なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「ダイ・ハード4.0」(試写会:東京厚生年金会館)
わしゃあ、ジョン・マクレーンじゃけぇ、
何があっても死なんのんじゃあ。

男一匹、ヒーロー人生。
後継者がおらんのんじゃけぇ、辞めらりゃぁせんのんじゃ。


現題:「Live Free or Die Hard」
監督:レン・ワイズマン
脚本:ダグ・リチャードソン
出演:ブルース・ウィリス、ジェスティン・ロング、エリザベス・ウィンステッド、マギーQ、クリフ・カーティス
本編:129分

Story
独立記念日の前夜。ワシントンD.CのFBI本部のサイバー犯罪部で大切なデータがハッキングされる事件が起こる。FBIはジョン・マクレーンにハッカーのマットという青年を捕らえて、本部に連れて来るように命令。ところがマットの家でふたりは謎の集団の襲撃に合う。彼は恋人に頼まれてあるプログラムの開発を手伝っていたが、それはテロ組織の壮大な国家乗っ取り計画の一部だったのだ。襲撃してきたのもテロ組織の一味。命からがら逃げ出したふたりはワシントンD.Cに向かうが、道中、テロ組織に執拗に追われることに…。

公式サイト

下を開くと音と動画が出ちゃうので、気をつけて下さいね。↓



正直を申しまして、「ダイ・ハード」初体験です。テレビでチラ観とかはしているんだけれど、DVDも持っていなく、なんとなく観たことがないままに過ごして参りました。で、ちと公開。だって、すんごい面白いんだもの。こりゃ受けるわけだ。俄然1〜3も観てみたくなっています。評判的には1>3>2なのかな?インタビュー記事を読む限り、ブルース・ウィリスは1≒3>2(実際には3はちょっと1に劣るのかな?)と感じていて、4は1に負けないできだと言っています。もちろん前宣伝のためのインタビュー記事で「1ほどじゃないけど面白いよ」みたいな発言もありえないわけですが。で、本作(4.0)は世間的な評価も押しなべて良さそう。それこそ「1以来の面白さ」的な感想を見受けます。

もちろん、SFX使っています。もちろん、ふんだんにCG使ってます。だけど、生。一番の売りは走り飛んで殴って蹴られて怪我をして血を流す、生身のアクション。現実感のないストーリーにアクションだけど、一つ一つの動きはありえないものではなくて、そこでマクレーン刑事の受ける痛みはリアルに感じられる。筋骨隆々ではなく、ハゲ散らかしたおっさんがその肉体と知恵を駆使して家族のために頑張っちゃうところに「生(なま・せい)」を感じるのです。

なんとも痛快なアクション。「こことここがありえない」とかツッコミながら観ちゃいけない作品ですね。ひたすら繰り広げられるアクションの連続に身をくねらせ、席の上で飛び跳ねながら楽しむってのが正しい観方。試写会場でも席の上で止まってられない人は多かった様子ですよ。

このジョン・マクレーンによってもたらされる被害総額ってのも相当なもんだろうな〜という心配をするほどに無茶しちゃってます。もっとも、そんなことを彼に言ったところで、わしには分からん、アホじゃけぇ」と返ってくるぐらいかと思いますが。

冒頭の一文について。
別に字幕も吹き替え版も広島弁ってことはないんですけどね、なんとなく映画を観ながら浮かんでしまったので使ってみました。違和感がある人ごめんなさいね。

タイトルの話。
「Live Free or Die Hard」は「気楽に生きるか、ギリギリの人生か」みたいな感じでしょうか。少なくとも「Die Hard」を和訳して邦題にするわけにはいかないだろうから「ダイ・ハード 〜副題〜」みたいな形式になっちゃうのかな。既に2と3をそのまま数字で邦題をつけているというのに加えて、今回がサイバーテロということで、Web2.0にかけての「4.0」という付け方は個人的にはありなんじゃないかと思うのです。が、一般的にこの「.0」って理解されるものなのか?という要らん心配はしてみたり。

※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
06/21 20:40
スポンサーサイト
- | 20:44 | - | -
コメント
from: ゆうゆう   2007/07/15 6:14 PM
 これみたくて、テレビ化を待っていたんです。((゜゜;)\(--;)おいおい、なにいってんだよ)
 ご覧になった方の感想は、いいですね。

 少し前(さばよんでいる)にはまってみたダイハード1から3は、3が一番面白かったです。
from: なつき   2007/07/16 12:50 AM
ゆうゆうさん、まいど〜。
ちゃんと観に行きましょ〜!
って、全然お金払って観ていない僕が言っちゃならんですな。(^^;
DVDを待つのはありですけどね。
テレビで放映されるまではまだ1年かかるのでは?

そうですか、3がベストですか。
せっかくなので、1〜3まで全部観てみたくなってますよ。
from: みやぽー   2007/07/23 8:52 AM
ついに私も見ちゃいました!
とてもとてもおもしろかったです。
映画館で鑑賞できたことに100%満足できる映画でした。
あんな飛行機まで出しちゃって、道路壊しちゃって、そんなことができるアメリカってすご〜。久々にハリウッドの底力を見た気がします。
from: なつき   2007/07/23 10:09 AM
みやぽーさん、まいど〜。
観たね!
更新が止まっているので、ちょっとだけ心配してました。
新しい記事はこれですか?

楽しいですよね〜。
「また、シリーズものか」という人もいるだろうとは思いますが、
少なくとも、3作目までを知らなくても全く問題なく、
圧倒的なパワーを感じる娯楽大作でしたよね。
小さいテレビじゃダメ!と言いたい。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/1298
『ダイ・ハード』シリーズは大ー好き 時が流れ髪の毛が消失しようとも、運の悪さだけは変わらないジョン・マクレーン刑事を観に先行上映へ〜【story】デジタルによって制御されている全米の都市機能の壊滅を狙う謎のサイバーテロ組織が動き出し、システムがテロによっ
★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/08/04 7:19 AM
(原題:Live Free or Die Hard) ----このシリーズって12年ぶりニャんだって? 「うん。自分くらいの年になると、 そんなのあっという間だけど、 前の映画ができた年に生まれた子供は もう小学6年生になるという計算。 最初の映画ができた年の生まれだと、 大学1年生か
ラムの大通り | 2007/08/04 9:51 AM
タイトルが示すように人並み外れてタフな肉体を持っているけれど、マクレーン刑事はただの単純な肉体派の刑事ではない。いつも相手より不利な状況での戦いを強いられ、彼は誰も思いつかないようなことを瞬時に考えつき、
Kinetic Vision | 2007/08/04 4:21 PM
本日のネタ、ダイ・ハード4の宣伝では御座いません。 街角の看板や雑誌・本を見ていて結構楽しいのが、外来中国語の解読です。 DIE HARDがなぜ虎胆龍威になるのかはよく分かりませんが、主演のブルース・ウィルスは布魯
◆◆北京のダーシーって誰よ!◆◆ | 2007/08/04 4:33 PM
またまた、戦場に来てしまった運の悪い男。あの大ヒット・シリーズ「ダイ・ハード」が12年ぶりに帰ってくる。                               評価:★9点(満点1
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2007/08/05 1:05 AM
20年近くも、こんだけの事件を解決してきたんだから ジョン・マクレーン刑事は、もう国に一生面倒みてもらってもいいと思う。             ブッシュさん、お願いです。             ぜひ、勲章をあげてください。 始まっていき
UkiUkiれいんぼーデイ | 2007/08/05 5:19 PM
監督 レン・ワイズマン 主演 ブルース・ウィリス 2007年 アメリカ映画 129分 アクション 採点★★★★ 子供の頃から映画を観続けてきて、その登場人物らに理想の大人像なり男像を見出してきちゃってた私。まぁ、どれもこれも理想のまま終わり充分に育ちきっちゃったん
Subterranean サブタレイニアン | 2007/08/07 9:09 PM
鑑賞前に、「ダイ・ハードの名を借りた、別物のアクション映画」 という感想を目にしてたんですが、いやいやどうしてどうして・・ 今でも1、2、3を繰り返し見てるファンとしては、 ジョン・マクレーン刑事の時間が、頭髪とともに(笑) そこにちゃんと流れてるって事
「ボブ吉」デビューへの道。 | 2007/08/13 11:45 AM
世界一運の悪いあの男が12年ぶりに帰ってきたー。ブルース・ウイリス主演「ダイ・ハード4.0」(2007年、米、129分、レン・ワイズマン監督)。今回はジョン・マックレーン刑事が、デジタル制御された全米のインフラ機能を襲うサイバーテロ集団の脅威に敢然と立
シネマ・ワンダーランド | 2007/08/15 12:13 AM
6月29日(金)◆486日目◆ 終業後に直行した和服屋「橘宛」から有楽町マリオンへ。『ダイ・ハード4.0』を見る。 ボクは月曜、火曜、水曜とアクション映画を見て、 この映画を見る上でムードを盛り上げていた。 まあ、アクションは今回も凄いよ。 序盤からマシン
           | 2007/09/01 5:56 PM
原題 LIVE FREE OR DIE HARD 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 レン・ワイズマン 出演 ブルース・ウィリス 、ジャスティン・ロング 、ティモシー・オリファント 、クリフ・カーティス 、マギー・Q 、シリル・ラファエリ 、メアリー・エ
スーパーヅカン | 2007/09/26 10:56 PM