なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ぽっぽっ屋の油めん@自宅


JUGEMテーマ:ラーメン


どこだったかのサイトを見ていて知らされた、こんな物が発売されているという事実。カラスさんのところに見に行ってみると、記事あるじゃ〜ん。お店に行ったことないので、本物度合いとかは解り様もないんだけど、とりあえず食ってみるかとポチってみました。色々と知らないままに。

届いたのはこんな箱に入った3食分の物。
ぽっ_箱

随分と立派な箱ですわ〜。え?こんなにでかいの?の印象。

開けるとこんな感じ〜。麺とスープと作り方のマニュアルと。
ぽっ_開梱

あ、具はないのか。ありゃまー、確かに生で用意すべき材料とかありますもんね。しょうがないわなぁ。

一回目。
実は朝ご飯。朝ご飯って感じのメニューじゃねーよな〜(笑)。
しかも究極的に間に合わせの材料。玉子ともやしと肉がない。パパから貰ったクラリネットかっ!?

結構重要なポジションを担ってそうな卵がないのは出だしからかなり痛い。とりあえずある材料を投入しよう。
キャベツと白菜があったので、それを刻む。せっかくなので、前日食べた白菜とベーコンのスープの残りの具も使ってしまえ。これで肉っ気ゲット!(笑)

てな感じでできたのが、これですわ。
ぽっ_無玉子

白い!白いよー!やたらと白っぽいよ〜。そして、ベーコンがそこかしこにはいっているのが見えるのだなぁ。ビジュアル的にはナニよね。(^^;

混ぜるとこんな感じ〜。下に張っておいたスープと絡むわけです。玉ねぎも上がってくるのです。
ぽっ_UP1

褐色に逞しく染まった麺が良い感じじゃないですか。浅草開化楼の太い麺がインパクトありますね。中々に美味いですよ。でも、肉がベーコン…。卵ないし…。


二回目は、嫁ちゃん&小猿と二人前を。
今後はちゃんと玉子ともやしがあるぞ!(笑)
が、やっぱり今度も肉がない。で、またもや前日の晩飯用に煮込まれていた手羽をばらして流用。
ぽっ_有玉子

やっぱ卵が乗ると違うね〜。色味が鮮やかになっちゃって良いじゃないっすか!ちなみにこの丼がちょっぴりマニュアルに載っているサンプルの物と似ているんですよ。その辺も良い雰囲気に貢献しているんですよ。多分。

このこんもり盛られた野菜がなんとなく、ソレっぽさを感じさせてみたり。ええ、本物がどんなんだか知らんのですけどね。
ぽっ_高さ

とりあえず、「すんげーたっぷり麺食っちゃうけど、野菜もたっぷり食べるから許してよ!」という誰に言っているんだか分からない言い訳になるわけです。あぁ、そうやって世の中にジロリアンが増えていくのだなぁ。自分は全然二郎は行かないですけど。
卵のオレンジ色とピンと張った様子が新鮮さの証ですよ、きっと。でもって、その周りにある褐色のそれが鶏肉をばらした物。まぁなんつうか小親子丼状態。丼に盛られているんだ。「丼」と言ってしまっても間違いではない。

で、混ぜた。混ぜまくった。これが結構大変でねぇ。ちょっとずつ食べながら混ぜましたよ。
ぽっ_UP2

底に入れた玉ねぎは前回は生でした。マニュアルで言うところの「辛目」仕様。自分ひとりだったので。今回は小猿が食べるんで、生玉ねぎの辛味はアウト。そんなわけで、電子レンジでチンしております。

わっしわっしと食べつつも、結構量もあるので途中で味をアレンジ。
ぽっ_味

酢を加え、リキンキのラー油を加えるとこれがまた良い。更にゴマをミルでガリガリガリガリとすりまくってた〜っぷりとまぶしてみました。美味しいですよ。

小猿も喜んで食べてました。かなり食いつきが良いです。実は一番心配だった嫁ちゃんも美味しいとしっかり食べてくれました。他にもおかずをつけてましたが、二人分を三人で食べると丁度良い分量でした。

楽天市場 ぽっぽっ屋 油めんのページ
製麺屋 浅草開化楼の営業 カラスさんのblogでの紹介記事


※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
08/02/09 13:48
スポンサーサイト
- | 13:48 | - | -
コメント
from: junko   2008/02/23 3:35 AM
うほっ
なつきさんのぽっぽ屋油めん体験記だね。
これって、おつゆは少ないのね?
しかし、、おいしそ、、
ゴマ入りの最後のすうどん風のも、おいしそ。
生卵のぷりぷりん感も、相変わらずの激写でありますね〜。なつきさん、
from: なつき   2008/02/25 11:36 AM
junkoさん、まいど〜。
コメント返しが遅くて済みませ〜ん!
少ないというか、おつゆはないのです。
ラーメンのスープは「出汁+タレ」という構成で、
これは出汁の部分がなく、タレのみってことですね。

太さはちょっとしたうどん並ですが、噛むとやはりラーメンの食感です。
実際には具はたっぷりですよ。
生卵のオレンジが我ながらに美しく撮れているんじゃないかと。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
ぽっぽっ屋東京のラーメン店は詳しくないのですが、かなりの有名店みたいですね。楽天ショップはまだ開店して日が浅いようで、送料無料キャンペーンやってました。というわけで、とりあえず注文しちゃいましたw「浅草開化楼」の極太麺を出す店は札幌にも何軒かあるので
ラーメン通販マニアックス | 2008/06/24 2:08 AM