なつきの日記風(ぽいもの)

一応心は映画ブログ。でもプロ野球、格闘技、食べ物、その他日記ネタと諸々書きなぐり倒してます。。
ラーメンだったり蕎麦だったりカレーだったり、食事ネタも満載でお届けしております。

※掲示板を作りました。掲示板カテゴリから呼び出して下さい。
※古い記事にもどんどんコメント付けて下さい。大歓迎ですよ〜。掘り起こしまくって下さいね。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫
さまぁ〜ずの悲しいダジャレ 宝島社文庫 (JUGEMレビュー »)
大竹 一樹,三村 マサカズ
散々使い古されたあのダジャレが!
大竹の余計な一言と、三村のツッコミによって金言と化す!?
こんなの始めました
エントリーしてます
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「あんぜんピン〜ピン芸人によるライブ〜」(公演:ルミネ the よしもと)
10/06/30 23:14


何年振りかのルミネ the よしもと。
とある縁でお誘いを受けた。

「10年ぶりぐらいかなぁ。」と誘って下さった方に言ったところ
「ついこの間8周年を迎えところだよ、ここは」と突っ込まれた。てへ。
ということは、結構できたての頃に来ていたのかな?


[出演]
あべこうじ
佐久間一行
永井佑一郎
エハラマサヒロ
はいじぃ
ピクニック
シューレスジョー
もう中学生


多分、完全にはじめてなのは、ピクニックぐらいかな?
他はテレビでチラ観なりしている芸人さんたち。
ま、はいじぃとシューレスジョーはほぼ初めてに近いか。

あべこうじ、佐久間が司会を務め、ちょいと話をした後に舞台に演者を集めて紹介。
ただ、客の拍手が止むのを待たずにあべこうじがぼそぼそと紹介するもので、
名前がよく分からず。決して司会の上手い二人ではない。

で、wikipediaで調べてみたら、この二人ってコンビなのな。
それは全然知らんかった。


で、その後は全員の芸を長くて5分程度披露して最後はまた二人の司会の中でエンディング。
今年下半期の豊富として演者が書いたという体で、適当に書かれた紙を取り出しては
無茶振りをしていくというものだけど、なんだか紙の内容が中途半端。

以下、思い出せる範囲で個別のネタについて。


続きを読む >>
天青バーバチカvol.3「踊るトランタンEncore」@ラピュタ阿佐ヶ谷
Laputa_天青

天青と書いて「あっぱれ」と読みます。トランタンてのは仏語で「30歳」。「30ans」と書きます。で、30代という意味になるらしい。で、30代限定のダンサー集団の公演なわけです。ここで踊っている友人から誘いを受けて阿佐ヶ谷までやって参りました。そういえば、阿佐ヶ谷で電車降りるのって初めてじゃね?「週末の中央線」ってのが全く分かっていなく、思い切り阿佐ヶ谷を通過しちゃいましたよ。あー!もーっ!!

続きを読む >>
Toon Bullets 7th Shot「ドラゴンボウル」@池袋グリーンシアター
2005年の9月にリニューアルされたという劇場にて芝居を鑑賞。池袋で働いてましたが、こんなキレイなのなかったもん。
緑劇場_外観
座席は最近のシネコンみたいにスタジアム型のきつい傾斜に設置してある。おかげでおそらくどこの席でも結構観やすい。前後は広くはないが、左右もそこそこの余裕がある。スノコの上にウナギ(と呼ばれる黒くて長い座布団)という組み合わせで観ていた大学の劇場なんかからすると格段に快適な鑑賞環境。

Toon Bulletsの芝居はここ数年何度も観てます。
いや、そもそもここの芝居以外ほとんど観てないってのが事実。
ここに関わっている役者がいて、それで観始めたんですが、今回その友人が正式にここの役者になったらしく、彼に呼ばれて観て参りました。

毎回、とは言えないけれど、すっごく面白い芝居をやってくれることがある。はまったときの面白さはまさに生じゃないと味わえないスリルがあり、迫力がある。もちろん笑いだって。毎回ここは同じ脚本兼演出家が芝居を作っているのだけど、彼に惚れて観に来ているようなもの。

続きを読む >>
「TOON BULLETS!・ネバーランド☆A GO!GO!2」を観た
久々の生芝居。
ここしばらくはTOON BULLETSもしくは、TOONの脚本・演出家 浅沼氏の芝居しか観ていない気がする。以前のようにあちこちから誘いがかかるわけではないというのもあるけど、何より浅沼氏の本のできがよく、芝居が面白いから。

で、今回観たのは「2」ってことで、「1」がある。しかも大人気だったということで再演もしている。それを2回とも観ている。何せ面白かったから。
芝居らしいお笑いの要素はしっかりとあり、かつこのシリーズは滅法怖い。怖さの要素としてはショッキング・ホラー的なドッキリ!の性格が強いんだけど、演出が巧い。心臓の弱い人は観ちゃダメ。今回は恐らく浅沼氏の苦手種目なんじゃないかと思える恋愛の要素もちょっぴり入っている。でも、多分苦手なのでちょっぴり。
というわけで期待の「2」。やはりできは良い。面白かった。が、「1」があまりに良すぎたせいか超えたできとは言いがたい部分がある。綺麗な女性が増えてて嬉しかったけどな〜。

近いうちにもうちょっと詳しい感想を。

芝居の後には、たまたま同じ会を観ていた、以前いた会社の連中とプチ同窓会。これまた楽しかった。
人気blogランキング

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"