なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
'09 WBC サンディエゴラウンド 日本VS韓国(その2)
JUGEMテーマ:WBC


攻撃がことごとくチグハグ。
城島の退場もチームをまとめ、鼓舞するようなものでもなく、
それにあれは普通にストライクですわ。
凄く良いボールではあるが。


三回の表などでも、どうも「打線」が機能しない。
先頭の岩村が四球で出塁。
足を使うというフリを見せるだけでも相手に取ってプレッシャーになる。
不調のイチローに対するアシストにもなるというものだ。

例えばペナントレースの中で四番打者の打順ではあまり足を絡めないチームは多い。
「四番の勝負の邪魔をしない」という考え方。
どうも、イチローに対してそういう扱いになってしまっている気がしてならない。
原の遠慮が見える気がしてならない。
監督しての威厳はあるんだろうか?

で、イチローはどうなんですかね?
気持ちが弱ってしまっているような。
外せないなら9番で使ったりってのはどうよ?

チームとして最善の努力ができていなければ、勝てる相手ではないだろう。
少なくともチームとして韓国の方が結束している気はする。

投手陣はおおよそ良い。
ダルの取られた3点のうち2点は岩村のせい(と信じてます)。

レベルの高い控えの活かし方をもう少し考えて欲しいな。
ホント、メジャー組を控えに回す勇気を持たないとダメだ。

村田の粘り強いバッティングは良いなぁ。
こういう率の残し方が身につけば三冠王を目指せる位置にも来ているんじゃないかと。
ま、これは先の話。


※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
スポンサーサイト
- | 21:41 | - | -
コメント
コメントする