なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
2009 NPB順位予想(つうか願望)パ・リーグ編



こっちはある程度まじめに予想。
とはいえ、順位ってのは見えないなぁ。とはなから弱気。


6位)千葉ロッテ・マリーンズ
5位)北海道日本ハム・ファイターズ
4位)オリックス・バッファローズ

3位)西武ライオンズ
2位)東北楽天イーグルス
1位)福岡ソフトバンク・ホークス


最下位にマリーンズ。
好きなんですけどね。これといったマイナスがあるわけでもないんですが。
プラスが見えてこない。個人的には愛しのコバヒロの復活があるのかどうかといった辺りが気になります。投手陣はちょっと年齢層が上がって来ているものの、清水、渡辺、成瀬、小野、唐川と豊富なんですが、誰も彼も安定感に欠ける。盤石の抑えも不在で1位もあるけれど、最下位にもなりかねない投手陣じゃないかと。あ、成瀬は休んでますね。この辺の復活の可否も大きいなぁ。

打撃陣は好打者は多いけれど、打線としては迫力不足。
そこをバレンタインの采配でどうにかしてきたチームだと思うんだけれど、もうちょっと新戦力が台頭してこないと厳しいでしょう。


5位にはファイターズ。
ダルビッシュは凄いですよ。それこそ20勝以上しうる一番の候補者でしょう。今シーズン抑えは誰がやるんですか?てのをそれほど気にしないでも彼に関しては大丈夫です。200イニングと二桁完投は彼に関してはノルマと言えるでしょう。だけど、それに続く投手がどれだけいるのかといったところだろう。駒数は揃っているけれど、武田勝にしても、多田野にしてもちょっと足りない印象。藤井が輝きを取り戻せるなら面白いが。

打線としては、二岡が金子と遊撃でポジションが被ってしまうし、三塁だと小谷野と被ってしまうためにDHでの出場が多いようだけど、足の不安があるにしても、勿体無い話だと思う。もし、足の状態が悪くないなら外野手でも頼りになる選手じゃなかろうか。守備は全体に良いチームで外野手のレベルは高い。森本・稲葉も良いが糸井の守備も凄い。

よくよく考えると、ちょっと歯車が噛み合っちゃえば簡単に上位に行けるであろうチーム。2006,7年のリーグ覇者ですからね、そりゃそうか。


4位はバッファローズ。
大石監督は良いよね。チームの雰囲気が一気に良くなったし。彼の現役時代からすると守備主体の渋いチームになるかと思ったら、それまでのチーム編成もあってか更にそれを推し進めての超強力な助っ人打線を作りましたね。最大実績で考えれば4人だけで年間180本以上ですよ。ま、さすがにこれはありえないでしょうが、この6割でも100本行きますからね。迫力は凄いです。

昨年の2位で今年の評論家の評価が高く優勝予想の声も上がっていますが、やはり投手力が不足していると見ています。10勝投手が4人いるという事実はありますが、昨年だけの実績で今年も同じ働きを期待するのは酷というものです。一昨年の成瀬、涌井等も昨年は同様の数字は残せませんでした。そういうものです。例えば金子は10勝で完投ゼロ。防御率はほぼ4点。山本、近藤も10勝ずつというのはなんとも微妙。小松の数字は完投以外は文句がないが、実質二年目で同じ働きができるものか。個人的には平野が買い。彼が復活して今の打線をバックに投げればどれだけ勝てるのかと期待もできる。


3位は大方の大本命であろうライオンズ。
強いだろうと思います。昨年の成績はまだMAXでもないかなとも思え、もちろん期待値は高い。でも、昨年の優勝チームをそのまま予想しちゃったら何も面白くない。なので3位です。

打線は良いでしょう。20代後半から30前後に良い経験を積んだ選手が豊富で大きな穴が見られない。右打者が優勢のチームにあって、清水が存在感を出せるようであれば更に心強い。

投手陣は、涌井と岸が揃って15勝を期待できるレベル。懸念材料はは、西口と石井の衰え、石井に次ぐ左腕がどれだけ働けるか。帆足が昨年並みに働ければもちろん素晴らしい。普通にやっていればとりあえずCS進出は間違いないだろうチーム。


2位は楽天イーグルスを入れておきたい。
岩隈のWBC疲れがどの程度かにもよるけれど、マーくんは大丈夫であればそろそろ15を勝てる投手に育っている感がある。他は多少小粒な感じになるかも知れないけれど、このレベルの二人がいるというのは力強い。抑えが安定すれば投手陣としては問題はないだろう。

打線や守備は野村の元で穴だらけだった状況からはかなりマシになってきているし、よそからそれほど遜色のないレベルにはなっているだろう。たまにポカはあるけどね。中村、セギノール、山崎といった辺りがどれだけ怪我なく元気に打線の中心に座り続けられるかがポイントかな。リックや高須、鉄平といったヒットを打つのが巧い選手は揃ってきているから、十分戦えるだろう。


1位)福岡ソフトバンク・ホークス
隔年投手の杉内が良いはずの年で、和田は働くだろう。ここに新垣がきちんと投げられれば強いし、期待しているのは大場。大隣が昨年以上の数字を残せるようなら左腕王国と言えるだろう。気になるのは斉藤和巳。復活しないのか?

早速多村が消えているが、松中・小久保もどれだけ試合に出られるかが重要。最近(川崎)宗くんも故障がちです。ここは他のチーム以上に故障による戦力低下が毎年の成績に大きく影を落としています。これがどうにかなればねぇ・・・。王さんも良い形で勇退できたろうに・・・。

秋山新監督は現役時代大好きだったので応援したいのです。勝って王さんの作ってきたチームであったことを誇って貰えると嬉しいななんて思ったり。


パは接戦が期待できて良いですねぇ。
ある程度戦力の均衡が取れてきたと思うし、どこにだって優勝の目はある。ましてやCS進出ってことならば、更に混沌の度を増しますね。結構MX-TVで中継は放送されるし、何より日々Yahoo!で全試合が観られるというのは大きい。ジャイアンツ戦でさえ、テレビ放送がなかったり、延長されなかったりを考えると今は圧倒的にパの試合に触れる機会が増えるわけで。パ党としては堪らんものがありますわ。


※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
09/04/05 23:45
スポンサーサイト
- | 23:45 | - | -
コメント
コメントする