なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
天青バーバチカvol.3「踊るトランタンEncore」@ラピュタ阿佐ヶ谷
Laputa_天青

天青と書いて「あっぱれ」と読みます。トランタンてのは仏語で「30歳」。「30ans」と書きます。で、30代という意味になるらしい。で、30代限定のダンサー集団の公演なわけです。ここで踊っている友人から誘いを受けて阿佐ヶ谷までやって参りました。そういえば、阿佐ヶ谷で電車降りるのって初めてじゃね?「週末の中央線」ってのが全く分かっていなく、思い切り阿佐ヶ谷を通過しちゃいましたよ。あー!もーっ!!

で、ラピュタ阿佐ヶ谷へ。阿佐ヶ谷初めてなんでこの箱も初めてです。
Laputa_外観

趣のある不思議〜な感じの建物の地下に降りて行きます。

ラピュタ阿佐ヶ谷公式サイト

踊ってます、跳ねてます。大学時代の友人達(+数人)が30を越えて尚踊り続けているわけですよ。プロ野球の世界だとかで、ベテラン選手が頑張っているのを見て元気を与えられちゃうおじさん方もいらっしゃるようですが、あれってばプロでひたすらアレのために日々を生きている連中なわけで、プロ野球は大好きだけど、その世界を自分に照らして考えたりってのはあんまりないんですよ。でも、これは違うなぁ。確かに学生時代よりも少しジャンプの高さが落ちているかも知れない。ちょっとは顔も老けたかも知れない。でもたくさん変わらないところがあって、年輪がその演技の部分に反映されているような気もして。元気を貰った気になれちゃうんです。あー、運動しなきゃなぁ。何か始めないとなぁって。


※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
スポンサーサイト
- | 15:53 | - | -
コメント
from:   2007/05/07 3:45 PM
ほえ〜 凄いなぁ
ダンサーさんは本当、尊敬しますっ
from: なつき   2007/05/08 12:53 AM
京さん、まいど〜。
凄いよね〜。
いや、ダンスは凄かったり、そうでもなかったりなんだけどさ。
どっちしてもそれをやってるってことは凄いことなんだよな。

で、モダンの人たちね。
今でも踊ってるの多いよ〜。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。