの「さよなら」はサビの三度目の「さよなら、さよなら、さよなら〜ぁぁ」の下がる「〜ぁぁ」がない時点でオフコースの名曲ではなくなった。やっちゃいけないアレンジがある。A-Zの前回の「STORY」で出した97点は少々納得が行かない気もしていた。でも、今回の「First Love」は凄い。メインボーカルはど頭はそれほど良いかな?と思ったけど、その後の圧倒的な技量には痺れる。コーラスもそれを支える出来。コーラスワークの良さはここまでで飛び抜けている印象。
勝ち上がりは、点数以上に圧勝の感のなるA-Z。

・C-BLOCK
演パクト、どこがJAZZ?まずはちゃんと演歌を作って、その上できちんとアレンジしようよ。全くスイングしないアレンジだけでもうダメ。どうぶつはメインの子が面白い。発声に難のあるところがあるし技術的には未熟な部分も散見するけれど、声は凄く良い。出だしの上に被せるコーラスも良い。これが87点はどうなんだろう。普通に90点台には乗って良いはず。次に出てきた高校生、ちゅララ♪が「夏祭り」を歌って上に行ったのはハモネプ的青春採点か。AS★KNOWは正直凄い印象はないけど、底が高く穴がないという印象。The Companyは今大会屈指の面白さ。もう一曲観てみたいという点では一番かも知れない。バラードばっかじゃなくて、こういうが上がってもいいのにな。
このブロックばかりは納得のいかないAS★KNOW勝ち上がり。

決勝前にRAG FAIRが歌っていたけれど、圧倒させるのはおっくんのボイパの音圧。細かいテクニックの巧拙は分からないけれど、この音圧をキープするだけでも素直に凄いと感じられる。もちろん全体としてのパフォーマンスはさすがに(ほとんどのグループと)ちょっとレベルが違う。

・決勝戦
ジュブナイルってベース上手いな〜。安定しているわ。メインとリズム隊の二人からすると、コーラスの3人が少し落ちるかな。残念なのは、最後の最後の抜き方がちょっと雑だった。ここに余韻があれば仕上がりが違ったのに。

A-Zは全体のパッケージとしてのできが抜けている感がある。メインの彼はレミオロメンかと思ったけど、DEENかな。あ、その辺よりも好きなぐらいですけど。上で被せる双子じゃない方のコーラスの子がまた上手いわ。双子ちゃんも含めピッチにこれだけ不安のないグループはないですわ。高いところでバランスが揃っているんだろうな。

AS★KNOWはやっぱりバランスは良いんだけど、小粒な印象。他の2チームよりはちょっと下回るんじゃないかと。

決勝の3組が全部男性ボーカルのグループで、歌うのは女性ボーカルのバラード。番組的にはなんとも詰まらん展開。だからどうぶつやThe Companyが勝ち上がるべきだったんだよな〜と番組制作側の視点で偉そうなこと言うオレ(笑)。

優勝は期待通りA-Z。


ちなみに最初にアカペラに痺れたのは、The Flying Picketsの「Only You」だったかな。もしくはHuey Lewis and The Newsの「It's All Right」やアメリカ国家。小学校の頃の話。






※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
スポンサーサイト
- | 23:44 | - | -
コメント
from: ヒタカ   2009/09/02 10:49 PM
 俺も見てたよ〜。
 「どうぶつ」と「The Company」、俺もすげぇ押したかったのになぁ。
 残念ってか、どこ見てんのよ、と言いたくなったり。

 で、最後に、ものすごく懐かしいものを持ってきたねぇ。The Flying PicketsにHuey Lewis and The News。

 あれは、マジでよかった。
from: なつき   2009/09/02 11:10 PM
実兄、まいど〜。
ぷぷ、兄弟で目を付けるグループ一緒かい。
音楽の趣味はある程度離れただろうと思うのにな。

で、動画は実兄釣りようの餌と言えないでもない。
懐かしかろうが。
Huey Lewisについては国家で良い動画がなくてね、残念。
So Much in Loveなんかも良いぞ。
from: ヒタカ   2009/09/04 4:33 PM
 夕べ、YouTubeでSo Much in Loveやなんかを聴いたら、今日の俺のテーマソングがそうなっちゃったよ。
 朝からずっと、頭の中でSo Much in LoveやIt's allrightやOnly Youが鳴り続いてる。

 思えば、初めて行った(そして、今のところ最後だ)のHuey Lewis and The Newsのライブでやってくれたアカペラは、So Much in Loveだったと思う。
 生はよかったよぉ〜。
from: なつき   2009/09/05 6:08 PM
実兄、まいど〜。
頭の中で楽しく"So Much in Love"聴きまくれたことだろう。
そのうちまた良いネタを提供してやろう。

生はなおさら良いだろうなぁ。
自分としちゃ国家やIt's All Rightが聴いてみたいわ。
アカペラじゃなくても彼らの演奏は聴いてみたいけどね。
コメントする