なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
鴨屋 そば香@妙蓮寺
JUGEMテーマ:蕎麦


妙蓮寺駅前にできたおそば屋さん。

開店してすぐにも関わらず、なかなかの評判。

気になって気になってしょうがないけれど、平日はなかなか行けない。週末であれば家族で行けるタイミングが必要。で、やっとお邪魔できました。


このお店、屋号が「鴨屋 そば香」なのですが、これって「そばか」なんですかね、それとも「そばこう」?お店の方に訊けば良かったですわ。誰か正解知っている人教えて〜!


そば香_外観


すっきりとした外観。


大きな窓から、店内の様子も伺えます。

外(画像右下)に置いてあるメニューを拡大。

そば香_Menu


う〜ん、この3品だけで勝負のお店か?


どのみち親の二品を注文しかできないので、気にせず入店。


前客ゼロ。

さすがに平日で昼時を外したせいで空いている。

12時台はよく入っているらしく、嫁ちゃんが「混んでいるな〜」と思いながら前を通ることも多いらしい。


扉を開けて中に入ると、早くも良い香りが。

鴨汁の仕込みの香りの様です。こりゃ期待が高まりますよ。


カウンターのみの細長い店内に入り、席につくと目の前にメニューが。

そば香_Menu2


セットが加わりました(笑)。
基本は表にあった3品だけですね。


小猿用には子供用の短い箸を出して下さいました。

そば香_箸


子連れ客OKの姿勢は住宅街にあってはできるだけ欲しい心遣い。
こういう敷居の低さはありがたいです。


箸について言えば、My箸自体は嫁ちゃん&小猿分も用意してあるので、持ち歩けば良いのにねって話はございますが。(^^;


まず提供されたのは、鴨せいろ用のつゆ。

そば香_つゆ


調理中から良い香りがしているんですよ。

鼻腔をくすぐるなんとも芳しい空気が店内を満たしています。
その正体が目の前に姿を現した!ってな感じでございます。



器も味がありますね。



そばは細長い器に盛られて出てきました。

そば香_そば


これは僕用の並盛りのそば。



御前粉(いわゆる更級粉)で打たれたそばは白くて美しい。

そば香_UP


あ〜、好きですわこのルックス。


そばの香りは強くはないですね。
って、「そばの香り」をあまり理解もしておりませんが。


そもそも、香りということに関しては、鴨汁の芳醇な香りに勝てるはずもなく、であれば食感こそがこの組み合わせにおいては命なんじゃないかと思うわけです。


あ〜、美味いー!

そば香_ヲタ


御前そばのなめらかな食感と、そして何せこの汁が堪らんぞ。


今まで食べたことのない鴨汁です。
濃厚なんです。
とろみがついていて、そばに絡んで絡んで絡みまくります。


期待通り。
いや、それ以上の味わいですよ。


鴨はよくある写真の様な薄い切り身になったものが数切れ入っている。

そば香_ヲタ


更に写真の左下の方に映っているつくねが入っているのだけど、どちらも良い。

上に、薄い切り身と書いたもののぺらぺらなものではなく、食べではあり、しっかりとその旨味を噛み締められる。


こちらは、セットで出てきた鴨茶漬け

そば香_茶漬け



で、鴨汁をかけてみた。


そば香_茶漬け2


ちょっと鴨汁をけちったばかりにいまいち茶漬け感に欠けますが、そばを食べ終わってからかけるとつゆが足りなくなりそうで怖いし、早めにあんまりかけちゃうと、そばを食べるのに足りないかも、なんてことを心配してしまって中途半端に。


で、写真には撮っておりませんが、嫁ちゃん&小猿は御前せいろを大盛り(+150円)で。


御前せいろのつゆは鴨汁に比べると特別な個性を感じるものじゃありませんが、美味しかったです。甘口というよりは若干辛口といった感じかな。キリっとした飲み口の物でした。


でもって、また嬉しいのが嫁ちゃん&小猿用のせいろのそばつゆは御替わり分まで用意して下さいました。もうちょっと小猿が大きく、食べられるようになりましたらきちんと二杯頂きますので〜!と申し訳ない気持ちになりつつもありがたく頂戴致しました。


そば湯の器もまた味わい深い。

そば香_そば湯


つゆを割って、三人で美味しく頂きました。


このおそばがこの値段で頂けるのはかなりありがたいことだと思われ。
なんとも嬉しい限りでございます。
あー、良いお店ができたもんんだー。


また、来ますよ!


他にこちらを紹介しているblog。
アバンテ日記
はらぺこラッコの横浜散歩
MusicArena
食べる日記

※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
08/08/04 13:50
スポンサーサイト
- | 13:50 | - | -
コメント
from: ゆうゆう   2008/09/13 9:05 PM
 なんて食べるものに恵まれている沿線にお住まいでいらっしゃるのでしょう。
 
 沿線食べ歩きたい。

 こちらと来たら、あるのは、雲海ばかり(違っ(笑))(T^T)くぅ-

 鴨が、そばが、蕎麦湯が、いいないいなあ。
 ほっこり仲良しファミリーにも、ご馳走様でした
 ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ
from: なつき   2008/09/15 1:08 AM
ゆうゆうさん、まいど〜。
そんなに特別な沿線でもないとは思いますが…。
とはいえ、やっぱり多いんですかね?(^^;

こちらは早く二度目を試してみたいお店です。
from: primex64   2008/10/05 1:08 PM
こんにちは。自サイトの検索でこちらを発見致しましたw

このたびは拙blogの引用と掲示、誠にありがとうございます。私のblogはオーディオの音質に効くクラシック音楽CDを中心にやっております。もし宜しかったら相互リンクをお願い出来ませんでしょうか?
from: なつき   2008/10/05 9:37 PM
primex64さん、どうも〜。
あ、無断リンクで済みません。
確かTBは呆気なく蹴られました。(^^;

リンクは別に構わないのですが、primex64さんのところは純粋な音楽blogじゃないですか!
僕はAV趣味はありますが、Aよりは断然Vよりなので。
と思ったら、いつの間にやら随分と食事ネタ(主にラネタ?)が増えてますねぇ。
from: primex64   2008/10/06 2:33 PM
確かに私はVは殆ど見ませんが、これからはそっち方面もやってみようかと・・。ということで、是非相互リンクお願い致します! TBが蹴られたのはよく分かりませんが、調べてみます。実は、このblogはmixiからのミラーサイトでして、退会した人からのリクエストで始めました。食い物のエントリもその人たちからの要望で載せ始めました。

ってか、リンクにWhitewindyさんがいらっしゃるんですね。私のリアル友のお一人ですw
from: なつき   2008/10/06 11:41 PM
primex64さん、どうも〜。
あ、分かり難い書き方でしたね。
リンクを拒否するつもりでもなんでもないんですよ。(^^;
うちで良いのかな?てな感じで。

もっと音楽も大事にしたいんですけど、もっぱらiPod nanoばかりです。

whitewindyさんとお知り合いでしたか。
彼の自宅までお邪魔したことありますよ。
元々プロジェクターを中心としたAV趣味で知り合いましたが、
その後彼は一気にAに寄って行かれましたね。
from: primex64   2008/10/07 11:49 AM
TBの件は気にしないで下さい。しかし私、TBの仕組みが今ひとつ分かっていない気が・・orz WWさんとは何度か相互訪問しております。但し互いに遠くて・・orz

あ、私もiPod nano 8GBブラック、愛用していますよw 二つ前の世代ですけれど。
from: なつき   2008/10/08 1:00 AM
primex64さん、どうも〜。
おお、whitewindyさんと何度もですか〜。
そう、日帰りには近い場所ではないですね。
とても良いところなのですけど。

うちのnanoは元祖モデルです。(^^;
8GBは存在しませんでしたし、4GBは売り切れているしで、
2GBモデルを今でも使っているんですよ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。