なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
六甲からの景色
20年ぶりぐらいになるんじゃなかろうか、六甲山に上ってみました。
ホテルの宿泊した部屋からの景色。

空に露出を合わせるとこんな感じで、
六甲_1


地面(森)に露出を合わせるとこんな感じ。
六甲_2

景色ってばダイナミックレンジが広くて、ままなりませぬのぅ。

で、食事を摂りに出かけた六甲ガーデンテラス。
六甲_3

霧に煙っております。
載せませんが、他の写真で意図せずに発光したフラッシュは霧によって、見事に光が拡散してしまって画面全体が薄ぼんやりと光ったボケボケ写真になっちゃってました。

ガーデンテラスから神戸の街を見下ろしての写真。
六甲_4


デジカメの夜景モードで撮ったらこんな感じに。
六甲_5

雲まで写っちゃって不思議な画像に。手前の森がブレてるのは風のせい。

中央右にあるのは展望台。
六甲_6

夕方に撮影したもの。

どっぷりと日が暮れてから撮ったのがこれ。
六甲_7


霧の中での撮影は不思議な光景になりますね。
六甲_8


撮影の仕方によっては、セットみたいに見えちゃいます。
六甲_9


で、お洒落な施設はトイレもきれい。
六甲_a


ホント、きれいでしたよ〜。
六甲_b



※映画部門とグルメ部門にエントリー。是非、blogRankingに投票を!クリックは一日一回有効です。
スポンサーサイト
- | 19:55 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。