なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
こうかいぼう@門前仲町
そこそこ近くにあることは分かっていても、昼休みにここまで歩くと並んでいる間に昼休みが終わってしまうことが必至のお店。平日じゃ来られません。たまたま休みの日に仕事を思い出して出社、1時間ほど働いて時計を見ると15時が近い。15時までの昼営業と知りつつ場所の確認がてら歩いて参りました。

お店の近くまで来ると行列が。店の前には10人には少し満たないかという人が列をなしています。
こうかいぼう_外観

って、この写真は昼営業終了後のものではありますが。

列の最後尾につけると、手持ちのメニューが回ってきます。並んでいる間に頼む物を決めておけということでしょう。更に後に人が並んだら、そのメニューカードを渡します。
こうかいぼう_Menu

これは店頭に置いてあるメニュー看板。切れちゃっててよく見えませんが、ご飯と卵がつくという「らーめんセット」が良いかな。餃子も試してみたいけど、時間が遅いので夕ご飯の食欲に影響しそうなので我慢する。

奥様らしき方がお店から出てきて列の最後尾に。
こうかいぼう_スープ切

ギリギリです。僕の一人後ろの人のところでスープ切れということらしい。とりあえず確実に食べられるであろうことも約束されて一安心。更に待ちます。

少しずつ列を前に進みながら、店内に入る寸前にまた奥様が。注文を聞かれたので、セットをオーダー。更に進むと、店内の椅子に。レジ前に座るとこんな張り紙が。
こうかいぼう_薀蓄1

って、読めませんね。あまり押し付けがましくない程度の薀蓄あり。

席に通されても置いてあったので、もう一回パチリ。
こうかいぼう_薀蓄2

やっぱブレブレ。ちょっと暗いのでどうしてもブレやすい。一応ギリギリでおおよそ理解はできそうですかね。

らーめんセット。700円

少し待つとまずは生玉子が運ばれて来ました。
こうかいぼう_玉子

この器に中身を出して、紙の上に殻を置けということかな?と説明はとくになかったので適当に想像しつつ玉子を割る。奥様は列に並んでいるときにオーダーを訊く際、席に案内するとき、玉子を出すとき、その度に「お待たせしまして」と低姿勢。これはお店を出るときまで徹底される。他の方のblogなんかでも簡単に読んではおりましたが、この丁寧な接客がお店の売りの一つになっているらしい。

で、ラーメン。
こうかいぼう_ラ

太目の麺、厚くて大きいチャーシュー。ぶっといメンマと魚介香る濃厚そうなスープと見た目のインパクトは十分。

濃厚そうではありますが、脂の膜ができていたりはしませんね。
こうかいぼう_UP

で、実際にはスープはどろどろだったりはしません。案外食感としてはさっぱりな感じです。動物と魚介がどちらが強烈に主張するというのではありませんね。自慢の塩も強くはありません。チャーシューは脂肪大好きな僕としては脂っ気が少ないお肉は残念な感じかと思いきや美味しい。柔らかくも肉らしい繊維も感じられて良いのです。でもってメンマが美味しい。噛むとジャクジャクと口の中で音を鳴らしつつ味が広がります。

麺はもっと硬めなのかと思ったらそでうもない。案外と多加水ですね。
こうかいぼう_ヲタ

スープはしっかり持ち上げてくれる。麺はもっと硬い方が好きかな。でも、この優しいスープだとこれぐらいの麺が良いのだろうか。丼の中のバランスは良いんじゃないかとは思えます。

御飯には生卵をかけて、更にスープを注いで食べてみました。
こうかいぼう_御飯

この食べ方にはもうちょっと塩っ気が欲しいかな。醤油も垂らした方が良かったかも。ただ、新鮮な生卵とスープという味は良いですね。

支払いのときには改めてお店のご夫婦が揃って「お待たせしました」と挨拶をされました。並ぶのは客が勝手にしていることと言わんばかりの態度のお店もありますが、並ばせてしまっている自覚を持って接してくれています。客層は広いです。もっとラヲタだらけのお店か?みたいな想像をしておりました。もちろんそこまでじゃないにしても、若者が多いのだろうという予想とは違い、近所のおばさん風の二人連れだったり、ちょっとした老夫婦という感じの方々だったりも結構多かったです。それも納得のお店ですね。


※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
スポンサーサイト
- | 15:44 | - | -
コメント
from: Tkz   2006/11/12 9:44 PM
お〜 奇遇っす。
俺も先日初めて行きました。
接客がイイですよね。^^
TBしちゃお
from: なつき   2006/11/13 9:02 AM
Tkzさん、まいど〜。
コメント&TBありがとうございます。
何が一番のポイントって接客ですよね〜。
(恐らくは)近くのおじさんおばさんたちまでも集めるのは、
あの接客があってこそだと素直に思えます。

評判に偽りはありませんでした。
もちろん、出てくるものが美味しいからってのは当然。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nutskey.jugem.jp/trackback/1141
ラーメン本常連のお店、2000年週間現代本で知って以来、来たかったお店だ。 こうかいぼう@門前仲町 さん。 先だっての石神氏監修本2007にも掲載キープだったし、これはこの機会に、と思いたった。 午前営業中は、いつも行列、午後営業は売り切れまでで、
ラーメン通信 By Tkz | 2006/11/12 9:43 PM
《つけめん+味付茹たまご ¥700+100》 前回大満足させてくれた【こうかいぼう】に再訪してきました。 今回はつけ麺に絶品の味玉をつけてオーダー{/hand_iine/} つけ汁は動物系が強めで、ある程度辛味のあるもので美味しい{/hand_goo/} ただ少しぬるめでした。 麺は中
麺太郎のラーメンリポート 〜We Love 麺〜 | 2006/12/16 6:30 PM
ご主人の奥さんが描いたという、 モジャパンダ!(勝手に命名) 昨日の土曜ランチ...
マッシーのグルメ日記 | 2009/03/09 1:19 PM